健康は水分補給から! 上手な水の飲み方

健康は水分補給から! 上手な水の飲み方

健康は水分補給から! 上手な水の飲み方

人間の身体の半分以上は水分でできており、水は健康の維持のためにも重要な役割を果たしています。

積極的な水分の摂取は免疫力を向上させますが、過剰に取り過ぎれば健康被害をもたらすこともあるため注意が必要です。




老廃物の排出に重要な役割を果たす

身体の半分以上は水分でできており、血液や細胞などいたるところに水分が含まれています。
人間は水分によって体の中にエネルギーを循環させ、老廃物を排出させているため、水分不足は身体にとって危険なことです。

例えば、水分が不足すると身体がむくんでしまうことがあります。
これは体の中の毒素を水分で薄めようと反応してしまうからです。
しっかりと水分がとれていれば本来は尿となって出ていくため、むくみの原因が水分不足ということもあり得るのです。

糖分や塩分の摂り過ぎでも同じ症状が起きるため、身体のむくみが辛く、あまり飲み物を飲んでいないようであれば、まず水分補給が重要になるのです。
老廃物の排出が活発になれば、それだけエネルギーの循環が良くなり、免疫力の強化にもつながってきます。


硬水と軟水を使い分けるのも方法

健康は水分補給から! 上手な水の飲み方

硬水と軟水はミネラル分の多さでわけられており、硬度が高いものほど栄養素が豊富になります。
そのため、カルシウムやマグネシウム不足などが気になるのであれば硬水を使う等、飲みわけを行うのも一つの方法です。

硬水は栄養素が豊富反面、飲み過ぎると腎臓への負担が大きくなってしまいます。
また、口当たりも特徴があり、普段硬水を飲まない方には違和感があるかもしれません。
スポーツ飲料も同じように栄養が多いのが特徴ですが、実はかなり濃い目に作られていることが多く、量の加減が重要になってきます。

軟水は腎臓への負担が少なく、口に入れた際の飲みやすさも特徴です。
量をとるのに向いていると言えるでしょう。
余分なミネラルがないので、御出汁を取るときには軟水の方が向いています。

また、赤ちゃんへのミルクやお薬を飲む際にも口当たりの優しい軟水がいいでしょう。

水の飲み過ぎには注意が必要

人間にとって重要な水ですが、飲み過ぎても身体に悪影響を与える可能性があります。
これは人間の身体の中で処理できる水の量が限られているためで、飲み過ぎることによって水中毒などの重篤な症状を引き起こしてしまうこともあるのです。
体の中の水分が多ければ体の維持に必要な塩分なども薄まってしまい、けいれんを起こすケースや、最悪の場合は死に至るケースもあります。

がぶ飲みにも注意が必要で、それだけ腎臓に負担がかかってしまいます。
身体が慣れるまでには時間がかかるため、少しずつ時間を置いて飲むことが大切なのです。

ダイエットや美容に良いとされる水も、取り過ぎると排出が追いつかず、むくみや体重増加の原因になることもあります。
排出量とセットで考え、バランスをとるようにしましょう。

コラム

ページトップへ