水の飲み方も大事! 効果的な二日酔い対策

水の飲み方も大事! 効果的な二日酔い対策

水の飲み方も大事! 効果的な二日酔い対策

お酒が好きで、ついつい飲みすぎて二日酔いになってしまうという人はいませんか?

二日酔い対策として、「水を飲む」「空腹でお酒を飲まない」などといったことを行っている人もいると思います。
効果的に二日酔い対策するために、ポイントをしっかり押さえておきましょう。


水を飲むタイミングが大切

二日酔いを防ぐために、夜寝る前に水を飲むという人も多いのではないでしょうか。
しかしそれだけでは対策として十分ではありません。

二日酔い対策として水を飲むなら、お酒と一緒に飲むことが好ましいです。
アルコール度数の強いお酒はできれば水割りで飲むようにすると、二日酔いになりにくいと言われています。
どうしてもロックやストレートで飲みたい場合は、チェイサーを頼むようにしましょう。
また、焼酎やウォッカなど色のついていないお酒のほうが二日酔いしにくいようです。

お酒の飲み方としては、ビールなどのアルコール度数の低いものから少しずつ強いものへと進むのが、二日酔い対策として効果的です。


お酒を飲む前に何か食べておく

お酒を飲む前に何か食べておく

これも多くの人が二日酔い対策として行っていますね。
「何でもいいから食べておく」というのでもそれなりに効果がありますが、肝機能を高めてくれ、アルコール分解を促してくれる効果のあるものを食べておくとより効果的です。
牛乳やチーズなどの乳製品はその代表です。

またオレンジなどの柑橘類や梅干しなど酸味のあるものもおすすめです。
ウコンもお酒を飲む前に摂っておくと二日酔いになりにくいです。

枝豆やチーズ、豆腐や大根などは、二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」の分解を促してくれるので、おつまみとしてお酒と一緒に摂ることをおすすめします。

それでも二日酔いになってしまったら

いろいろと対策をしていても、つい飲みすぎて二日酔いになってしまうということもあるでしょう。
そんな朝は、まずはたっぷりと水分を補給しましょう。
尿を出すことも二日酔いから早く抜け出すためのポイントです。

お風呂に入って汗をかくことでも、アセトアルデヒドの分解を早めることができます。
またツボを刺激することも効果的です。

足の親指と人差し指の間から指2本分ほどのところのツボは、肝機能を高めてくれます。
手の付け根から指3本のところにあるツボは、むかつきなどを改善してくれます。

コラム

ページトップへ