喫煙で体が酸素不足に!? 煙草と酸素の関係とオススメ対処法

喫煙で体が酸素不足に!? 煙草と酸素の関係とオススメ対処法

夏場の熱中症対策! 効果的な水分補給の方法とは?

喫煙が身体にさまざまな悪影響を及ぼすことはご存知だと思います。
中でも恐ろしいのは、煙草を吸うと体が酸欠状態に陥ってしまうことです。
では、いったいなぜ喫煙によって体内の酸素量が低下してしまうのでしょうか。

煙草と酸素の関係や、喫煙による酸素不足を少しでも良くするための対処方法についてご紹介します。


酸素と喫煙の関係

煙草に含まれるニコチンやタールが体に害をもたらすというということは、広く知られている情報ですよね。
ニコチンやタールは血管を収縮させて血流を滞らせるだけではなく、呼吸器系の深刻な疾患を引き起こす原因にもなります。
さらに、ニコチンやタールと同じくらい恐ろしい害をもたらすとして危惧されているものが、煙草の煙に含まれる一酸化炭素です。

煙草の煙には、1〜3%程度の一酸化炭素が含まれています。
一酸化炭素は血中のヘモグロビンと結びつきやすく、体を軽い酸欠状態へと導いてしまうのです。
煙草による酸欠状態は時間の経過とともに徐々に緩和されていきますが、ニコチンによる中毒症状が進んでいる場合、煙草を頻繁に吸い続けてしまうことは珍しくありません。

つまり、煙草を日常的に多く吸っている方、チェーンスモーカーの方は、常に体が酸欠状態に陥っている恐れがあるのです。


酸素不足に陥るとどうなる?

先ほどお話ししたように、喫煙によって血中のヘモグロビンと一酸化炭素が結びつくと、酸素の運搬が阻害されます。
鼻や口からどんなに空気を取り込んでも、体内で一酸化炭素が先回りをしてヘモグロビンと結びつき、酸素が全身へスムーズに運ばれないという状態に。
体内に酸素が不足すると、動悸やめまい、息切れなどの症状が起こりやすくなり、心肺機能や運動機能の低下にも繋がります。

また、疲れやすくなる、虚脱感が抜けないなどの症状が起こる場合もます。
心当たりのある方は、喫煙量を減らしたり、効率よく酸素を取り込むための工夫を行ったりすることが大切です。

効率よく酸素を取り入れるためには?

効率よく酸素を取り入れるためには?

喫煙が体に悪いとわかっていても、禁煙を成功させるにはかなりの忍耐と時間が必要です。
ついつい煙草に手が伸びてしまったときのために、日頃からスムーズに酸素が運搬される体作りを行っておく必要があります。
体内で酸素を運ぶ役割を担っているのは「鉄分」です。
日頃の食事に、鉄分の多い豚レバーや赤身の肉を積極的に取り入れるのが良いでしょう。
また、酸素を豊富に含んでいる「酸素水」もオススメです。
酸素水には通常の水の10倍近い酸素が含まれているため、酸素不足の予防に高い効果が期待できます。

喫煙と酸素の関係や、酸素不足の予防方法についてお話しました。

喫煙習慣のある方は、健康維持のために酸素水を取り入れてみてはいかがでしょうか? 煙草を吸いたくなったら飲むようにするなど、1日の中で飲むタイミングを決めておくことで、継続して飲み続けることができますよ。

コラム

ページトップへ