流行の「酸素水」 と「水素水」 の成分は何がどう違うの?

流行の「酸素水」と「水素水」の成分は何がどう違うの?

流行の「酸素水」と「水素水」の成分は何がどう違うの?

「酸素水」と「水素水」は、とてもよく似た名前ですよね。
似た名前の「酸素水」と「水素水」は、何がどのように違うのでしょうか?

二つの違いをよく知り上手に使い分けることで、より健康や美容に対してパワーを発揮してくれることでしょう。
含まれている成分の違いや、それぞれの働きなどを解説します。

「酸素水」とは

「酸素水」とは

酸素水とは、その名のとおり酸素を含んだ水のことです。
酸素水に含まれている酸素は酸素分子です。酸素分子は普段、植物が光合成することで供給されます。
そんな酸素は酸素呼吸を行っている生物にとって、なくてはならない元素です。

鼻や口から吸いこんだ酸素は、血中にとりこまれてヘモグロビンと結びつくことにより全身へ運搬されます。
喫煙の習慣があったり、偏った食事によって体が鉄分不足に陥っていると、たとえ同じ量の酸素を吸い込んだとしても、酸素を運ぶ力は弱まります。

ちなみに酸素が不足すると、体内ではどのようなことが起こるのでしょうか?
酸素は、内臓や体の重要な器官を動かすための力を高める役割を持っています。

酸素が不足すると、疲れやすい体になってしまったり、頭がぼんやりとして集中力がなくなったり、脂肪を燃焼させるために必要な酵素を生産することが難しくなり、痩 せにくい体質になります。

酸素を充分に補うことで身体の機能が正常に働き、免疫力・体力・新陳代謝の向上が期待できるといわれています。

「水素水」とは

水素水の中には水素が多く含まれています。
水素が持つ役割とは、一体どのようなものなのでしょうか?
水素は非常に小さく軽いことが特徴で、人間の体の細胞の隅々にまで浸透すると考えられています。
水素には、酸素と結びついて細胞をさび付かせる活性酸素を除去する働きがあるといわれています。

活性酸素は体の細胞が老化する原因であると考えられており、効果的に除去することができればエイジングケアに役立ったり、 心疾患、高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクを減らす効果が期待できます。

脳内の活性酸素を減らすことができれば、アルツハイマーや脳卒中といった脳の血管の病の予防にも役立つと考えられ、さまざまな分野の機関で研究が行われています。

どんなふうに使い分ける?

酸素水のおすすめの飲み方は、熱中症の予防やダイエットに取り入れることです。
熱中症は、大量に汗をかくことで血液の濃度が濃くなり酸素が運ばれづらくなるため、豊富な酸素と水分を同時に摂取できる酸素水は効率的な飲み物だといえます。

また、酸素水には体内の毒素を排出する働きも期待できるため、入浴前や運動前に飲むことがおすすめです。
一方、水素水は飲むだけでなく、肌の若々しさを保つためにコットンやフェイスマスクに含ませてパックとして使用することもできます。

このように含まれている分子によって水の特徴は変わってきます。
うまく体のなかでこれらの分子を働かすためにも、シーンに応じて飲み分けてみてはいかがでしょうか。

コラム

ページトップへ