スポーツ最適

「オキシゲナイザー」で持久力&回復力アップ!
酸素を十分に体内に取り込むことで、
エネルギー効率が上がり疲労回復が期待できます。

酸素充填率36倍 超軟水で飲みやすい

普段何げなく呼吸していると、「酸素を取り入れている」と意識することは少ないです。しかし、ランニングなどのスポーツパフォーマンスは、酸素をどれだけ多く体内に取り入れられるかに大きく左右されます。

なぜなら、体内に取り込まれた酸素は、細胞内で糖質や脂肪がエネルギーに変換される際、燃料の役割を果たしているからです。
酸素が不足すると、せっかく取り入れたエネルギー源が、うまく活用されなくなってしまいます。また、細胞の機能も低下するため、体力の衰えや疲労も感じやすくなります。

いっぽうで、酸素を十分に取り入れれば、効率的にエネルギーを生み出すことが可能になり、糖質や脂肪の燃焼を促し、持久力や回復力の向上が期待できます。

酸素水を飲むことで、呼吸だけでなく飲料からも酸素を補給して、パフォーマンス力をアップさせましょう。

「オキシゲナイザー」って何?
通常の36倍の酸素を充填した
「高濃度酸素水」です。

水道水の36倍もの酸素が溶け込んだ酸素水。ヨーロッパで30年以上続く研究「飲む酸素療法」をもとに、20年かけて開発されました。機能的かつ安全とされている世界最高の充填率を実現。また、優れたろ過技術によって、純度99%の水を使用しているため、安心して飲むことができるのです。

体内に酸素が増えると何がいいの?
持久力&回復力がアップ!

エネルギー源をパワーに変換する際、必要になってくるのが糖質、脂質、そして酸素。3つの要素が絶え間なく細胞に供給されることで、筋肉や内臓の働きが活発になり、持久力や回復力がアップします。また、酸素が十分に細胞に行きわたることで、新陳代謝も上がり、体質改善などの効果も期待できます。

「酸素水」だけ飲めばいいの?
塩や飴などを同時に摂取すると
さらに効果的!

「オキシゲナイザー」は硬度2㎎/Lの超軟水。ミネラル成分が少なく、口当たりがよく飲みやすい。ただし、汗と同時に排出されるミネラルは補えないので、激しい運動時には塩分や糖分が含まれる飴などを同時に摂取して、さらに効果的な水分補給を心がけましょう。

脱水状態にならないために
必要な水の量は?
運動前後の体重で
必要な量がわかります。

脱水状態になると、血液がドロドロになり運搬機能が低下したり、発汗できず体温が上がりすぎてしまいます。では、実際にどれだけの量を飲めば安心なのか?それは、ランニングなどのスポーツ前後に体重を比較すれば解消できます。スポーツ後の体重が前より減っていたら、それとほぼ同量の水分を飲むよう心がけましょう。

どんなタイミングで
水分補給すればいいの?
「15分おきにひと口」が鉄則。

じつは、胃や腸で1時間に処理できる水分量には、1時間あたり約800mlという限界があります。そのため、ランニングなどのスポーツ後にガブ飲みしても、短時間で吸収される水分量の限界を超えてしまっては、脱水状態を適切に解消できません。1時間でペットボトル1本(500ml)ぶんの水分をこまめに補給することが重要になります。

Point
糖質と脂質が十分でも、酸素が不足するとエネルギーの生産が停滞します。
日常的に飲んで、酸素を活かせる体に!

「オキシゲナイザー」は…

  • ピュアウォーター〈純⽔〉に通常の約36倍もの酸素を充填!
  • しかも“超”軟⽔〈硬度2度〉でとっても美味しい⽔で、飲みやすい。
  • カロリー“0”、添加物、ミネラル、砂糖等は⼀切含まれておりません。
商品一覧ページを見てみる