健康秘訣

酸素不足が及ぼす体への影響について、人間の体を組織している細胞が正常な能力を発揮できないと言われています。

現代の空気中の酸素

毎日、私たちが吸っている空気は、何種類かの気体が混ざり合ったものです。比率は、窒素が78%、酸素が約21%、そして、残りの1%は、アルゴン、ヘリウム、ネオン、ラドン、クリプトン、キセノンなどの希ガス、二酸化炭素です。
では、その酸素比率は、昔と今では変化しているのでしょうか?太古の昔、恐竜時代では酸素は約36%といわれ、100年前では26%、現在では20.9%と減少しています。
そのため最近では、酸素カプセル、酸素バー、高濃度酸素水、酸素水スプレーなど、酸素を補給するための施設や商品が、増えているのです。

酸素が水に溶ける?

1970年ドイツ、ヨーロッパで経口酸素理学療法を紹介したパクダマン医学博士の文献では、「空気中での酸素は約21%含まれているが、また、酸素は水中にも溶ける。例えば、滝の水では酸素がより高密度であることがわかっている。これは、滝の水が、元々水中にあった酸素と一緒に空気中の酸素を取り込むことで酸素密度を濃くする、すなわち滝の水はより高い品質になっていることを意味する。」と述べています。

なぜ36倍の酸素?
なぜ「オキシゲナイザー」?

「オキシゲナイザー」は、ヨーロッパで30年以上研究された『飲む酸素療法」を背景に20年をかけて開発され、世界特許を取得した技術とマシーンによって製造されています。
最も機能性を持ち、且つ安全である酸素充填率が150mg/Lとされていますので、赤ちゃんからご年配の方、妊婦さんでも安心して飲んでいただけます。それが水道水の“36倍の酸素”の理由です。
ヨーロッパでの臨床研究結果では、多くのケースでその有効性がみられたという結果が出ています。また、化学療法、放射線、手術後のシンドロームやストレスなど、様々な要因で細胞の酸素が欠乏してしまい、低酸素症を誘発します。もともと年を重ねると体の酸素量は減少していきますので、お肌のことを考えて酸素を補給することはとても大切です。

R.O.ウォーターの安全

「オキシゲナイザー」に使われている水は、R.O.ウォーター=99.9%純水です。逆浸透膜ろ過(REVERSEOSMOSIS)された水は、米航空宇宙局(NASA)でも採用されており、当時の科学技術庁がPKO派遣の時に採用し、アメリカ国防省を始め、世界でも認められている安全な水と言えます。

「オキシゲナイザー」は…

  • ピュアウォーター〈純⽔〉に通常の約36倍もの酸素を充填!
  • しかも“超”軟⽔〈硬度2度〉でとっても美味しい⽔で、飲みやすい。
  • カロリー“0”、添加物、ミネラル、砂糖等は⼀切含まれておりません。
商品一覧ページを見てみる