「オキシゲナイザー」のヒミツ

酸素は、地球上を広く大きくつつみ、
生命に不可欠な要素です。
酸素の欠乏は、ほとんどの動物、そして、
人間にとって重大な健康上の問題を引き起こします。
細胞培養の研究で、長時間の酸素欠乏がDNAの異常や乱れが起きるきっかけとなっていることがわかっています。

酸素は、人体の内外で燃焼過程に関わっており、その燃焼の段階で二酸化炭素、水、廃棄物、エネルギーが分離され、エネルギーは全ての細胞機能に使われています。人間は、水分は数日間、食物は2週間程口にしなくても生存できると言われています。しかし、酸素はどうでしょうか。通常であれば酸素が数分無くなれば深刻な状態になります。

人が酸素を摂取する基本は、当然のことながら空気を吸うことです。空気は、混ざり合った何種かの気体を含んでいます。酸素が約21%、窒素78%、残りはヘリウムやクリプトンなどその他の気体です。空気中に酸素は21%含まれていますが、酸素は多少ながら水中にも溶けています。例えば、滝の水は酸素がより高密度であることがわかっています。これは、滝の水が、元々水中にあった酸素と一緒に空気中の酸素を取り込むことで酸素密度を濃くするからです。また、温かい水よりも冷たい水の方がより多くの酸素が溶けることがわかっています。


水中生物であった人間

元々、生命は地球と生物が創造され進化していく過程で、大陸を越えて水中で広がっていきました。
興味深いことは、人類のその発展の長い過程を経ても水中生物としての特徴をまだ失わないでいることです。

発達の歴史は、人間の生命誕生の最初のステージ(子宮内での生命)である胎児にも示されます。胎児は生きるため、成長するため、無条件に水が必要です。それが、胎児が浮かんでいる羊水です。

羊水は約99%が水分ですが、その他プロテイン、ブドウ糖、クレアチニン、尿素、ホスホリピド、エストリオール、酸素、二酸化炭素、などの生命維持に必要な要素で形成されています。また、胎児を保護するうえで重要な機能を果たしています。

生まれたばかりの赤ちゃんは泳ぐこともできますがこの能力は失われてしまいます。生命誕生の瞬間は、水中生物から呼吸し酸素を吸う肺を有する人類への変化の瞬間でもあります。


高濃度酸素水(オキシゲンウォーター)

近年、栄養科学への関心が急速に高まっており、酸素が供給できる水が開発され人体への影響が研究されています。
現在、地球上で1日当たり12億リットルの飲料水が使われており、公表されている統計データでは、人口の約36%が酸素欠乏下にあるといえます。
このような状況下において、欠乏状態を解決し健全な飲料水と酸素をきちんと供給することは重要な問題です。

また、酸素と水は生きるための不可欠なものとしての役目を果たしています。
薬学、生物学上の革新として、O.C.T. (経口酸素療法)が、期待の薬学治療法として、1970年パクダマン教授によって最初に発見され、1988年後半にドイツで発表されました。


細胞内、および、免疫における
酸素の重要性

酸素消費は生きていることの証です。
細胞内で起こる生体エネルギープロセスは酸素によって左右されます。
酸素のない低酸素状態では、細胞機能が妨害されます。
研究により酸素治療により免疫システムが刺激され安定化することで体の防御システムが向上していることがわかっています。
化学療法や放射線治療、さらに手術後のストレスなど、様々な要因で細胞の酸素が欠乏し低酸素症を誘発し、細胞のエネルギー不足や免疫システムを損ないます。
酸素を豊かにすることで、液体中のエネルギーレベルは増加し、エネルギーをより効果的に摂取できるようになります。

「オキシゲナイザー」は…

  • ピュアウォーター〈純⽔〉に通常の約36倍もの酸素を充填!
  • しかも“超”軟⽔〈硬度2度〉でとっても美味しい⽔で、飲みやすい。
  • カロリー“0”、添加物、ミネラル、砂糖等は⼀切含まれておりません。
商品一覧ページを見てみる