キャンペーン第1弾 2,500円以上購入者全員にオキシゲナイザーポーチプレゼント!

コラム

肌の揺らぎが気になってきた…!美肌を目指すあなたにピッタリな飲み物4選

肌のゆらぎが気になってきた…!美肌を目指すあなたにピッタリな飲み物4選

肌のゆらぎが気になってきた…!美肌を目指すあなたにピッタリな飲み物4選

秋になってお肌が敏感になった、という方も多いですよね。これは温度や湿度の変化に対応ができなくなってお肌のバリア機能が低下し、一時的に敏感な状態になる「ゆらぎ肌」になっているサインかもしれません。ゆらぎ肌は水分の補給と保持がカギを握るので、内側と外側からのアプローチで改善を目指しましょう。今回は美肌のチェックポイントと、美肌を目指すあなたにピッタリの飲み物をご紹介します。

お肌の美しい状態とは?美肌チェックポイントをご紹介

お肌の美しさは、次のような状態であることが基準となります。

  • 水分と油分のバランスが良く、潤いのあるお肌
  • お肌のきめが細かく、なめらかな状態
  • 引き締まっていて、ハリや弾力があるお肌
  • みずみずしく、お肌にツヤ感がある
  • 血色が良くヘルシー見えする状態
  • ターンオーバーのリズムが整っている
  • ニキビやシミなどの肌トラブルがないお肌

これらの条件が揃ったお肌はとても健康的で、誰から見ても美しく見えます。できることなら、上記のような美肌を目指したい!そこで重要になってくるのが水分補給です。お肌は角質層に水分がしっかりあり、角質層が潤っていることで乾燥知らずの健康的で美しい状態になります。

お肌の潤いは化粧水や乳液といったケアも必要ですが、口から水分を補給して体の内側から水分補給をすることも大切なので、日常で意識しながら水分補給をするようにしましょう。

そして、せっかく水分補給をするなら美肌に良いとされている飲み物を飲むほうが◎。次で美肌に良いと言われている飲み物をご紹介します。

美肌サポートできる飲み物4選

美肌に良いと言われている飲み物はたくさんありますが、今回は4つだけ厳選しました。ぜひ日常生活の水分補給で摂り入れて、美肌を目指してみてください。

①水

飲み物のベースはすべて水です。水にはカロリーや余計なエネルギーが入っていないので、糖分などを気にせず誰でも気軽に飲むことができます。また、水はノンカフェインで利尿作用もないため、シーンやタイミングを気にせず飲めるのも嬉しいポイントです。

水を飲むことでお肌はみずみずしく潤いますし、美髪や整腸、むくみ解消、デトックス、ダイエットなどの効果が期待できるので、積極的に飲むようにしましょう。

水と一口に言っても種類はさまざまあるんですよ。硬度が低くてさらりと飲める「軟水」、少し重たい口当たりですがミネラルが豊富に含まれている「硬水」、原水からイオンや不純物を取り除いてあり誰でも安心して飲める「RO水(純水、ピュアウォーター)」、水に酸素を充填しており飲むだけで酸素の効果を得ることができる「酸素水」など。

それぞれ得られる効果も変わってくるので、自分にピッタリの水を選んで活用してみてはいかがでしょうか。

②甘酒

「飲む点滴」「飲む美容液」と呼ばれることもある甘酒は、美肌に導く栄養素がたっぷり含まれているのが魅力。皮膚の新陳代謝を促すビタミンB群、老化を抑制する効果が期待できるアミノ酸、善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれる食物繊維、お肌の潤いやハリを保つ役割をするミネラルなどがバランス良くたっぷりと含まれています。

③トマトジュース

トマトには抗酸化作用のある「リコピン」が含まれており、シミのもととなるメラニンの生成を抑制したり、老化につながる活性酸素を抑えたりする働きがあります。トマトジュースにはむくみ予防に効果的なカリウム、腸内環境を整える食物繊維も含まれており、女性にとっては積極的に摂りたい飲み物と言えるでしょう。

④牛乳

牛乳には皮膚や粘膜などの細胞を正常に保つ役割のビタミンA、美肌や美髪につながるビタミンB2、ストレスを軽減して肌荒れを予防できるカルシウムなどが含まれています。また牛乳に含まれている乳糖は腸内の善玉菌を増やしてお通じを良くし、お肌を健康的で美しい状態に導きます。

お肌の材料であるタンパク質も豊富なので、ハリや弾力のある若々しいお肌が目指せます。

肌のターンオーバーをサポートするなら水を上手く取り入れよう

肌のターンオーバーをサポートするなら水を上手く取り入れよう

美肌の大敵と言われている「乾燥」は、お肌をカサカサにするだけでなくシミやくすみ、たるみ毛穴などの要因にもなることを知っていましたか?それらの肌トラブルにはターンオーバーが関係しており、乾燥によってターンオーバーの周期が乱れることで美肌が損なわれてしまいます。

潤いのあるお肌、きめ細かいお肌、ハリや弾力があるお肌、など誰もが羨む美肌を手に入れたいならターンオーバーを正常に働かせることが大切!ターンオーバーは体の芯を温めること、新陳代謝を高めること、皮膚に潤いを与えることが効果的なので、それぞれにあった水を活用して美肌を目指していきましょう。

体の芯を温める白湯にするなら、アイザーピュアウォーター

白湯(さゆ)を飲むことで期待できる美容効果は、基礎代謝アップ、冷え性改善、便秘解消、デトックスなどが挙げられます。どれも美肌につながる効果ですし、白湯ならお湯を沸かすだけでできるので手軽に取り入れられますよね。白湯にレモンやはちみつをプラスすることで、さらに美容効果がアップするため、美肌を目指している方はぜひ白湯を飲むことを習慣化してみましょう。

白湯を作るときにピッタリの水は、「アイザーピュアウォーター」です。白湯は水道水でも作ることができますが、水道水には不純物があるため、やかんで15分以上沸かし続けなくてはいけません。ですが、アイザーピュアウォーターは0.0006ミクロン以下という超微細なものしか通さない「ROシステム(逆浸透膜ろ過システム)」を活用して生まれた純水なので、煮沸する必要がなく電子レンジで簡単に白湯を作ることができます。

また、アイザーピュアウォーターはミネラル分を含んでいないため、赤ちゃんからご年配の方まで家族全員でご利用いただけます。

新陳代謝を求めるなら、高酸素水オキシゲナイザー

美肌を目指すために新陳代謝を高めたいなら、「高濃度酸素水オキシゲナイザー」がおすすめです。酸素水はその名の通り水に酸素を充填させた飲み物で、日常生活で摂り入れることで酸素の効果を実感できるようになります。ちなみに、酸素には毒素を体の外に排出するデトックス効果や、免疫力を高めて細胞や組織を生き生きと保つ効果、老化を防いで若さをキープする効果が期待できるんですよ。

オキシゲナイザーには水道水の約36倍にもなる量の酸素が充填されており、酸素の効果がより実感しやすい特徴があります。しかも、硬度2度の軟水で飲みやすく、NASAが開発した「ろ過システム」によって不純物を限りなくゼロにしたピュアウォーター(純水)が使われているので、毎日飲む水としてもピッタリです。

体の外側からもしっかりケアしたいなら、オキシゲナイザー酸素水ミストスプレー

外側からアプローチしてお肌に潤いを与え、美肌に導きたいなら「オキシゲナイザー酸素水ミストスプレー」をぜひ活用してみてください。

オキシゲナイザー酸素水ミストスプレーは酸素の充填率が高いため、水分と同時に酸素をしっかりと補給することができます。酸素を同時に補給することで化粧水を効率良く浸透させたり、ターンオーバーを整えて肌トラブルを回避したりと一役も二役も叶えてくれますよ。

オキシゲナイザー酸素水ミストスプレーは、ピュアウォーターと酸素の微細な粒子のパワーで肌本来が持つ力を呼び起こして明るく澄んだ状態に導きます。

CONCLUSION

美肌は一日にしてならず!美肌を目指すためには、体を潤すことが重要です。水分補給をする飲み物にもこだわって、効率良く美肌を叶えましょう。オススメは水、甘酒、トマトジュース、牛乳です。なかでも水はいろいろと種類があるので、自分に合ったものを選んでくださいね。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が充填されている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

RO水ってどんな水?水道水との違いを徹底解説

R.O.水ってどんな水?水道水との違いを徹底解説

R.O.水ってどんな水?水道水との違いを徹底解説

突然ですが、「RO水(アールオー水)」という水を知っていますか?「名前は聞いたことがあるけど、どんな水なのか分からない」という方のために、今回はRO水について解説します。あわせて、天然水や水道水との違い、RO水のメリット・デメリット、RO水でおすすめの商品もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

純水・ピュアウォーターともいわれるRO水とは何?

RO水とは、「逆浸透膜(RO膜)」という微細なフィルターを通して作られた水のことです。水道水や天然水などの原水をフィルターに通してろ過することで、不純物、ウイルス、ミネラルが除去されて限りなく純水に近い水になります。

そのため、RO水は「純水」「ピュアウォーター」と呼ばれているんですよ。RO水は雑味がないのが魅力で、メーカーによっては後からミネラルを添加する場合もあるようです。

RO水のメリット・デメリット

限りなく純水に近いRO水。RO水にもメリット・デメリットが存在します。

【RO水のメリット】

RO水のメリットは「清浄度が高いこと」「超軟水であること」です。一般的に販売されている浄水器のフィルターは0.5ミクロン前後になっていますが、RO水で使われるフィルターは0.0006ミクロンと超微細!超微細なフィルターを通すことで不純物だけでなく、細菌類やウイルスを除去できるため安心度の高い綺麗なピュアウォーターが完成します。

また、RO水はカルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル分も同時に除去されています。ミネラル成分が含まれていない水は、硬度も限りなくゼロに近い超軟水。赤ちゃんや小さな子どもの場合、内臓器官が未発達でミネラルを過剰に摂取すると胃や腸に負担がかかってお腹を下してしまうこともあるので、ミネラル分が含まれていないRO水がとても重宝するのです。

【RO水のデメリット】

RO水が持つ「雑味がない」「ミネラルが取り除かれている」という点がデメリットになることもあります。水ならではの美味しさを感じたい方にとっては、RO水は物足りなく感じるかもしれません。

そして、RO水はミネラルがほとんど含まれていないので、水でミネラルを摂取したいと思っている方には不向きでしょう。

天然水や水道水との違い

天然水は各地にある特定の水源から採水した地下水のことを指します。天然水というと「ナチュラルなまま」という印象を持つ方もいますが、より安全に飲めるようにするために実は採水後にろ過や加熱殺菌等の処理が行われています。ただ、ろ過や加熱殺菌等の処理は最低限にとどめられているので、RO水と違ってミネラル成分は残ったままです。

一方、水道水は浄水場で処理された水です。浄水処理は4つの工程があり、ろ過や塩素消毒などを施して各家庭に送られます。RO水との違いで言えば、この塩素消毒をしているかどうかですね。

水道水は塩素で消毒をされているため汚染されにくい衛生的な状態になっているのですが、「塩素消毒したものを口に入れて大丈夫なの?」と心配される方もいます。

RO水でおすすめのアイザーピュアウォーター

日常使いでRO水を活用したい方におすすめなのが、硬度2mg/Lで超軟水の「アイザーピュアウォーター」です。このアイザーピュアウォーターは、マレーシアの郊外にある緑に囲まれた自然豊かな場所にある工場で作られており、徹底した品質管理のもとに製造されています。

製造にはアメリカの国家事業として開発された「ROシステム(逆浸透膜ろ過システム)」が使われており、ダブルパス(2段処理⽅式)によって99.9%の純水に仕上げています。最後にはオゾンで完全殺菌する徹底ぶりなんですよ。とても丁寧に作られているので、赤ちゃんからご年配の方まで安心して飲んでいただけます。

高濃度酸素水オキシゲナイザーもRO水で作られている!

水にはRO水のほかに、酸素水というものがあるのをご存知ですか?酸素水とは名前の通り酸素を含んだ水のことを指し、水を飲むのと同時に酸素を体内に摂り入れることができます。

酸素は呼吸で当たり前のように取り込んでいるので、「わざわざ酸素水で摂り入れる必要はないのでは」と思う方もいるかもしれませんが、実は多くの方が酸素不足になっているんですよ。

酸素の効果については後ほど解説しますが、酸素水は体に必要な「水」と「酸素」を効率良く摂り入れることができるので、現代人にピッタリな水と言えるのです。

RO水も酸素水も気になるという方に、ぜひ手に取っていただきたいのが「高濃度酸素水オキシゲナイザー」。オキシゲナイザーは、99.9%の純水であるRO水に水道水の36倍にもなる酸素を充填している酸素水です。一般的に販売されている酸素水の充填率は20〜50mg/Lなのですが、オキシゲナイザーにはなんと150mg/Lもの酸素が充填されています。

酸素充填率は世界No.1を誇るので、酸素水ならオキシゲナイザーの右に出るものはなしと言っても過言ではありません。

高濃度酸素水はこんな人におすすめ

高濃度酸素水はこんな人におすすめ

RO水をもとにして高濃度の酸素を充填したオキシゲナイザー。オキシゲナイザーには次のような効果が期待できます。

【高濃度酸素水オキシゲナイザーで期待できる効果】

  • エネルギーや活力を高める
  • 偏頭痛や胃腸の不調などの改善
  • ストレス緩和
  • 疲労回復
  • 免疫力アップ
  • ケガの治癒を早める
  • サプリメントの効果向上
  • 新陳代謝アップ
  • アルコールから臓器を守る

こんなにも体に嬉しい効果が期待できるのは嬉しいですよね。よって、オキシゲナイザーは次のような方におすすめです。

  • 運動する方(疲労の回復や持久力&回復力アップに)
  • 美容に敏感な方(アンチエイジング、デトックス、ダイエット、お肌の調子を整えるなど)
  • 健やかな毎日を送りたい方(免疫力アップ、生活習慣病を含む病気の予防など)

アイザーピュアウォーターと高濃度酸素水オキシゲナイザーの気になるクチコミ

それでは最後に、アイザーピュアウォーターとオキシゲナイザーの口コミをチェックしてみましょう。

【アイザーピュアウォーター】

  • 超軟水なので口当たりもよく、スーッと飲めます!
  • RO水だから家族みんなで安心して飲んでいます。
  • スリムなボトルで持ち運びに便利です。パッケージがおしゃれなので、プレゼントにも喜ばれますよ。

【高濃度酸素水オキシゲナイザー】

  • オキシゲナイザーを飲むようになってから、前より疲れにくくなった気がします。
  • ずっとリピートしている商品。味がまろやかで美味しいです。
  • お守り的な存在。頭が痛いなというときや体に不調を感じたときに飲むようにしています。

お客様の声をもっと確認された方はこちら >

CONCLUSION

RO水は「純水」「ピュアウォーター」と呼ばれている、不純物やウイルス、ミネラルを限りなく取り除いた水です。ミネラルが含まれていないからこそ、赤ちゃんからご年配の方まで安心して毎日活用できます。RO水では「アイザーピュアウォーター」がおすすめなので、ぜひ手に取ってみてくださいね。また、RO水に酸素を充填した「高濃度酸素水オキシゲナイザー」という商品もあります。RO水と酸素水は得意な使い方が変わるので、ぜひ用途やシーンに合わせてご活用ください。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が充填されている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

夏が終わっても抜けないダルさは「秋バテ」が原因かも?秋バテの正体と対処法

夏が終わっても抜けないダルさは「秋バテ」が原因かも?秋バテの正体と対処法

夏が終わっても抜けないダルさは「秋バテ」が原因かも?秋バテの正体と対処法

近年の夏は暑さが厳しくて、夏バテになる方も増えていますよね。今年も厳しい夏は過ぎたのですが、「なんだか体がだるい」「食欲がわかない…」といった症状が現れる方も…!それはもしかしたら、体が「秋バテ」を起こしているのかもしれません。そこで今回は秋バテについて解説しながら、秋バテの対処法をご紹介します。

ダルさ、疲れ、倦怠感…体調不良の原因は秋バテかも

読者の中には「夏バテは聞いたことがあるけど、秋バテというのがあるのは知らない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

夏バテは体温調整機能が低下してしまうことが主な原因で、熱帯夜による睡眠不足や冷たいものを過剰摂取することで起こります。

それに対して秋バテは、日々の気温が安定していないこと、昼夜の気温差が大きいことが主な原因になる症状です。

両者は似ているようにも見えますが、夏は「暑さ」がバテる原因に、秋は「温度差」がバテる原因と違いがあります。

秋バテをセルフチェックしてみよう!

秋バテは次のような症状が現れるのが特徴です。何個当てはまるか数えて、秋バテになっていないかチェックしてみましょう。

  • 体がだるい
  • 食欲がない
  • 胃のもたれを感じる
  • なかなか寝られない
  • 夜中に何度も起きてしまう
  • 朝になっても起きられない
  • 頭がボーっとするor頭が重たい
  • 疲れやすい
  • 立ちくらみをする
  • 肩こりがひどい

上記のような症状が1~2週間以上続いていないか確認し、2個以上当てはまってしまったら秋バテ予備軍です。3個以上当てはまるなら秋バテの可能性が高くなり、5個以上該当するようなら秋バテしているので、早めに対処をしましょう。

秋バテに効果的な対処法

秋バテは温度差によって自律神経のバランスが崩れることで起こる症状です。自律神経は体温を調整する働きもあり、バランスが崩れることで温度差に対応しきれなくなるということですね。また、自律神経は気圧の変動や冷たいものの摂りすぎ、体の冷やし過ぎによってもバランスを崩すので覚えておきましょう。

ここでは秋バテに効果的な自律神経のバランスを整える対処法をご紹介します。

おすすめの食事

食事は栄養バランスを考慮した献立を1日3食、規則正しく摂るのがベストです。秋でも暑い日が続くときがありますが、できるだけ冷たい食べ物&飲み物は避けて、温かいものを摂り入れるようにしましょう。

タンパク質やビタミンB6、ビタミンD、GABA(γ-アミノ酪酸)、トリプトファンなどの栄養素が自律神経を整える働きがあると言われています。これらの栄養素を意識して摂り入れて、秋バテ予防をしてみてくださいね。

  • タンパク質…肉類、魚介類
  • ビタミンB6…にんにく、サンマ、ささみ
  • ビタミンD…キノコ類、内臓事食べられる魚
  • GABA(γ-アミノ酪酸)…トマト、みかん、発酵食品
  • トリプトファン…大豆製品、乳製品、穀類

食事をするときは一口ずつゆっくりとよく噛むと、胃腸の状態を整えることができるのでおすすめです。

入浴

自律神経は体を温めることでバランスが整いやすくなるので、毎日入浴をして体をしっかりと温めるようにしましょう。

ポイントはお風呂の温度!42~44度のお風呂に浸かると自律神経が刺激されてしまうので、37~39度に設定してゆっくりと浸かるようにしてください。この微温浴は自律神経の副交感神経を優位にして、リラックスさせる効果があるので安眠にもつながりますよ。

ただし、寝る直前にお風呂に入ると体の深部温度が下がりきらずに寝つきが悪くなってしまうので、夜お風呂に入るときは就寝の1~2時間前に済ませるようにしてください。

運動

運動は血流を良くして自律神経を整えてくれます。発汗機能を高める効果も期待できるので、ぜひ秋は運動を習慣化するようチャレンジしてみてください。

運動というと筋トレなどのハードなものを思い浮かべる方もいますが、自律神経を整える目的で行う運動なら負荷の軽いものでかまいません。ウォーキングやラジオ体操などでも効果は期待できるので、無理なく続けられそうな軽い運動から始めてみてはいかがでしょうか。

睡眠

秋バテでは「なかなか寝られない」「夜中に何度も起きてしまう」「朝になっても起きられない」という睡眠に関する症状が現れることがあります。これは睡眠の質の悪さ、睡眠不足などが原因で、自律神経のバランスが崩れて起こる症状です。

睡眠の質の改善を図ることで症状は軽減されていくので、質を高められるよう室温の調整(室温26~28℃、湿度50~60%が目安)、寝具の見直しなどを行いましょう。ほかにも、朝日をしっかりと浴びる、お風呂にゆっくりと浸かる、リラックス法を取り入れるなどで睡眠の質を向上できます。

水分補給

水分補給も自律神経のバランスを整えるのに重要なポイントです。水分は血液に含まれており、水分がしっかりとあれば栄養素や酸素が脳に届いて自律神経をバランスよく保ってくれます。水分が不足すると血液がドロドロになって、脳に必要な栄養素や酸素が届きにくくなり、疲れやすい、頭がボーっとするなどの秋バテの症状が出やすくなるので、水分補給はしっかりとするようにしましょう。

間違った水分補給は体を疲れさせる

間違った水分補給は体を疲れさせる

前述したとおり、自律神経を整えるためには水分補給が重要です。ただし、間違った水分補給の仕方をしてしまうと、体を疲れさせて秋バテにつながることも…!水分補給はただ水分を摂れば良いというわけではなく、飲み方にポイントがあるのできちんと押さえておきましょう。

喉の渇きを感じたときに一気に水分を摂るのはNG

喉の渇きを感じたときに一気に水分を摂る、というような水分補給の仕方をしていませんか?体に摂り込んだ水分は胃から腸へと運ばれる過程で徐々に体に吸収されるため、一度に大量に摂取してもすべてを体内に保つことはできません。さらに、大量に水分を摂ることで胃液や血液が薄まってしまい、内臓機能や筋肉に支障をきたして頭痛や倦怠感などの秋バテの症状につながってしまうのです。

正しい水分補給の仕方

正しい水分補給は、喉の渇きを感じる前にこまめに水分を摂り入れること。人の体は15分で200~250mlほどしか水分を吸収できないので、少量をこまめに摂取するように意識しましょう。

1日に必要な水分量は性別や年齢によっても異なりますが、だいたい1日約1.5L~2Lです。1回あたりコップ一杯(200mL)にして、朝昼晩のうちで8~10回に分けて飲むようにするといいかもしれません。

秋バテで疲れた体におすすめの高濃度酸素水オキシゲナイザー

秋バテ対策として水分補給を行う場合、ぜひ活用していただきたいのが「高濃度酸素水オキシゲナイザー」です。

オキシゲナイザーはNASAが開発した「逆浸透膜ろ過システム」によって不純物を限りなく除去したピュアウォーター(純水)に、酸素をたっぷりと充填させた酸素水です。一般的な酸素水は20~50mg/Lほど酸素を充填されているものが多いのですが、オキシゲナイザーはなんと150mg/Lもの酸素を充填しているんです。

このように高濃度の酸素を充填していることによって、次のような効果が期待できます。

  • 自律神経の調整
  • 疲労回復
  • エネルギーや活力アップ
  • ストレス解消
  • リラックス
  • 睡眠不足解消
  • 免疫力アップ

どれも秋バテを解消するのに役立ちそうな効果ですよね。そんなオキシゲナイザーは硬度2度の軟水で、子どもからご年配の方まで安心して飲めるのも嬉しいポイント。家族みんなで秋バテ防止として活用できます。

CONCLUSION

秋バテは温度差によって自律神経のバランスが崩れることで起こりやすい症状です。誰でもなり得る症状で、対処法をしないと長引いてつらい思いをすることもあります。たかが秋バテと軽視せず、しっかりと予防&対処をして健康を維持しましょう。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が充填されている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

残暑が残る季節の変わり目は体調に要注意!季節の変わり目に起こりやすい不調と対策をご紹介

季節の変わり目は体調に要注意!残暑が残る時期に起こりやすい不調と対策をご紹介

季節の変わり目は体調に要注意!残暑が残る時期に起こりやすい不調と対策をご紹介

暦のうえではすでに秋なのですが、それを感じさせないほど暑い日が続いていますよね。そんな残暑が継続している季節の変わり目は、体調不良を起こしやすくなります。そこで今回は秋口の季節の変わり目に起こりやすい体調不良について解説しながら、おすすめの対策をご紹介します。ぜひ最後までチェックしてくださいね。

残暑が続く季節の変わり目に出やすい体調不良とは?

残暑が続く秋口は、だるさを感じたり肌荒れが起こったりしませんか?この時期に起こる体の不調にはいくつかの原因があります。ここではその原因と、現れやすい症状をご紹介しましょう。

季節の変わり目の体調不良の原因は?

季節の変わり目の体調不良は、次のようなことが原因として挙げられます。

  • 温度差
  • 気圧の変化
  • 冷たいものの過剰摂取
  • 疲れの蓄積

残暑が続く時期でも、朝晩は気温や湿度が日中より下がります。こうして日中と朝晩で温度差が生まれると、体の温度調整を行う自律神経に乱れが発生して体調不良を起こしてしまうのです。

また、この時期は台風が増えるときでもあります。台風は熱帯低気圧の一種なのですが、この低気圧が近づくと体の中の水分バランスが崩れて不調につながります。ただ、気圧が上昇するときに不調が現れるケースもあるので注意しなくてはいけません。

そのほか、冷たいものの過剰摂取は内臓が冷えることで体調不良に、疲れの蓄積では抵抗力が弱まって体調不良につながりやすくなります。

頭痛、吐き気、肌荒れなど、出やすい症状は?

秋口の体調不良で現れやすい症状は次の通りです。

【季節の変わり目に現れやすい症状】

  • 倦怠感
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • ほてり
  • 肩こり
  • 消化器官の不調
  • 不眠
  • 肌荒れ など

温度差や気圧の変化などの原因によってこれらの体調不良が起こりやすいのですが、なかにはメンタル面に不調が現れる方もいます。メンタルに影響が現れるとイライラや気分の落ち込み、何もやる気がなくなるなどの症状が出やすくなるので、早めに対策を実施して予防をしていきましょう。

季節の変わり目に現れる体調不良の対策は?

季節の変わり目に現れる体調不良の対策は?

季節の変わり目に現れる体調不良を防ぐためには、次の4つを押さえることがポイントになります。どれも今日から取り入れられる内容なので、ぜひ実践してみてくださいね。

規則正しい生活を送る

生活リズムが乱れると、自律神経のうちで脳が活発になる「交感神経」が優位になってバランスが乱れてしまいます。自律神経の乱れは体調不良につながってしまうので、規則正しい生活を送りましょう。朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びる、1日3食決まった時間に食事を摂るなどが有効ですよ。

自律神経を整える食事を意識する

自律神経を整える効果が期待できる栄養素はビタミンです。

  • ビタミンB12(自律神経の主成分。レバーや赤身肉、魚、卵、海苔など)
  • ビタミンB1(脳や末梢神経の糖質代謝を補助。豚肉やほうれん草、落花生など)
  • ビタミンEやビタミンC(副交感神経が優位にする。アーモンド、ドライトマト、パセリ、アセロラなど)

これらの食品を積極的に摂って、自律神経を一定に保ちましょう。交感神経の働きを抑える作用が期待できるカルシウムもおすすめですよ。

体を温める

体調不良を回避するには、体の冷えを防ぐことも大切です。日中はまだまだ暑いのですが、冷たいものを食べ過ぎたりエアコンで体を冷やし過ぎたりしないように心がけましょう。食事をするときに汁物をプラスする、朝起きたら白湯を飲むなどちょっと工夫するだけで身体を温めることができますよ。
特に入浴が重要で、温熱作用、水圧作用、浮力作用の3つの効果で血行促進や疲労回復、リラックス、デトックスを促してくれます。自律神経を整える入浴のポイントを以下でご紹介するので、ぜひマスターしてください。

【自律神経を整える入浴のポイント】

  • 入浴30分前にコップ一杯(200ml)の水を飲む
  • 入浴する前に、手と足先・体の中心部にかけ湯をする
  • ぬるめのお湯(37~39度程度)に15分ほど浸かる
  • お風呂上りにコップ一杯(200ml)の常温の水を飲む

質の高い睡眠をとる

自律神経の乱れや疲労の蓄積を防ぐためにも、しっかりと休息を取る必要があります。夜更かしは避けて、十分な睡眠をとるようにしましょう。
ただし、寝つきが悪かったり夜中に何度も起きたりすると副交感神経が上手く働かないので、体調が崩れやすくなってしまいます。睡眠は質の高さも重要なポイントのため、質を上げる工夫を取り入れてみてください。

【睡眠の質を上げる方法】

  • 寝室の温度や湿度を調整する
  • 就寝前に深呼吸をして酸素を体に摂り入れる
  • 寝る前にコップ一杯の水を飲む

ストレス緩和や疲労回復に高濃度酸素水

季節の変わり目の体調不良は自律神経の乱れ、疲労、メンタル面の不調などが関わっていることが多いです。体調不良の原因となっているこれらの不調は、高濃度酸素水を摂り入れることで緩和が期待できるかもしれません…!

まず、高濃度酸素水とは「高濃度」の酸素を充填している「水」です。酸素をたくさん含んでいる高濃度酸素水は、次のような効果が期待できます。

【酸素水で期待できる効果】

  • 体力や疲労の回復
  • 精神安定
  • ストレス緩和
  • 免疫力の向上
  • 持続力アップ
  • 不眠の解消
  • デトックス
  • 生活習慣病を含む病気の予防
  • 集中力アップ
  • ダイエット
  • アンチエイジング
  • お肌の調子を整える

高濃度酸素水を飲むと血中の酸素濃度が上がって血流が良くなるので、自律神経が整いやすくなるんですよ。酸素が体の各細胞に十分行きわたることで、新陳代謝もアップして体質改善につながりやすくなるのもメリットです。

高濃度酸素水オキシゲナイザーとは?

高濃度酸素水オキシゲナイザーは水分子以外の不純物を限りなく除去した99.9%の純水に、水道水の約36倍にもなる150mg/Lの酸素を充填した高濃度の酸素水。前述した酸素水で期待できる効果も十分得やすくなっています。

また、オキシゲナイザーは日本人の体に馴染み深い軟水で、6.6-7.2を標準値としている弱酸性水でもあります。胃腸にやさしく赤ちゃんからご年配の方まで安心してご活用いただけるのも魅力です。

オキシゲナイザーを飲むことで摂り込んだ酸素は、4〜5時間ほど血液中にとどまるので酸素の恩恵を受けやすいと言えるでしょう。自律神経を整えるうえでも、健康的な状態を維持するうえでも役立つアイテムなので、ぜひ残暑が残る季節の変わり目にオキシゲナイザーを活用してみてください。

CONCLUSION

残暑が続く季節の変わり目は外気の温度差や気圧の変化の影響を体が受けやすく、また冷たいものを食べ過ぎたり夏の疲労が残っていたりすると体調不良を起こしやすくなります。この時期の体調不良では倦怠感、頭痛、消化器官の不調、不眠などの症状が現れてツライ思いをすることもあるので、早めに対策をして予防をしましょう。

その際は、ぜひ「高濃度酸素水オキシゲナイザー」を手に取ってご活用ください。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が充填されている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

誰でも簡単にできる!白湯健康法

毎日の習慣に!誰でも簡単にできる白湯健康法と高濃度酸素水

毎日の習慣に!誰でも簡単にできる白湯健康法と高濃度酸素水

美容感度の高い方や健康的な体になりたい方、ダイエット中の方などの多くが実践している「白湯(さゆ)」を飲む習慣。なんとなく体に良い習慣だとわかっていても、どんな効果をもたらしてくれるのか、どうやって行えば良いのかなど具体的にはわからない方もいるのではないでしょうか?今回は白湯とは何かという基本的なお話から、水との使い分けについてまでを解説していきます。飲み方や水との併用方法を学んで、ヘルシー美人を目指しましょう!

健康や美容にも!?白湯を飲むことで得られる嬉しい効果とは?

「白湯=温かいお湯のこと」と思っていませんか?その考えは大枠で言えば正解なのですが、白湯はただ温かいお湯のことを指すのではなく、「十分に沸かしたお湯」というのが正しい答えなんです。

白湯を飲む習慣を取り入れる健康法は、白湯を飲むことで体の芯を温めることを目的としています。それによって生まれる健康効果はたくさんあるんですよ!

【白湯の健康効果】
  • 基礎代謝アップ
  • 冷え性改善
  • 便秘解消
  • デトックス
  • 食事量の抑制 など

上記の代表的な効果を順に詳しくご紹介しましょう。

基礎代謝アップ

白湯を飲むことで体の芯が温まると血行が良くなって基礎代謝がアップにつながります。基礎代謝は「生命活動の維持で消費されるカロリー」を指すので、基礎代謝が上がれば意識的に体を動かしていないときでもカロリーが消費されやすくなります。だからこそ、ダイエット効果が期待できるというわけですね。

冷え性改善

前述したように白湯を飲むと血行が良くなるので、体の先端まで血液が届きやすくなって冷え性の改善が期待できます。冷え性だと顔色がくすんで見えたり、肌荒れしやすかったり、脚がむくんだりしやすいので、それらの症状改善にも一役買ってくれるでしょう。

便秘解消

体が温まると内臓の動きが良くなります。その効果によって腸も活発に動くため、消化力がアップして便秘の解消につながるわけです。また、便秘は水分不足も影響して起こるので、白湯で水分を補給するという意味でも便秘解消に役立っています。

デトックス

白湯を飲むことで血流が良くなると、血中に溜まっていた老廃物が流れやすくなります。また、内臓が活発に動くと利尿作用が働くため、体に溜まっている老廃物を排出しやすくなります。

食事量の抑制

人の体は温かいものを取り込むと、副交感神経が優位になってリラックスした状態になります。食事のときにこの作用が働くと、脳は満腹状態だと錯覚して食事の量が抑制されるというメカニズムです。

白湯の作り方と飲み方をご紹介

実際に白湯を飲む健康法を取り入れたい方へ、ここでは白湯の作り方から飲むタイミング、アレンジレシピなどをまとめてご紹介しましょう。

沸かすだけ!?白湯の作り方

やかんを使った基本的な白湯の作り方は次の3ステップです。

1.やかんに水を適量入れて強火にかけ、沸騰させます

2.完全に沸騰したら弱火に落として10~15分待ちましょう

3.火からおろしたら温度が自然に下がるのを待ちます

水道水には不純物があるので、その不純物を除去するために10~15分沸かし続けましょう。簡単に作れる方法ですが、「都度お湯を沸かすのは面倒…」という方にはミネラルウォーターやピュアウォーターを利用して電子レンジで作る方法がイチ押しです。その際は、コップ一杯の水を500Wで1~1分半ほど温めてくださいね。

なお、一旦冷めた白湯は温め直しても元の効果が期待できないのでおすすめしません。飲む分だけを都度作るか、数時間なら保温ポットを使っても大丈夫なので少し多めに作って保温ポットに入れておきましょう。

飲む量や温度、タイミングは?

白湯を飲む量は一日に800mLが目安です。1回あたりコップ一杯(200mL)に留めて、朝昼晩のうちで3~5回に分けて飲むようにしましょう。飲み過ぎると胃酸が薄まって消化力がダウンしてしまうので注意してください。

白湯は熱すぎる状態で飲むと体に負担がかかるため、50~60℃くらいまで冷まして飲むのがベストです。ゆっくりと時間をかけながら飲んでくださいね。

そして、白湯を飲むタイミングでおすすめなのは「朝起きてからすぐ」と「就寝の1時間前」!朝一番に白湯を飲むことで内臓が温まって体が活発に動きます。就寝前に飲むとリラックス効果が高まり、睡眠の質を向上することができます。

飽きずに続く!おすすめのアレンジ

ただ、白湯を毎日飲んでいると飽きてくることもあると思います。そんなときは白湯に食材をプラスして変化をつけてみてください。それぞれ次のような効果も期待できますよ。

  • 白湯+はちみつ(消化吸収の向上、むくみ予防)
  • 白湯+レモン(肌の老化予防)
  • 白湯+生姜(脂肪燃焼効果)
  • 白湯+オリーブオイル(便秘解消効果、肌質改善効果)

白湯と水それぞれの特徴を知って賢く使い分けよう

白湯は血行促進や内臓の動きを活発にさせる効果、リラックス、食事量の抑制などの効果が期待できるメリットがあります。それだけでなく、白湯は胃腸への負担が少ないので、体にやさしいという利点もあるんですよ。

では、どんなときでも白湯を飲んだ方が良いのかというとそうでもありません。常温の水や冷たい水で水分補給した方が良い場合もあります。

たとえば運動でたくさん汗をかいたあと。常温の水や冷たい水は体への吸収が速いことがメリットなので、運動でたくさん汗をかいたときに飲むのに向いています。体温が上がりやすい環境下での水分補給や、熱中症・脱水症の予防でも常温の水か冷たい水が良いですよ。

このように、白湯と常温・冷たい水とでメリットが少し異なります。シーンによって使い分けて、上手に活用してください。

白湯を作るならアイザーピュアウォーター

白湯を電子レンジで簡単に素早く作りたいという方は、不純物が限りなくゼロに近い純水「アイザーピュアウォーター」を活用してみませんか?

アイザーピュアウォーターは、0.0006ミクロン以下の超微細な物質しか通さない「ROシステム(逆浸透膜ろ過システム)」を使って作られた純水です。このシステムによって不純物や細菌などを限りなく取り除き、99%純水のピュアウォーターを実現しています。

硬度は2mg/Lの超軟水で、白湯にしても口当たりなめらかで飲みやすいですよ。250mlのコンパクトなペットボトルに入っているので、使い切りやすくて便利なのも魅力的です。

アイザーピュアウォーターはミネラル分を含んでおらず、赤ちゃんからご年配の方まで安心して飲むことができるため、ぜひご家族で活用してみてください。

話は少し変わりますが、白湯を飲んで体の内側を整えても、体に疲れが残っていると活力が沸きにくいので健康的には見えないと思います。だからこそ、ヘルシー美人を目指すには疲労をため込まないことがコツ!疲労は乳酸が血中にたまることで蓄積される仕組みになっており、分解するためには酸素をしっかりと取り込むことが重要です。酸素は呼吸で取り込めますが、より効率的に補うなら酸素水や酸素カプセルなどを活用してみてください。

疲労回復には高濃度水素水!

疲労回復には高濃度水素水!

疲労回復を狙いたい方にオススメなのが、「高濃度酸素水オキシゲナイザー」です。

オキシゲナイザーには濃度の高い酸素がたっぷりと含まれており、酸素による恩恵をしっかりと受けることができます。酸素の量はなんと水道水の36倍ほど!これほど多く酸素を充填している酸素水は、なかなか見つかりませんよ。飲んで摂り入れる酸素は血中の酸素含有量が4〜5時間キープされるため、オキシゲナイザーでは次のような効果が期待できます。

【高濃度酸素水オキシゲナイザーで期待できる効果】
  • エネルギーの向上
  • 活力アップ
  • 疲労回復
  • ダイエット効果
  • 治癒力の向上
  • 免疫力アップ
  • 生活習慣病を含む病気の予防
  • 肌荒れ改善
  • 睡眠の質の向上
  • アンチエイジング
  • サプリメントの効果の
  • お酒の悪酔い、二日酔い症状の軽減 など

オキシゲナイザーはNASAが開発した『逆浸透膜過法』により精製された、純度99.99%のビュアウォーターに高濃度の酸素を充填しています。ミネラル、砂糖などは一切含まれておらず、もちろんカロリーもゼロなのでダイエット中の方も利用しやすいです。

なお、酸素水オキシゲナイザーは温めたり混ぜたりすると酸素が抜けてしまうので、白湯ではなく常温や冷やして飲むようにしてくださいね。

CONCLUSION

白湯は体にやさしく、さまざまな効果を与えてくれる魅力的な飲み物です。毎日少しずつ飲むことで健康的な体に導いてくれるので、ぜひ今日から実践してみましょう。運動後や日中の水分補給には常温の水・冷たい水がおすすめです。高濃度酸素水オキシゲナイザーならエネルギーの向上、疲労回復、ダイエットなどの効果も期待できるので、一緒に活用してみてください。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が充填されている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

食欲の秋「食べ過ぎた!」時の対策をご紹介

食欲の秋「食べ過ぎた!」時の対策をご紹介

食欲の秋「食べ過ぎた!」時の対策をご紹介

秋といえば食欲の秋!おいしい季節の食べ物も多く、ついつい食べ過ぎてしまうという方も多いのでは?この記事では、なぜ秋になると食べ過ぎてしまうのか、また食べ過ぎて蓄えた脂肪をスッキリさせる方法や太らないための代謝アップの方法、摂るとよい食材や水などを具体的にご紹介します。我慢しすぎもよくありません。おいしく食べつつ必要な栄養摂取や運動をして健康的な体を目指しましょう。

食欲の秋、ついつい食べすぎちゃうのはなぜ?

「食欲の秋」と言われるように、秋はついつい食べ過ぎてしまうことはありませんか?なぜ食べ過ぎてしまうのでしょうか?食べすぎは体重増加や体調不良につながることもあり注意が必要です。まずは食べ過ぎてしまう理由を知って対処法を考えましょう。

食べ過ぎる3つの原因

秋になってつい食べ過ぎてしまうのは主に次の3つの理由が考えられます。「気温の低下」「日中時間の短縮」「夏バテ解消」です。

・気温の低下

夏の間、30度以上の暑い日が続きますが、秋になると急に気温が下がり涼しくなります。気温が下がると体から熱が奪われてしまうので、そのままにしておくと体温が下がってしまいます。しかし人間の体は体温を一定に保とうとする機能があり、体温を保つための熱を作りだすためにエネルギー源を必要とします。人間のエネルギー源は食事なので、秋になり気温が下がることで、エネルギーを確保しようと食欲が増すのです。

・日中時間の短縮

日中の時間が短くなることも、食欲増進と関係しています。私たちは太陽の光を浴びると、脳の中に「セロトニン」という物質が増えます。セロトニンには食欲を抑える働きがあります。夏から秋にかけて、太陽が出ている時間が短くなると日光を浴びる時間が減ることと比例してセロトニンの量が減り、食欲が抑えられず食べ過ぎてしまうというわけです。

・夏バテ解消

夏は屋外の高温多湿な環境と、室内の冷房が効いた環境との温度差が大きいため、体温調節をする自律神経が乱れてしまい「夏バテ」になりやすいです。夏バテになると食欲が無くなるだけでなく、胃腸の働きが落ちるので、栄養が十分に摂れなくなります。秋になって涼しくなると、体調が回復して夏バテの症状がなくなり食欲も戻ってきて、食べ過ぎてしまいます。

食べ過ぎと体重増加を防ぐには?

秋になり涼しくなった事で戻ってきた食欲。ついつい食べ過ぎて体重増加につながる場合もあります。食べすぎや体重増加を防ぐためにはどうしたらよいでしょうか?

食欲をセーブするセロトニンの分泌を促す

食欲をセーブしてくれるセロトニンを増やすには、セロトニンの原料になるアミノ酸「トリプトファン」を十分にとる必要があります。トリプトファンは牛乳や乳製品、豆や豆製品、肉類、バナナ、アボカドなどに多く含まれています。

よく噛んで食べる

よく噛むと唾液がたくさん分泌されますが、唾液には「アミラーゼ」と呼ばれる消化酵素が含まれ、デンプンを糖に分解して、消化吸収を助ける働きにつながります。また、よく噛むことで、適量で食欲が満たされ、満腹を感じるようになります。また、咀嚼回数が増えると、ゆっくり食事をとるようになるため、血糖値の上昇が緩やかになります。これらの効果によって、食べ過ぎを防ぐことができます。

しっかり睡眠をとる

睡眠時間が不足すると、満腹ホルモンの「レプチン」が減って、空腹ホルモンの「グレリン」が増えます。また、睡眠不足が続くと脳が「危機的状況だ」と思い込み、食べ物からとったエネルギーを運動で使わずに脂肪細胞にため込もうとします。食欲を抑えるためには、十分な睡眠をとることが大切です。

食欲の秋で蓄えた脂肪をスッキリさせるには?

食欲の秋で蓄えた脂肪をスッキリさせるには?

食欲も出てついついたべすぎて太ってしまった方へ。蓄えた脂肪をスッキリさせるためにはどうすれば良いでしょうか?

むくみ対策でスッキリ!

老廃物や塩分が体に溜まると、顔、ふくらはぎ、足、お腹など体のあらゆる部分がむくんでしまいます。むくみをそのままにしておくと、太って見えたり、体がだるく感じたりします。むくみ対策には、以下のようなことが効果的です。

  • 長時間同じ姿勢を取らないようにする
  • 塩分を控える
  • バナナ、小松菜、アボカド、ブロッコリーなどカリウムを多く含む食材を食べる
  • リンパマッサージをする

夏バテで落ちた筋肉量を食事で戻す

暑さによる「夏バテ」で食欲不振になると、体に必要なタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが不足して筋肉量が落ちてしまいます。すると体力が落ちて疲れやすくなり、基礎代謝も下がって痩せにくい体になってしまいます。元の筋肉量に戻すために筋肉の材料となるたんぱく質などの栄養素を積極的に摂りましょう。白身や赤身の魚、鶏のささみなどは脂質が少なく、余分なカロリーを摂ることがないのでオススメです。

筋トレで筋肉量を増やし基礎代謝をアップ

基礎代謝とは、私たちが生命維持のために消費する、必要最小限のエネルギー代謝量のことを言います。何もせずじっとしている時でも心臓を動かす、呼吸をする、体温を維持するなどの行為でエネルギーは消費されています。基礎代謝量を上げれば運動していなくてもエネルギーを消費してくれるのでダイエット効果が期待できます。基礎代謝を上げるポイントは、筋肉の量です。 筋肉が増えると、その分消費エネルギーが増え、基礎代謝アップにつながります。 筋肉をつけるためには筋トレですが、ポイントを意識して行えば、ジムに通わなくても自宅で十分鍛えて基礎代謝を上げられます。ポイントは以下の3つです。

大きい筋肉から鍛える
オススメのトレーニングは、お尻や太もも、ふくらはぎなど下半身の筋肉を全体的に鍛えることができるスクワットです。

週3回、1日30分程度でOK
筋トレは毎日やらなくても、週に3回程度で十分筋肉量は増えます。あとは日頃から階段を使う、余裕があるときは1駅分歩くなど、日常生活の中でできる運動を心がけると、さらに効率よく基礎代謝量アップにつながります。

回数にこだわらない
「〇回×〇セット」など、回数はこだわらなくても大丈夫です。人によってできる回数は違うので、自分の体力に合わせて頑張ることが大切です。20回できる人が10回やっても筋肉を増やすことはできませんが、8回しかできなくても自分の限界まで頑張ることができれば、筋肉量を増やしていけるので、基礎代謝アップにつながります。

デトックス

老廃物や毒素を排出するデトックスは直接的に体重が減ったり脂肪が燃焼するようなことはありません。しかし、デトックスで代謝を高めたり便秘の解消などの効果が期待できます。デトックスの方法はさまざまで、固形物は摂らず、酵素ドリンクなどで栄養を補給しながら行う1日~1週間程度の短期間の食事制限をするファスティングや、肉と砂糖を使わない野菜たっぷりのデトックススープは、胃腸や血液を綺麗に健康にしてくれます。その他、消化や便通を促したり、新陳代謝をサポートする働きのあるハーブティーや、お水をこまめに飲むことも、血行促進につながりデトックスの一つと言えます。

デトックスや代謝アップに役立つ高濃度酸素水とは?

ここまで、食欲の秋に食べ過ぎて蓄えてしまった脂肪をスッキリさせる方法をいくつかご紹介してきました。最後に紹介したいのが、デトックスや代謝アップにつながる高濃度酸素水です。

高濃度酸素水のダイエット効果

人は常に呼吸し、生命を維持するために酸素を体に取り込んでいます。ダイエットに関して言うと、酸素の役割の一つとして血液の循環を促し新陳代謝を高めることが挙げられます。逆に酸素が不足すると、血行不良や新陳代謝の低下を招き、体内で老廃物が溜まりやすくなり太る原因になってしまいます。 高濃度酸素水は、水に高濃度の酸素を充填させた飲料水です。酸素を通常通り呼吸で吸引するより、水と一緒に消化器官(胃や腸)から吸収した方が体内で効率良く使うことができます。また消化器官から取り込んだ酸素は4~5時間ほど血液中に留まるので、効果も得られやすいと考えられます。

現代人の酸素不足

現代の生活環境は酸欠になりやすい状況が多いと言えます。地球環境の変化から都会や工場付近などは排気ガスや化学物質で空気が汚染され、数百年前は25%近くあった酸素濃度が、環境の悪化などが原因で20〜21%程度まで下がっています。また運動不足やデスクワークの増加で呼吸を深くする機会が減り、呼吸が浅くなると体内の酸素濃度も低くなり、酸欠を引き起こすこともあるのです。

高濃度酸素水オキシゲナイザー

酸欠状態になりがちな現代人にとって、酸素はより健康に欠かせないものですが、呼吸によって吸収するよりも効率の良いのが高濃度酸素水。でもいろんな種類があるのでどれを選んだら良いのか迷いますよね。選ぶポイントは、酸素の充填率です。より酸素の充填率が高いほど効率的に酸素を摂取できるからです。

水道水の36倍の充填率を誇るオキシゲナイザー

一般的な水道水は溶存酸素が3~5mg/Lであるのに対し、オキシゲナイザーは150mg/L、水道水の約36倍もの酸素を含んでいます。また、使用している水は、アメリカで海水淡水化国家事業として開発され、NASAが採用した、“逆浸透膜(Reverse Osmosis)濾過システム”により、限りなく不純物が除去された純度99%の世界で認められた安全な飲料水であるROウォーターを使用しています。「酸素濃度が高いと飲みにくいじゃ…」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、オキシゲナイザーは硬度2度の軟水なので、口当たりもまろやかで、赤ちゃんからご年配の方、妊婦さんまで安心して飲んでいただけます。

CONCLUSION

ついつい食べ過ぎて蓄えた脂肪は、適度な運動や筋トレ、また必要な栄養素を摂って基礎代謝を上げることで、スッキリさせましょう。基礎代謝アップに効果的な高濃度酸素水などをうまく取り入れることで、効率よく体質改善し、健康で若々しい体作りを目指しませんか?

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が充填されている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

夏バテを予防しよう!おすすめの対策を解説

 

夏バテを予防しよう!おすすめの対策を解説

夏バテを予防しよう!

近年の夏は暑さがさらに厳しくなって、「猛暑」「酷暑」という言葉がぴったりあってしまいますね。そんな厳しい環境の夏は、「夏バテ」をしてしまう方が多いです。そこで今回は夏バテの症状や原因についておさらいした後に、おすすめの対処法と予防法をご紹介します。あわせて夏の水分補給にぴったりの飲料もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

夏バテとはどんな症状?原因も知って回避しよう

「夏バテ」について聞かれたときに、どんな症状が現れて何が原因で起こるのか具体的に説明するのは難しいという方もいると思います。そこで夏バテの対処法・予防法を解説する前に、まずは夏バテについておさらいしておきましょう。

夏バテで現れる症状

夏バテをしたときに現れる症状で代表的なのは、次のものが挙げられます。

  • 体がだるい
  • 食欲がないor食事の量が減る
  • 不眠
  • 頭痛、めまい
  • 体が熱っぽくなる
  • イライラする
  • 気力がなくなる
  • 疲れやすくなる
  • 便秘or下痢の症状が現れる
  • 体重の減少
  • むくみ など

そもそも夏バテは病名ではなく、症状のことを指す言葉です。夏に現れる不調の総称であり、人によって現れる症状は異なります。「熱がないから夏バテにはなっていない」とは言い切れないので注意しましょう。

ちなみに、暑い季節に起こりやすい「熱中症」は夏バテとは別の括りです。熱中症は冷却療法や点滴などで治療することはできますが、夏バテの場合は体調が徐々に悪化する、または軽度の体調不良がずっと続くことが特徴なので明確な治療法はないのです。

夏バテを引き起こす原因

夏バテにつながる原因はさまざまありますが、主なのは外気温と内気温(室内温度)の温度差によって体温調整の機能がうまく働かなくなることです。

暑い日に外で活動した後、エアコンがしっかりと効いた室内へ入る、といったように温度差が激しい環境にさらされることで自律神経が乱れ、暑くてもうまく汗をかくことができなくなります。そうして体に熱がこもりやすくなり、夏バテを引き起こすのです。

この体温機能を調整する自律神経は気温差だけでなく、睡眠不足や冷たいものを過度に摂取すること、水分不足でも乱れてしまいます。夏バテを防ぐためにも、日々の習慣に気を付けて予防をしていきましょう。

夏バテになってしまったときの対処法は?予防法も覚えておこう

夏バテの原因をたどれば、結局「夏の厳しい暑さ」にたどり着きます。夏がすぎれば徐々に回復していきますが、つらい症状をそのまま放置していると悪化したり、なかなか解消されずに長引いてしまったりします。

夏バテに悩まされないためにも、適切な対処法を行って早期改善&予防を目指していきましょう。

夏バテの対処法

夏バテの対処法として有効なのは次の4つです。

  • 室温を28℃程度にする
  • ストレッチやマッサージ
  • 食事改善
  • 水分補給

外気温と内気温の差を少なくすると、自律神経が働きやすくなります。室内の温度が下がりすぎないように、設定温度を調整しましょう。またストレッチやマッサージも、自律神経を整える効果が期待できます。膝にある皿の下から指4本分降りたところに「足三里(あしさんり)」という体内の活動エネルギーをアップしてくれるツボがあるので、疲れを感じたときはここを押してみてください。

あとは、冷たいものを食べ過ぎないこと、朝昼晩一定の時間に食事をすること、水分をしっかり補給することを意識しましょう。

夏バテの予防法

夏バテを未然に防ぐために、次のことを試してみてください。

  • 適度な運動
  • 睡眠の質を高める
  • こまめに水分補給をする習慣をつける

運動は血行を促進して自律神経を整えてくれます。さらにストレス解消や食欲増進の効果も期待できるので、日々の習慣として運動を取り入れましょう。運動の習慣が今までなかった方は、ウォーキングやラジオ体操などの軽い運動から始めてみてはいかがでしょうか。

そして、疲労回復や自律神経を整えるには睡眠の質を高めることも大切です。熱帯夜が続くと寝苦しさを感じて睡眠不足になりやすいのですが、室温を調整したり(室温26~28℃、湿度50~60%が目安です)、就寝前にリラックス法を取り入れたりして、朝までぐっすり眠れるようにしましょう。

夏バテ予防や対処に必須の水分補給!効果的な飲料はコレ

対処法と予防法の両方の観点から押さえておきたいのが「水分補給」です。体の水分は細胞内だけでなく血液にも含まれており、血液内の水分が充足していれば酸素や栄養素が脳や筋肉にしっかりと届きます。反対に水分が不足すると血液の濃度が高くなってドロドロ状態になり、必要な成分が体の各部分に届きにくくなって頭痛や疲労感、イライラなどの夏バテ症状につながってしまうのです。

だからこそ、夏バテ対策&予防として水分補給はとても重要!体の水分が不足しないようにこまめな水分補給を心がけましょう。とはいえ、水分補給するならどんな飲み物でも良いかというと、そうではありません。アルコールやカフェインを含む飲み物は利尿作用があり、脱水を促してしまうこともあるので控えましょう。

夏バテ対策として飲み物を摂取するなら、次のような種類がおすすめです。

  • スポーツドリンク
  • 麦茶
  • ミネラルウォーター
  • 酸素水

人の体は汗をかくことによって、水分と一緒に塩分も排出されます。夏は汗をかく機会が増えるので、スポーツドリンクを飲んで水分&塩分補給をするといいでしょう。ただし、飲み過ぎてしまうと糖分を過剰に摂取してしまうのでご注意を。

また、麦茶や水はノンカフェインで利尿作用がありませんので、体の渇きを潤すのに重宝します。特に酸素水は、水分と酸素をダブルで補給できる夏バテ予防にぴったりの飲み物になります。

酸素の充填率が高い酸素水を選ぼう

酸素の充填率が高い酸素水を選ぼう

酸素は水分と同じく、人の生命活動を維持するための非常に重要な役割を担っています。それだけではなく、エネルギー効率を上げたり、疲労回復を促したり、自律神経を整えたりとさまざまな作用を発揮してくれているのです。

このように、体に必要不可欠な酸素を含んだ酸素水。酸素水を選ぶときは「安全性」と「酸素充填率」を基準に選ぶと失敗しませんよ。

そこでおすすめなのが「高濃度酸素水オキシゲナイザー」です。オキシゲナイザーは、NASAが開発した「逆浸透膜ろ過システム」によって、水が本来持っている成分以外の不純物を限りなく除去した安心安全な飲料水です。だから、赤ちゃんからご年配の方まで幅広く、毎日飲んでいただけます。

そして、オキシゲナイザーは一般的な酸素水よりも酸素の充填率が非常に高いことも魅力!一般的な酸素水は溶存酸素が20~50mg/Lであるのに対し、オキシゲナイザーは150mg/Lもの酸素を溶存しているんです。

酸素を体にしっかり取り込めれば、疲労回復や免疫力アップ、睡眠の質の向上、自律神経を整える効果などが期待できます。夏バテ対策として素晴らしい効果を発揮できると思いますので、ぜひ今年の夏はオキシゲナイザーをご活用ください。

CONCLUSION

今回は夏バテについてご紹介しました。夏バテは誰がいつ発症してもおかしくありません。明確な治療法もない症状なので、長引いてつらい思いをしてしまうこともあるでしょう。夏バテをしないためにも今から予防法を行って、健康的な体を維持してくださいね。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込まれている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

汗をかいていなくても熱中症になる!? 室内でも起こる熱中症の原因と対策

汗をかいていなくても熱中症になる!? 室内でも起こる熱中症の原因と対策

汗をかいていなくても熱中症になる!?

日差しが強く、気温が高い日に長時間外にいると熱中症になる危険性があるので気を付けてと言われますよね。それゆえ「部屋の中にいれば熱中症にならないから大丈夫」と思っている方もいるようですが、実は室内でも熱中症の危険性はあるんです!そこで今回は、室内で起こる熱中症について解説したあとに、おすすめの対策をご紹介します。

油断したら危ない!室内で起こる熱中症とその原因

総務省が2020年に公表したデータによると、熱中症で緊急搬送された人の4割以上が室内にいた方でした。熱中症というと外で起こるイメージもありますが、実は熱中症の発生場所で割合が高いのは「住居」なんです。

室内での熱中症がこんなに多いなんて驚きですよね。では、なぜ室内にいるのに熱中症になってしまうのでしょうか。

熱中症の原因

屋内での熱中症の原因は、「環境」「体」「行動」の3つが関係しています。

【環境に原因がある場合】
  • 部屋の温度または湿度が高い
  • 風通しが悪い
  • 直射日光が当たる場所にいる
  • エアコンがない部屋にいるorエアコンをつけていない

朝は過ごしやすい気温まで下がっていても、時間が経つにつれて外気温は上がっていくので、知らず知らずのうちに室温が30度を超えてしまうこともあります。気温が体温よりも高くなってしまうと、人の体は熱の放出が難しくなるので注意です。

【体に原因がある場合】
  • 疲れ
  • 寝不足
  • 二日酔い
  • 体調不良
  • 脱水症状

体に何らかの不調があると、体温の調整機能が低下してしまいます。体温調整が上手くできないことによって、体に熱がこもりやすくなり熱中症のリスクが上がるといわれています。

【行動に原因がある場合】
  • 水分補給が不十分

熱中症は体内の水分量が急激に下がることで、体温の調整機能が働きにくくなって起こります。室内にいると、のどの渇きを感じにくくなったり「隠れ脱水」を起こしていたりするので気を付けなくてはいけません。

なお、脱水はのどの渇きだけでなく、大量の発汗または汗が出ない症状、唇や皮膚の乾燥、尿量の減少などで判断することもできます。これらのサインを見逃さないようにして、隠れ脱水を防ぎましょう。

すぐ実践できる!室内での熱中症を防ぐ効果的な方法

熱中症は、年齢・性別関係なく起こり得る症状です。「私は大丈夫」と過信せず、対策をしておきましょう。

室内の温度と湿度を調整する

自宅にずっといると、温度や室温が徐々に高くなってきていても「暑い」と感じにくいケースがあります。部屋の温度・湿度が高くなってきたらエアコンを使って、しっかりと調整をしましょう。目安は温度28℃、湿度60%です。この数値を超えると室内でも熱中症のリスクが高くなるので、注意しましょう。

目で見て判断できるように温度計や湿度計を置くのもおすすめです。

日差しが室内に入るのを防ぐ

室内の温度が上がらないように、外からの強い日差しを遮ることも有効です。日差しが強い季節は、外から室内へ入ってくる熱の70%以上が窓から入ってくるといわれています。カーテンを遮光に変える、ブラインドやすだれを設置するといったように、日差しを遮るアイテムを活用して工夫してみてください。

生活リズムや体調を整える

寝不足や疲労、体調不良は熱中症になる危険を高めます。熱中症にかからない丈夫な体づくりをするためにも、生活リズムを整えて体のコンディションを良い状態にしておきましょう。そのためには、バランスのよい食事を心がけることも重要ですよ。

こまめに水分補給をする

熱中症を防ぐためには、やっぱり水分補給は欠かせません。人間の体は汗をかいていなくても、呼気や皮膚から水分が蒸発しています。室内にいるときは、のどの渇きを感じにくいケースもあるので、日頃から水分を摂る習慣をつけておきましょう。ポイントは「こまめに摂取する」ことです。一度に多くの水を飲んでも体に吸収されずに外に排出されてしまうので、少しずつこまめに摂取するようにしてくださいね。

飲み物も種類にこだわって利尿作用の低いものを選びましょう。さらに熱中症の予防効果をあげたい方には、酸素を含んだ酸素水がおすすめです。

こまめに水分補給を

水分補給に最適な酸素水とは?

酸素水は、その名の通り酸素を含んだ人気の水です。「酸素は呼吸に必要なもの」としか認識していない方も多いのですが、実は酸素は体内のエネルギー効率を高めたり、新陳代謝を促したりといろいろな役割を担っています。そして、「酸素はどのようなお悩みがある方にオススメですか?」と全国の医師を対象にしたアンケート調査では、次のような結果が出ています。

  • 疲れやすい方
  • 体調が崩れやすい方
  • 息苦しさを感じている方
  • 頭がぼーっとする方
  • 集中力が続かない方

体の酸素が不足すると疲労が抜けにくくなり、心身ともに不調が現れやすくなります。疲労や体調不良は熱中症を起こしやすくする要因にもなるので、酸素水でしっかりと体の酸素を満たしておきましょう。

参考:【全国の医師に調査!心身の不調は酸素と水が不足しているから!?】疲れやすい・集中力が続かない方必見!酸素水を選ぶポイントを解説

熱中症には通常の36倍の酸素を含んだ高濃度オキシゲナイザーがおすすめ

熱中症の予防効果をより高めてくれる酸素水。酸素水を飲むことで、水分補給だけでなく酸素が持つ体の機能を向上してくれる作用も同時に得ることができます。

酸素水はいろいろと販売されていますが、酸素の効果をしっかりと発揮させたいという方には酸素の充填率が非常に高い「高濃度酸素水オキジゲナイザー」がおすすめです。

オキシゲナイザーは、水分子以外の不純物をほぼすべて除去した99.9%純水のピュアウォーターを使用している酸素水です。そこに水道水の約36倍にもなる高濃度の酸素を1Lあたり150mgほど充填しています。この数値、実は世界でNo.1!「濃度が高いと飲みにくいじゃ…」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、オキシゲナイザーは硬度2度の軟水なので、飲みにくいなんてことはまったくありません。口当たりもまろやかで、赤ちゃんからご年配の方、妊婦さんまで安心して飲んでいただけます。

そんなオキシゲナイザーは次のような効果が期待できるので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

【高濃度酸素水オキシゲナイザーで期待できる効果】
  • 体力や疲労などの回復力アップ
  • 免疫力の向上
  • 生活習慣病を含む病気の予防
  • 持続力アップ
  • ストレスや不眠の解消
  • デトックス
  • 二日酔いの原因となる物質の分解
  • ダイエット効果
  • アンチエイジング など

なかでも注目したいのが、体力や疲労などの回復力アップが狙えること。オキシゲナイザーを活用すれば、水分補給と同時に疲労回復も叶えることができそうですね。

CONCLUSION

熱中症は汗をかいたり水分補給を怠ったりすることで、体内の水分量が急激に下がって発症しやすい症状です。また、皮膚や呼気から知らず知らずのうちに水分は失われているので、汗をかきにくい状況でも油断はできません。そして、夏場は何かと疲れが出てきて、熱中症につながりやすくなります。室内でもかかる可能性があるのでしっかりと対策をして未然に防ぎましょう。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込まれている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ビーチグッズを揃えて最高の海開きを!基本・定番の持ち物リスト

ビーチグッズを揃えて最高の海開きを!基本・定番の持ち物リスト

最高の海開きを!

夏といえば海。家族でもカップルでも、夏のイベントとして欠かせない海水浴。でもいざ行くとなると、何を持っていけばよいか迷いますよね。場所にもよりますが、プールとは違って快適に過ごすには、自分たちで必要なものを準備していく必要があります。ここでは、海に遊びに行く時にオススメの定番の持ち物リストをご紹介します。ぜひ万端の準備で夏の海を楽しんでください!

基本・定番の使えるビーチでの持ち物リスト紹介

夏といえば海水浴!キラキラ輝く太陽のもと、海で泳いだり、ビーチバレーや砂遊びを楽しんだり、海の家で焼きそばやかき氷を食べたりと、楽しいことがいっぱいです!
でも炎天下でのアクティビティなので、いろいろとトラブルが起きる心配も。ビーチで楽しく過ごすためにも十分な備えが大切です。

海水浴で持っていくべき便利な持ち物14選

持っていくべきものは、男女によって、また一緒に行く人やその人数によっても変わるでしょう。マリンスポーツをするのか、子連れなのかカップルなのかなど状況に合わせてリストの中から必要なものをピックアップしましょう。

水着&ラッシュガード
水着は誰もが持っていくべきもっとも基本的な装備です。また上に羽織るものとしてラッシュガードがオススメです。紫外線を防いでくれると同時に岩場等での切り傷などから皮膚を守ってくれます。

バスタオルと着替え
こちらも基本の装備ですね。濡れた体を拭くだけでなく、ビーチの椅子にかけたり、水滴のついた飲み物を拭いたり、羽織って日焼けから肌を守ったりと何かと出番の多いタオルは少し多めに持っていくと安心です。また着替えも砂や海水がついて汚れてしまうかもしれませんので、あると快適な状態で帰宅できます。

ビーチパラソルまたはテント
ビーチには日陰がない場合が多いです。ビーチパラソルやテントで日差しを遮ることのできる休憩スポットを作っておくと良いでしょう。ビーチパラソルの方が海の雰囲気は楽しめますが、太陽の角度によって、向きを変える必要があります。テントは屋根があるので、日差しをよりカットしてくれるでしょう。

日焼け止め
日差しの強いビーチや海水浴の必須アイテムです。日焼けや肌トラブルの原因になるので、女性や肌のデリケートな子供だけでなく、男性も日焼け止めは塗っておいた方が良いでしょう。
日焼け止めにはさまざまな種類がありますので、強さや質感など、自分に合ったものを持っていきましょう。

医療キット
海底の小石やビーチの貝殻で手足を切ったり、クラゲに刺されたりと、ちょっとした怪我をすることもよくあります。消毒液や絆創膏などの簡単な応急セットだけでも良いので持っていくといざというときに役立ちます。

小銭入れ
海の家で飲み物や食べ物を買うために多少のお金が必要になることもあるでしょう。いつものお財布を持っていくと盗難や紛失の恐れがあるため、必要最低限のお金を小銭入れなどに入れて行くと良いでしょう。

防水の貴重品入れ
ビーチや海で写真を撮りたい、連絡を取るようにスマホはもっておきたい、という場合に備えて、防水のバッグやケースなどを準備しておくと良いでしょう。しかし、盗難や紛失、故障の恐れもあるので最低限のものを持っていく方がよさそうです。

携帯充電器
海やビーチでスマホを使う機会もあるでしょう。充電できないことがほとんどですので、常に連絡が取れるようにしておくためにも、携帯充電器をもっておくと安心です。

マリンシューズ
砂浜を素足で歩くと、小石や貝殻で足を切ってしまう恐れがあります。また、砂浜だけでなく、ごつごつし岩場や、貝殻や漂流物などの多い浅瀬など、素足で歩きにくい場所にも便利なのがマリンシューズです。ビーチでも海でも履いたまま泳ぐことができます。砂浜を歩くだけならビーチサンダルでもよいのですが、履いたまま海に入ったり泳いだりすると流れてしまうので、海にもそのまま入れるマリンシューズがオススメです。

レジャーシート
砂浜は日差しの熱を吸収しとても熱くなるので、レジャーシートを用意しておくと良いでしょう。
足を延ばしたり、横になって休めるよう、大きめサイズのレジャーシートがあるとより快適に過ごせます。

クーラーボックス
強い日差しから体を冷やす冷たいドリンクや食べ物を保存しておくだけでなく、小銭入れやスマホなど、海に入れたくない貴重品などを一次的に保存しておく場所としても使えます。汎用性の高い便利アイテムなので、小さなものでもいいので持っていくことをオススメします。

キャリーワゴン
テントやパラソルなどの大きな荷物も含めると必須アイテムだけでも結構な重量があります。手持ちでは大変なので、荷物が多い場合は、引っ張って運べるキャリーワゴンがあると便利です。

浮き輪やゴムボート
泳げるという方でも、予想以上に潮の流れが強く流されてしまったり、足がつってしまったときなど、もしもの時のためにも持って行っておくと何かと安心です。遊びの幅も拡がりますよ!

ビニール袋
これぞまさにあれば便利な一品です。濡れた水着やタオルを入れたり、食べた後のごみを入れたり、拾った貝殻を入れたりと、何かと役にたつので、何枚かもって置くと良いでしょう。

水分補給もしっかりと!持久力・回復力アップの高濃度酸素水

ビーチや海へ行くときの基本の持ち物をご紹介しました。ここでは、海水浴中やビーチで心掛けたい水分補給について解説します。

脱水症状や熱中症の予防にはこまめな水分補給

日差しの強いビーチでは汗を大量にかいたり、利尿作用のあるアルコールをたくさん摂取することで、水分不足になってしまうことがあります。また、海で泳いでいると、のどの渇きに気づきにくく、十分な水分補給ができず、脱水症状になってしまうこともあります。
脱水症状だけでなく、海水浴では直射日光を浴び続けることで、体温調節機能が働きずらくなり、熱中症になる危険性もあります。脱水症状や熱中症を防ぐ基本的な対策は水分補給です。のどの渇きを感じる前にこまめに補給することが大切です。

水分補給と一緒に塩分補給も

人間の体は汗をかくと水分と一緒に塩分も失われます。水分補給と一緒に塩分の補給も心がけましょう。スポーツドリンクや 食塩 と ブドウ糖を混合して、適切な濃度で水に溶かした経口補水液だと簡単に水分と塩分を補給できます。しかし、スポーツドリンクや経口補水液は糖分を多く含んでいるので、飲みすぎには注意が必要です。

疲労回復効果のある高濃度酸素水を

水分補給におすすめの飲み物として、高濃度酸素水があります。酸素には、疲れやだるさの原因である乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ排出してくれる働きがあります。効率よく酸素を体に取り込めば、短時間で疲労回復が期待できるので、海水浴で体をいっぱい動かし、さらには直射日光を存分に浴びて疲れ切った体には疲労回復の効果が期待できます。

36倍の酸素が充填されたオキシゲナイザーをビーチのお供に

オキシゲナイザーをビーチのお供に

高濃度酸素水としておすすめしたいのが、オキシゲナイザーです。水道水の36倍の酸素を充填したオキシゲナイザーはビーチのお供に最適です。高濃度酸素水は、疲労回復だけでなく、体内でのエネルギー生産も助けます。体を動かすエネルギーを作り出すには、糖質と脂質、そして酸素が必要不可欠だからです。では高濃度酸素水のオキシゲナイザーにはどんな特徴があるのでしょうか?

不純物99.9%除去したピュアウォーターを使用

オキシゲナイザーは、逆浸透膜(RO膜)を用いてろ過することで、水分子以外のほとんどすべての不純物を除去した99.9%の「純水」、「ピュアウォーター」と呼ばれる水に、水道水の約36倍もの高濃度の酸素を充填した高濃度酸素水です。

世界最高水準の充填率

ヨーロッパで30年以上研究された「飲む酸素療法」を背景に、20年かけて開発され、世界特許を取得した技術とマシーンによって製造された、世界最高水準の充填率を誇る酸素水です。

安心安全な高濃度酸素水には病気予防や美容効果も

オキシゲナイザーは、硬度2度の軟水で、安全で飲みやすく、赤ちゃんからご年配の方、妊婦さんにも安心して飲んでいただける水です。高濃度の酸素を水から補給することで、血液中に取り込まれた酸素は4〜5時間の間、血液中にとどまり、海水浴や浜辺での疲労の回復だけでなく、病気予防や免疫機能改善、美容やダイエット効果、持久力アップなどさまざまな美や健康の効果が期待できます。

CONCLUSION

夏本番。何歳になっても海水浴やビーチで遊ぶのは楽しいものです。しかし炎天下の、自然の中でのアクティビティですので、怪我や熱中症、脱水症状などさまざまなトラブルが考えられるので十分な備えが大切です。持ち物リストから状況に合わせて必要なものをピックアップし、準備をして出かけましょう。ぜひ、疲労回復効果が期待できる高濃度酸素水、オキシゲナイザーも持ち物リストに加え、楽しい夏のひと時をお過ごしくださいね。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込まれている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

寝苦しい熱帯夜でもぐっすり睡眠するコツ

寝苦しい熱帯夜でもぐっすり睡眠するコツ

寝苦しい熱帯夜

夏は季節柄、夜も暑くなって寝苦しくなりますよね。寝苦しさを感じて睡眠不足になってしまうと、日中のパフォーマンスが下がったり体に不調が現れたりして、日常生活でつらい思いをすることもあるでしょう。そこで今回は、夏でも睡眠の質を落とさないコツをご紹介します。夏がスタートする前にコツをマスターして、熱帯夜での寝苦しさを感じにくい体を手に入れましょう。

夏は暑くて寝苦しいけど…睡眠の質は大丈夫?

人は深部体温が徐々に下がることで眠くなり、寝ている間に汗をかいたり手足から熱を放出したりすることで、深く眠ることができます。

しかし、最低気温が25℃以上になる熱帯夜だと、体の体温調節が上手くできなくなって、寝つきが悪くなったり、寝苦しくて睡眠が浅くなったりするのです。

また、暑さによって大量の寝汗をかいてしまうと、体が濡れた不快感によって目を覚ましてしまうこともあります。

こうして夏の寝苦しさで睡眠不足に陥ってしまうと、次のような症状が起こることがあります。

  • 日中の強い眠気
  • 頭痛
  • 疲れや倦怠感
  • 吐き気
  • 意欲、思考力、記憶力の低下
  • 免疫力の減少
  • ストレスを感じやすくなる
  • 食欲不振
  • お肌の不調
  • 生活習慣病

上記の症状に身に覚えがある方は、すでに睡眠不足になっているかもしれないので、本格的に夏が始まる前に睡眠不足の解消に努めましょう。

ただし、睡眠不足は一日二日いっぱい寝たとしても解消されず、さらには質の悪い睡眠を長くとったとしても、それは心身の休息には役に立たないとも言われています。

睡眠時間が長くても、その睡眠が心身の休息につながらなければ無駄になってしまうので、睡眠は「どれだけ寝むるか」という睡眠時間も大切ですが、時間だけでなく睡眠の質も重視しなくてはいけません。

睡眠の質はとても大切!

睡眠は心身の回復を図る役割があります。睡眠の質が下がると、睡眠不足になって前述した症状を起こしやすくなります。

反対に質の高い睡眠ができると、生活のリズムが整って日中の状態が良くなり、活動的に過ごすことができます。また、質の高い睡眠は体内のホルモンバランスを整える効果もあり、免疫力や基礎代謝のアップに効果的です。

夏は暑さによって昼間にたくさんの体力を消耗しますし、エアコンが効いていても体は自然と疲れを感じます。だからこそ、夏は質の高い睡眠でリカバリーすることが大切なのです。

夏でもより良い睡眠をとり、ぐっすり眠るコツ

近年の夏は熱帯夜になる日が多く、暑さからくる寝苦しさによって睡眠の質が下がりやすくなっています。ここでは快眠につなげるコツをご紹介するので、より良い睡眠をとって夏をパワフルに過ごすためにもぜひマスターしましょう。

入眠の2時間前に体を温める

人は体の芯の温度が徐々に下がっていくことで自然と眠くなります。その仕組みを利用して、寝つきを良くしましょう。お風呂の温度は38~40度のぬるめに設定して、夏でも10分以上湯船に浸かるようにすると良いですよ。

ただし、入浴直後は体の芯の温度が上がっている状態なので、寝つきも悪く、もし眠れたとしても睡眠が浅くなってしまうので逆効果になってしまいます。

お風呂は入眠の2時間前までに済ませるようにして、徐々に深部体温が下がるようにしましょう。

寝室内の温度と湿度を調整する

快眠に必要な寝床内環境は、温度28℃が理想といわれています。室内の温度を下げすぎると翌朝だるく感じたり、風邪を引いたりすることがあるので注意しましょう。温度は28℃が理想とお伝えしましたが、人の体感温度は個人差があるので、温度はあくまで目安として自分の心地良い環境になるよう調整してください。

また、快適に眠るためには室内の湿度も重要です。夏は温度にばかり目がいきやすくなりますが、湿度にも注目して調整をしましょう。むし暑く感じるときは、除湿モードで湿度を下げるのも効果的ですよ。ちなみに、湿度は50%が理想的といわれています。

寝具とパジャマを快適なものにする

理想的な温度と湿度を保つには、通気性や放湿性が高い寝具を選ぶこともポイントです。掛け布団、敷布団(マット)は通気性・放湿性に優れたものを選び、除湿パッドも活用して汗をしっかり吸収させて快適な眠りを実現させましょう。

なかには「暑苦しいから」という理由で掛け布団を使わない方もいますが、それはNGです。汗が吸収されず寝心地が悪くなりやすいですし、エアコンや扇風機の風が体に直接あたってしまうと冷えすぎて体に不調をきたす場合があるので注意しましょう。

そして、夏は寝るときのパジャマもこだわってみてください。熱や湿度を適度に発散してくれて、吸湿性・通気性の良いものがおすすめです。

きつめのサイズのものだと通気性が悪くなったり、窮屈に感じて寝苦しさを感じたりするので、普段着ているもののワンサイズ上を目安にして選んでみてはいかがでしょうか。

寝る前の水分補給について

水分補給

実は、寝る前の水分補給も快眠の大切なポイント。寝る前に水分を摂ることで寝ている間の脱水を防ぎ、体温調整をしやすくしてくれます。寝ている間の発汗は体の温度をゆっくりと下げて、心地良い睡眠を継続させてくれる効果があるため、体に水分がしっかりあると朝までぐっすり寝ることができるのです。

寝る前の水分補給をお決まりのルーティーンとして取り入れると、体を寝るモードにしやすくなるので、ぜひ習慣づけてみてくださいね。

寝る前の水分補給では、少し気を付けたいポイントがあります。それは、「飲む物」「飲み方」「量」です。

飲む物

飲む物は水やハーブティーがオススメで、逆に利尿作用のあるカフェインを含む飲み物、覚醒作用のあるアルコールは避けるようにしましょう。寝る前に飲む水分として酸素水を選ぶと、酸素が持つ疲労回復効果や免疫力アップ効果などを得ることが期待できます。「高濃度酸素水オキシゲナイザー」は世界No.1の酸素充填率を誇るので、酸素水を選ぶならぜひこちらをご活用ください。

飲み方

暑い日は冷やした水分を摂りたくなりますが、キンキンに冷えた水分は胃腸に負担をかけてしまうのでNG。胃腸に負担をかけないためにも、常温か温かくしたものを飲むようにしましょう。温かくしたものを飲むときはゆっくり少しずつ飲んでくださいね。

寝る前に水分を摂ったほうがいいからといって大量に飲んでしまうと、体が吸収できずに夜中に何度もトイレに起きてしまいます。そうすると睡眠の質が下がったり、寝不足になったりするので、就寝前に水分を摂るときはコップ一杯にとどめるようにしましょう。

CONCLUSION

暑くて寝苦しくなる夏時期は、睡眠の質が下がって寝不足になりやすいです。寝不足でつらい思いをしないためにも快眠できるコツを覚えて、習慣化していきましょう。寝る前の水分補給も快眠につながるので、ぜひルーティーンとして取り入れてくださいね。その際は、ぜひ「高濃度酸素水オキシゲナイザー」を選んでみてください。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込まれている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ