コラム

5月病の症状から抜け出すための気分リフレッシュ方法

五月病の症状から抜け出すための気分リフレッシュ方法

4月に新年度がスタートして、そろそろ周りの環境も落ち着くころではないでしょうか。だというのに、「なんだかやる気がでない…」「なんとなく調子が悪い」「会社に行きたくない」といった気持ちになることがあります。それはもしかしたら、あなたの体に五月病になっているのかもしれませんよ。そこで今回は五月病について解説し、その症状から抜け出すコツをご紹介します。

五月病ってどんなもの?

4月の後半から5月の1週目にかけて、この期間は仕事や学校が休みになる方も多いですよね。このゴールデンウイーク(GW)は良いリフレッシュの期間にもなりますが、一方で新年度が始まって張りつめていた緊張がプツっと切れてしまうタイミングにもなります。そうすると連休の最後、または連休が明けてから「五月病」になることもあります。

五月病の原因

そもそも五月病は、5月のときに心や体に異変が出る状態を指します。先ほどからお伝えしている通り一般的に「五月病」とよく呼ばれますが、実は五月病は正式な病名ではありません。なので、医療機関を受診したとしても「五月病」という診断名はつかないのです。

では、五月病は医学的になんと言われるのかというと、「適応障害」「うつ病」「不眠症」「パニック障害」などといった病名が使われます。五月病の原因は明確にはされていませんが、環境の変化やストレスを溜め込んだことが影響を与えるのではないかと言われています。

五月病のセルフチェックをしてみよう!

まずは、以下の項目にどれぐらい当てはまるかチェックしてみてください。

やる気がでない
なんとなく調子が悪い
漠然とした不安感に陥る
少しのことでイライラする
気持ちが焦ってしまう
夜なかなか眠れない
途中で何度も起きてしまう
必要以上に早く目が覚めてしまう
疲労感が抜けない
食欲がない
遊びといった楽しいことでも意欲がわかない
人と関わるのが面倒

あなたはいくつ当てはまりましたか?この項目で1つ以上当てはまれば、五月病の可能性ありです。今は五月病になっていなくても、予備軍の状態なので予防に努めましょう。

もし5つ以上当てはまってしまった場合は、五月病の可能性が高いです。次からご紹介する、症状を抜け出すためのポイントとリフレッシュ法を覚えて、改善を目指していきましょう。

五月病の症状から抜け出すためのポイント

五月病の症状から抜け出すには、自律神経を整えることが大切!自律神経は心身を活発にしたり、リラックスさせたりする重要な神経です。この自律神経が乱れると五月病になりやすくなるので、以下のポイントを押さえて自律神経を整えていきましょう。

体のリズムを整える

体のリズムは睡眠と関係があり、その睡眠は自律神経に大きな影響を与えます。まず、体のリズムが崩れてしまうと睡眠不足になったり、睡眠の質が下がったりします。そうして睡眠が上手くできなくなると、自律神経が乱れてリラックスできない、イライラしやすいといった症状を起こしてしまうのです。

体のリズムを整えるために重要なのは、早寝早起きとバランスの良い食事。朝日が昇る時間にしっかりと起きて、日をまたがないうちに寝るようにしましょう。また、朝日を体に浴びることで体内時計をリセットし、15〜16時間後に眠気が訪れるので、起きたらカーテンを開けて朝日を浴びてくださいね。

食事面でいうと、1食抜いたり栄養バランスの偏った食事をしたりするのはご法度です。バランスの良い食事を心掛けて、自律神経を整えていきましょう。

適度な運動を取り入れる

運動は健康維持だけでなく、血行促進や筋肉の硬さをほぐす効果が期待できます。人の体は、運動不足や血行不良になると筋肉が緊張して硬くなります。そして、硬くなった筋肉がまわりにある神経を圧迫して、自律神経にも影響を与えます。適度な運動は自律神経を整える効果を発揮する、ということですね。

とくに有酸素運動やストレッチは無理なく取り入れることができるので、ぜひ今日からでも取り入れてみてください。有酸素運動ではウォーキングや軽めのジョギングがオススメです。ストレッチはヨガを取り入れても良いですし、いろいろな筋肉を効率的に動かせるラジオ体操もイチ押しですよ。

そして、運動時にはしっかり水分補給することを忘れないでください。運動時に体の水分が不足すると、血流が悪くなって運動によって得られる効果が減ってしまいます。それだけでなく、めまいや頭痛の症状を引き起こすこともあります。

運動をするときの水分補給は、運動前後に常温の水をコップ1杯ほど、運動中は20〜30分おきに200mlほどを目安に飲むと良いですよ。

友人や家族、同僚などとのコミュニケーションを大切にする

人と関わると、相手の気持ちを考えたり自分の意見をどう伝えるか悩んだりしてストレスになることもありますよね。ですが、心を許せる人と関わることで、精神的にラクにもなります。五月病になってしまったときは気分も落ち込みやすくなるので、心を許せる人と話をしてリフレッシュしましょう。

また、友人や家族、同僚などで同じような悩みを抱える人がいたら、その悩みを共有してみてはいかがでしょうか。悩みや愚痴を吐き出して、それを受け止めて共感してもらうことでもストレス解消につながりますよ。

五月病を解消に導く!自宅でできる気分のリフレッシュ法

ここでは、自宅で気軽に取り入れられる気分のリフレッシュ法をご紹介します。

酸素水で体の中からリフレッシュ

酸素はストレスの緩和、疲労回復、不眠症解消、病気の予防などの効果が期待できます。酸素をしっかりと取り入れることで、五月病の症状を改善へとつなげられそうですね。

酸素の効果をより効率的に得られるのが「高濃度酸素水オキシゲナイザー」!オキシゲナイザーには、一般的に酸素水として販売されている商品の3倍ほどの酸素が充填されており、酸素の効果を十分得ることができます。

とくに仕事や運動をしているときは、動きに集中して水分補給も忘れがちなので、ぜひオキシゲナイザーを活用して酸素と水分を同時に摂取してください。

アロマなどの香りでリフレッシュ

心地良いと感じる香りは、体をリラックスした状態へ導くことができます。とくにフローラル系のラベンダー・ローズウッドなどは脳を癒し、気分を沈めてくれる効果が期待できるので、ぜひアロマや保湿クリームなどを使って就寝前に取り入れてみてくださいね。

お風呂に使ってリフレッシュ

入浴で体を温めることによって、心や体に溜まった疲れを癒すことができます。そして入浴で体の芯を温め、お風呂上りから就寝にかけて徐々に熱が下がると自然と眠気が訪れて、質の高い睡眠を取ることができます。

ただし、お風呂の温度が高すぎると、脳が活発になってリラックスできなくなってしまうので注意!38〜40度のお風呂にゆっくり浸かって、リラックス状態へと導きましょう。そして、お風呂上りにはぜひオキシゲナイザーを飲んでくださいね。

セルフマッサージ

マッサージは、筋肉をほぐす効果や血行促進効果が期待できます。そして、心地良いマッサージは心身ともにリラックスさせてくれるので、疲れを感じたときにやってみましょう。

とくに肩まわりは筋緊張を起こしやすいので、マッサージでほぐすと良いです。デスクワークや長時間のパソコン操作で硬くなりやすいため、1時間に1回は休憩を挟みながら軽くセルフマッサージをしてみましょう。

CONCLUSION

五月病は環境の変化やストレスを溜め込んだこと、自律神経が乱れることで起こる症状です。年齢や性別に関係なく、誰でも起こる可能性があるので「自分には無関係」と思わずに、できることを行って予防しましょう。五月病の改善・予防には酸素をしっかり取る方法もオススメですよ。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

「酸素水」と「シリカ水」の成分は何がどう違うの?

「酸素水」と「シリカ水」の成分は何がどう違うの?

美や健康維持に必要不可欠な酸素と水。その酸素を高濃度に充填した水があるのをご存じですか?
高濃度の水には、美肌やアンチエイジング、ダイエットなどの美容効果や、ガンや糖尿病などさまざまな病気の予防、免疫力アップなどの健康面での効果も期待されています。ここでは、通常の水道水の約30倍もの酸素を充填させた高濃度酸素水オキシゲナイザーに含まれる酸素やシリカの効果効能について詳しく紹介していきます。

酸素水に含まれている「酸素」は
ダイエット・ストレス・健康を幅広くサポート

普段の生活の中で、酸素を取り入れていると意識しながら呼吸をしている人はあまりいないでしょう。しかし酸素は生きていくうえで必要不可欠です。なぜなら人は毎日食事をすることで食べ物からエネルギーを作りだしていますが、そのエネルギーに変換するために必要なのが酸素だからです。また、酸素は蓄えておくことができないので、寝ている間も常に呼吸をし続けているのはそのためです。

酸素不足が及ぼす体への影響

医師で細菌学者の野口英世博士は酸素欠乏について、「病気とは、人間の体を組織している細胞が正常な能力を失っている状態だととらえ、その原因の8割は酸欠状態にある」、との考えを述べています。

そのほか、ガン、脳卒中、心臓病、動脈硬化などの病気は酸素不足が最大の原因との考えを示した文献や、酸素は酸化防止や認知症予防に効果がある、など酸素に関するさまざまな研究があることからも、酸素は人の体にとって大切なものであるということは間違いないようです。

また、体内に取り込まれた酸素は、細胞内で糖質や脂肪がエネルギーに変換される際、燃料の役割を果たしています。そのため酸素が不足するとせっかく取り入れたエネルギー源が活用できなくなってしまいます。さらには細胞の機能も低下し体力の衰えや疲労も感じやすくなります。

酸素が体内に増えると何がいいの?

一方で酸素を体に十分に取り入れると効率的にエネルギーを生み出すことが可能になります。エネルギー源となる糖質や脂質の燃焼を促す酸素。この3つの要素が絶え間なく細胞に供給されることで、筋肉や内臓の働きが活発になり、持久力や回復力の向上が期待できるそうです。さらに、酸素が細胞に十分にいきわたることで、新陳代謝も上がり体の機能改善などの効果も期待できるそうです。

高濃度酸素水が体にもたらす効果

酸素は体内でのエネルギー効率を高めたり、新陳代謝を促すなど、生命維持にも健康にもとても重要な役割があることがわかりました。ではその酸素を通常よりも多く含んだ高濃度酸素水にはどんな効果が期待できるのでしょうか?

  • アンチ-エイジング:細胞の代謝を促すことで体の老化を遅らせ、若さを保つ効果があります。
  • 病気予防:酸素を血液中に多く取り込むことで免疫機能が向上し、ガン、糖尿病、片頭痛などさまざまな病気の予防・改善の効果が期待できます。
  • 集中力アップやアルツハイマー予防:脳は体のなかで最も酸素を必要とする器官です。脳に酸素が十分に供給されることで、集中力アップ、安眠、精神安定、ストレス軽減や疲れ目、またアルツハイマーの予防にも良いとされています。
  • 二日酔いやタバコの吸いすぎ:タバコによる低酸素症の改善や、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解に効果があるといわれています。
  • ダイエット:酸素摂取量を増やすことで体内脂肪が燃えやすくなる効果が期待できます。
  • 美容:細胞のすみずみまで酸素がゆきわたることで、新陳代謝が活発になり体内で発生するガスや不純物の排泄を促進させ、ハリと潤いのある肌を保つ効果があると考えられます。

酸素水に含まれている「シリカ(ケイ素)」は
ダイエットや健康をサポート

高濃度酸素水には、シリカというミネラルも含まれています。ここではシリカとは何か、体の中でどのような働きをするのかを紹介します。

シリカ(ケイ素)とは何か

シリカとは、ケイ素とも呼ばれるミネラルの一種で、人体、特に皮膚や血管、髪、爪、骨、細胞壁などに含まれ、あらゆる臓器の老化や酸化を防いでくれる、健康維持に欠かせないミネラルです。しかし体内に蓄えているシリカは、年齢を重ねるとともに減少し、体内で作り出すことができないので、食事などから摂取する必要があります。シリカを多く含む食材は、例えば青のりやワカメ、ごぼう、ジャガイモ、玄米、ほうれん草、バナナなどです。

シリカ(ケイ素)の働きとその効果

シリカには抗酸化作用やデトックス効果がよく知られていますが、他にもさまざまな効果効能があります。

  • 骨・歯・爪などを強くする:シリカには体内部の組織や繊維をつなぎ合わせる働きがあり、骨密度を高くしたり、歯や爪、髪の毛の強度を高めてくれます。
  • 美肌効果:肌の保湿を保つ潤い成分ヒアルロン酸や、肌の弾力を保つのに必要なエラスチンを結びつけ肌の細胞組織を丈夫にしてくれる働きがあります。また美肌の素となるコラーゲンの生成を助ける効果もあります。
  • 動脈硬化の予防:シリカは、動脈硬化の原因の一つである活性酸素を除去して体外に排出する効果があります。また、しなやかな血管の形成を助け、血管年齢の衰えを防ぎ、動脈硬化の予防につながります。
  • ダイエット効果:シリカは腸内環境を整える食物繊維にも入っている成分です。またシリカは体内の細胞の活性化を促すので、腸の細胞も活性化されてぜん動運動も活発になり便秘解消の効果も期待できます。また、老廃物を体内から排出させるデトックス効果もあります。

ダイエット・ストレス・健康を気に掛けるファーストステップは
「オキシゲナイザー」からチャレンジ

オキシゲナイザーは、ROウォーターと酸素のコラボレーションから生まれた「美しい体」を維持するための高濃度酸素水です。美や健康を意識する方々が注目し、2006年の発売開始以来、日本だけでなく世界中で飲まれているオキシゲナイザーとはどんな水なのか、詳しく紹介していきます。

水道水の36倍の酸素

オキシゲナイザーには通常の水道水と比較して約36倍もの高濃度の酸素を充填しています。ヨーロッパで30年以上研究された「飲む酸素療法」を背景に、20年かけて開発され、世界特許を取得した技術とマシーンによって製造された、世界最高水準の充填率を誇る酸素水です。
なぜ水道水の36倍の酸素を充填しているかというと、最も機能性を持ち、かつ安全である酸素充填率だといわれているからです。

ROウォーターとは?

オキシゲナイザーに使用されている水は、逆浸透膜(RO膜)を用いてろ過することで、水分子以外のほとんどすべての不純物を除去した99.9%の「純水」、「ピュアウォーター」と呼ばれる水です。米航空宇宙局(NASA)が採用した、宇宙に唯一持っていける安全な水といわれています。

初めての方にオススメの「オキシゲナイザー」

オキシゲナイザーは硬度2度の軟水で、安全で飲みやすい水なので、赤ちゃんからご年配の方、妊婦さんも安心して飲んでいただけます。高濃度の酸素を水から補給することで、血液中に取り込まれた酸素は4〜5時間血液中にとどまり、病気予防や免疫機能改善、美容やダイエット効果、持久力アップなどさまざまな美や健康の効果が期待できます。

もう手放せない!酸素水ミストで潤う美肌

ROウォーターに高濃度酸素を充填させたオキシゲナイザーをスプレータイプにした「オキシゲナイザー酸素水ミストスプレー」はどんな場面で使用し、どんな効果が期待できるのでしょうか?

肌のターンオーバーに必要な酸素と水分を補給するミストスプレー

肌は、外気・紫外線・ストレス・毛穴のつまりなどの影響で、常に酸素不足になりやすい状態です。酸欠状態の皮膚は代謝機能が衰え、ターンオーバーが上手にできないため、くすみ・シミ・しわ・たるみ・肌荒れなどのさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。これらを解決するのが酸素で、現在では美容業界でも酸素を取り入れたケアが定着しています。

微粒子ミストが肌に素早く浸透

肌のターンオーバーに欠かせない酸素と水分を微粒子のミストでダイレクトに肌に浸透させる酸素水ミストスプレー。肌は潤いだけでなく酸素も必要としています。医学的研究で肌の上層部(0.25mm〜0.40mmの深さまで)は特に酸素の影響に敏感であると言われています。

使い方いろいろ、便利な携帯できるミストスプレー

酸素水ミストスプレーは、肌や髪の毛から20㎝ほど離して円を描くように2〜3秒ほど吹きかけて使います。
プレ化粧水やメイク直しとして顔に、寝ぐせ直しや潤い補給として髪の毛に、そのほか日焼けした肌のクールダウンやスポーツ後の肌のうるおい補給など、さまざまなシーンで活用できます。
朝のお出かけ前の支度に、外出中の日光からのダメージケアに、おやすみ前のセルフケアに、1日何度でもお使いいただけます。なお、スプレーは吸い込んだり目に入っても安全なので、赤ちゃんでも妊婦さんでも、敏感肌の方でも安心して使っていただけます。

CONCLUSION

美容や健康に欠かせない水と酸素。水分補給の重要性は一般に広く認識されていますが、酸素に関しては、意識して酸素を多く取ろうと思っている人はまだ多くはないかもしれません。 しかし美意識の高い人は、美容や健康への効果からその重要性を認識し積極的に取り入れています。水道水の約30倍の酸素を含み、99.9%の安心安全なピュアウォーターのオキシゲナイザーは美や健康維持の強い味方です。年をとっても変わらずキレイでいたいと願う方は、ぜひ普段の生活に取り入れて、内側からの若さと美しさを手に入れる水習慣を始めてみませんか?

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

レジャーやキャンプなどのパワフルな活動のお供に  高濃度酸素水オキシゲナイザー

レジャーや登山などのパワフルな活動のお供に 高濃度酸素水オキシゲナイザー

太陽の光や外の気温が心地良くなって、アウトドアのレジャーが楽しめる時期になりました。
登山やツリークライミング、ラフティング、パラグライダー、サーフィンなど、山・川・海で楽しめる魅力的なアウトドアのレジャーはたくさんあるので、色々とチャレンジしてみるのも面白そうですね。
しかし、アウトドアのレジャーは思った以上に疲労感がくるので「途中で疲れて最後まで楽しめなかった…」という方もチラホラ。
そこで今回は、アウトドアのレジャーシーンを最後まで楽しむ秘訣をご紹介します。

運動量の多いアクティビティで
最後まで元気を保つ秘訣は「酸素」にあった

アウトドアレジャーは、運動量が多いもの。知らず知らずのうちにエネルギーを消費して、最後まで楽しめずに途中でダウン…なんてこともよくあります。その原因は体力不足、日頃の運動不足もありますが、実は体に酸素が足りなくなってしまうことも要因になるのです。

筋肉を動かすためのエネルギーはどうやってつくる?

言わずもがな、人間の体は筋肉を使うことであらゆる動きを行っています。つまり、筋肉がうまく使えない状況に陥ると、体を動かすことが困難になるということです。筋肉をうまく使うには動かすパワーが必要なので、筋肉を動かすエネルギーが十分になくてはいけません。

筋肉を動かすエネルギーは、ATP(Adenosine Tri-Phosphate)と言われるアデノシン3リン酸が分解されることで生まれるのですが、そのATPは筋肉の中にあまり蓄えておくことができない特徴があります。

ATPが不足した状態で運動を続ける場合、ATPを再合成する、または新たに生産しなくてはいけません。

そこで関係してくるのが「酸素」です!筋肉を動かすエネルギーATPが不足した場合、グリコーゲンと呼ばれる物質を酸素で燃焼してATPを再合成します。この方法は「有酸素系」と呼ばれているエネルギー供給です。

エネルギー供給は「ATP-CP系」「解糖系(乳酸系)」「有酸素系」の3つの方法がありますが、この「有酸素系」はエネルギー供給量が高い特徴があり、長時間の運動を可能にしてくれます。

長い時間楽しむアウトドアのレジャーシーンにぴったりの、エネルギー供給方法ですね。

酸素はどうやって筋肉に届けるの?

酸素を呼吸によって体内に取り込む場合、最初にたどり着く先は肺です。そして、肺から取り込んだ酸素は毛細血管に入って、ヘモグロビン(赤血球)と融合します。酸素を含んだヘモグロビンが血管を通って筋肉に届き、細胞の核となるミトコンドリアへと酸素を渡して、エネルギーを量産するのです。

ちなみに、酸素を含む水「酸素水」を飲んだときは、肺からではなく胃腸器官の粘膜を通ることで毛細血管に届くようになります。そのあと筋肉に届くまでの仕組みは同じです。

体の酸素が不足してしまうと細胞の核に酸素が届きにくくなるため、エネルギーの量産が低下します。すると、「有酸素系」でATPを再合成するのが難しくなって、運動を続けるのが困難になります。

疲労回復にも酸素は必要不可

アウトドアレジャーを長く楽しむためには、できるだけ疲労を溜めこまないのがコツ!さらに途中で疲労回復できたら、疲労感を覚えず最後までレジャーを満喫できます。

では、疲労を溜め込まないためには、また疲労を途中で回復させるためにはどうしたら良いのでしょうか?その簡単な方法が、酸素を取ることなんです。

そもそも疲れは、疲労物質の乳酸が血中に溜まることで起こります。この乳酸は酸素と結びつくことで分解できるため、酸素をしっかり取り込むことが疲労を溜め込まない&疲労回復につながるというワケです。

パワフルなアウトドアレジャーは疲れが溜まりやすいので、持久力の面でも回復の面でも酸素が非常に重要ということがわかりますね。酸素はそのほかにも体に嬉しい効果が期待できるので、ぜひアウトドアのレジャーシーンでは積極的に取り入れていきましょう。

元気の持久力にも疲労回復にももってこい!
1つでどちらも叶う高濃度酸素水オキシゲナイザー

酸素はそのほかにも体に嬉しい効果が期待できる、と前述しましたが、具体的に言うと以下のことが挙げられます。

【酸素をしっかりと取り入れることで期待できる効果】

  • 体力や疲労の回復
  • 集中力アップ
  • 息苦しさの緩和
  • ストレス解消
  • 持続力アップ
  • 不眠の解消
  • デトックス
  • 体調を整える など

今、挙げたものはほんの一部です。それでも、アウトドアのレジャーシーンにぴったり!と言える効果がこんなにあるのはすごいですよね。では、酸素を補給するのはどのタイミングが良いのかもご紹介します。

【運動前】

パワフルなアウトドアレジャーは疲れが溜まりやすいので、運動をする前に体に酸素をしっかりと取り入れておきましょう。

【運動中・疲れたとき】

運動中は、筋肉を動かすエネルギーがどんどん減っていくタイミング。エネルギーを再合成するためにも、積極的に酸素を取り入れてください。ここでしっかり酸素が取り入れられれば、疲労感の緩和や疲労回復も期待できます。

【運動後】

運動後は体に疲労がたくさん蓄積されている状態なので、この疲労感を残さないためにも酸素補給が役に立ちます。

高濃度酸素水オキシゲナイザーで効率良く酸素を補給しよう!

酸素は、呼吸をすることによって体に取り入れるのが基本です。しかし、運動前後や運動中においては、呼吸による供給ではなかなか追いつきません。そこでオススメなのが「高濃度酸素水オキシゲナイザー」!
オキシゲナイザーは、その名の通り濃度の高い酸素を含んでいる酸素水になります。酸素の量はなんと水道水の約36倍!一般的に販売されている酸素水は20~50mg/Lほどのものが多いですが、このオキシゲナイザーは150mg/Lもの酸素を充填しています。このように酸素の充填率が高いので、効率良く酸素を補給することができます。
また、オキシゲナイザーの基礎となっている水は、不純物や細菌などを限りなく除去した、純度の高いピュアウォーター(ROウォーター)を使用しているので、誰でも安心して飲んでいただけます。
酸素水なら水分もしっかり補給できるので、アウトドアのレジャーシーンでおきやすい水分不足や脱水症状の対策にも良いですね。オキシゲナイザーは持ち運びやすい350mlと500mlのサイズ展開。ぜひオキシゲナイザーをアウトドアのレジャーシーンでご活用ください。

CONCLUSION

現在、「週末や連休にどこへ遊びに行こうかな?」とワクワクしながら計画を立てている方も多いのではないでしょうか。アウトドアのレジャーはいろいろとあるので、ぜひ好きなことにチャレンジして楽しんでくださいね。そして、その際はオキシゲナイザーをお供に加えていただければと思います。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ダイエットには水分補給が重要!? 正しい摂り方と効果

 

ダイエットには水分補給が重要!? 正しい摂り方と効果

春の陽気がすぐそこまで近づくにつれ、冬のあいだ隠していた体のラインが気になってダイエットに取り組み始める方も多いのではないでしょうか。
ダイエットというと、運動や食事を見直すところから始める方がほとんどですが、運動時や日常生活で飲む水にひと工夫を加えることでダイエットの効果はさらに高まります。今回はダイエットに欠かせない水分補給の方法や効果、さらにその効果を高めてくれるオキシゲナイザーの秘訣をご紹介します。

水分不足はダイエットの大敵

ダイエットを成功させるためにはまず運動、そして食生活の改善が何よりも重要だと思われがちです。しかし、「どれだけ運動をして食生活を改善しても痩せない」と悩んでいらっしゃる方や「ダイエットの効果をさらに高めたい」と考えていらっしゃる方は、水分摂取を見直すことでダイエットの効果がさらに高まります!まずは水分がどれだけ私たちの体にとって必要不可欠なのか、水分の働きについてご紹介します。

体の中の水分

「人間の体の多くは水分でできている」という言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。その言葉のとおり、人間の体は実に6割が水分でできています。

体の中にある水分は、そのほとんどが飲み物や食べ物として体に取り入れられます。口から入った水分は胃腸で吸収され、血管に入って血液として全身を流れ、体の各部位に届けられます。そして水分は各部位を絶えず移動しながら細胞や臓器に栄養を届け、老廃物を回収し、最後は尿として排出されています。

脱水が引き起こす健康障害

「人間の体は多くが水分でできているのなら、少しくらい水分量が減っても大丈夫」と考えがちです。しかし、体の中の水分量が5%失われることで熱中症などの症状、10%失われると筋肉の痙攣や循環不順、さらに20%失われることで命を落としてしまうほど、適切な水分量を保つことは非常に大切です。

体にとって大切な水分が不足している状態を「脱水」といい、「急性脱水症状」と「慢性脱水症状」と呼ばれる症状があります。
「急性脱水症状」は激しい運動で大量に汗をかいたときに起こるものです。体をたくさん動かし汗をかいて運動をするのは気持ちの良いものですが、パフォーマンスを維持するためにも排出された分の水分量をこまめに補給することが大切です。
「慢性脱水症状」は生活習慣に起因する慢性的な脱水症状です。年齢を重ねることで筋肉に蓄えておくことのできる水分量は減り、新陳代謝や腎機能も低下することで老廃物の排出のために多くの水分が必要になってきます。

水分が不足することで、熱中症や脳梗塞、心筋梗塞などさまざまな疾患のリスクを高めてしまうため、普段の生活での水分摂取量が少なくなっている方はもちろん、年齢を重ねた方は特に意識的に水分を摂るようにしましょう。喉が渇いたと感じる前に積極的に水分を摂ることが必要です。

たくさん水を飲みすぎると「水太り」になるのでは?

水は体にとって欠かすことのできないものではありますが、たくさん水を飲みすぎることで「水太り」をしてしまうのでは?と心配な方もいらっしゃいますよね。

水はカロリーがないため、基本的に水を飲みすぎることによって太ってしまうことはありません。しかし、味付けの濃い食事などが続くことで、体は体内の塩分を調整しようとしてより多くの水分を体に溜め込もうとして、その結果体内に水分が溜まりすぎるむくみに繋がってしまいます。水を摂りすぎてむくみに繋がっているように感じる方は、食生活を見直してみましょう。
さらに、一度にたくさんの水を飲むよりも少量の水を複数回に分けて摂取することも気をつけてみましょう。体に効率よく水分が吸収されていきます。

ダイエットに適切な水分の補給

健康のために適正な水分量を保つ重要性についてご紹介しましたが、ダイエットをしている方はさらに積極的に水分を摂取することで空腹感を和らげ、食事の満足度をあげることができたり、代謝の改善やデトックス効果などたくさんのメリットがあります。どれくらいの水分をどのように摂取することがダイエットに適しているのでしょうか。

1日どれくらいの水を飲むのが適量?

人間の体が1日に排出する量はおよそ2.5Lとされています。尿や便などに1.6L、呼吸や汗などに0.9L含まれる水分が毎日体の外へ排出されています。

そのため、これと同量である2.5Lかそれ以上の水分を1日で摂取することが推奨されています。
1日に必要な2.5Lの水分は、飲み水の他に食事などから吸収されるものと体内で作られる水分も含まれています。そのうち成人が1日に飲むべき水分量の目安は体重1kgにつき約35ミリLと言われています。体重が50kgの方はおよそ1.7L、60kgの方は2.1Lに相当します。

水が老廃物を体の外へ流してくれる

すっきりとした体を目指すのであれば、脂肪燃焼をするための運動だけでなくデトックスすることにも配慮するとさらにダイエットの効果が高まりますよね。

水を多めに飲むことで体の中の循環が活発になり、老廃物を効率よく排出することができます。また、血中の水分量が多くなることで血流がスムーズになり、代謝効果が高まります。さらに体内の水分量が増えることで便が柔らかくなり、便秘の改善も期待できます。

ダイエットに適切な水の摂り方

ダイエットのために水を摂る場合は、一度にたくさんの水を飲むのではなく、水分が効率よく吸収されるように少量で回数を多く飲みましょう。

また、冷えすぎた水を飲むと体が冷えて代謝効果が低くなってしまうため、できるだけ常温の水を摂ることを心がけるとよいでしょう。体が冷えていると感じるときは、少し温めて白湯にして飲むことで、腸の働きも活発になり、さらに代謝が高まります。

より効果を高めるには高濃度酸素水のオキシゲナイザーがおすすめ

ダイエットと水分の関わりについてご紹介しましたが、「水といっても水道水はカルキの匂いが苦手…」「せっかく飲むならさらにダイエットの効果を高めてくれる水を飲みたい!」と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そんな方には高濃度酸素水であるオキシゲナイザーで水分補給することをおすすめします。

脂肪を燃焼させるためにはたくさんの酸素が必要

脂肪燃焼のためには、有酸素運動が効果的と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
運動をすると体はより多くのエネルギーが必要な状態になり、体内にある脂肪を分解してエネルギーを生み出すよう脳からの司令が送られます。そこで脂肪は分解され、酸素と結びつくことでエネルギーに変換されます。
脂肪を燃焼させるために酸素が必要不可欠なだけでなく、酸素を効率よく体に取り込むことが非常に重要です。

運動してもなかなか痩せないと悩んでいる方に高濃度酸素水がおすすめ

脂肪燃焼のために大切な酸素。普段の生活でも十分に酸素を体内に取り込めれば良いのですが、ストレスや喫煙によって酸素が不足している状態になってしまいます。また体のこりなどが呼吸筋の働きの障害となって、浅く不十分な呼吸になってしまっていることも。
運動をしてもなかなか効果が表れないと感じている方には、飲むことで血中の酸素濃度を高められる高濃度酸素水がおすすめです。

どうしてオキシゲナイザーがダイエットに効果的?

オキシゲナイザーはRO水(硬度2mg/Lの超軟水)という最も安全で飲みやすい精製水に、通常の36倍もの高濃度の酸素を充填してできた酸素水です。飲む酸素は血液中の酸素含有量が4〜5時間たっても上がっているため、血中に酸素が多い状態をキープできます。
血中に酸素が多くなるということは、運動時はもちろん、日常生活において負担の少ない運動もしっかり脂肪燃焼の効果が期待できます。オキシゲナイザーをお供に、少し遠い目的地までウォーキングするだけでしっかり運動ができますね。

さらにオキシゲナイザーは体の中の不純物や毒素を排出するデトックス効果があるだけでなく、疲労回復効果や免疫力を高めてくれます。もちろんカロリーゼロ、添加物、ミネラル、砂糖などは一切含まれていないため、ダイエット中の方も安心して飲むことができます。
オキシゲナイザーをダイエットに取り入れて、効率よく、そして効果の感じられるダイエットをしましょう!

CONCLUSION

水は体の活動にとって大切なものであるだけでなく、ダイエットを成功に導くために積極的に取り入れたい非常に重要なアイテムです。高濃度酸素水であるオキシゲナイザーはダイエットをする方にとって嬉しい効果がたくさんあり、健康で美しい体を保つ機能水として最高の飲料水です。ダイエットの近道にオキシゲナイザーを取り入れて、美しくスリムな体を手に入れましょう!

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ハイキング、登山で気を付けたい!水分補給のコツ

ハイキング、登山で気を付けたい!水分補給のコツ

旅行が気軽しにくくなった昨今、非日常を感じられるアウトドアレジャーの人気が高まっていますよね。特にハイキングや登山は、必要な道具が少なくて初心者でもチャレンジしやすいと好評です。たしかにハイキングや登山はスキル不要で男女問わず気軽に楽しめますが、注意しなくてはいけないポイントもあります。それが“水分補給”です。今回はハイキングや登山で重要な水分補給の方法をご紹介します。ハイキング・登山を計画している人は、ぜひ最後まで一読ください。

ハイキング・登山では水分補給が重要!

ハイキング・登山は初心者でも挑戦しやすい、とはいえ山道を数時間かけて歩くのは結構大変なもの。ハイキング・登山中にトラブルが起こる可能性もあるので、準備はしっかりとしておかなくてはいけません。

【初心者がハイキング・登山で準備しておくもの】

  • ・トレッキングシューズ
  • ・帽子
  • ・水分
  • ・軽食
  • ・常備薬
  • ・虫よけスプレー
  • ・上下分かれたレインウェア
  • ・防寒着など

ここで注目したいのが水分です。水分が不足してしまうと脱水症状を起こすこともあり、また長時間の山歩きでは熱中症にもなりやすいです。登山と比較するとハイキングはさほどヘビーではないものの、たくさん歩くので水分はちゃんと持参し、しっかりと補給をするようにしましょう。

かくれ脱水に気を付けよう!

ハイキングや登山に集中するあまり、知らず知らずのうちに脱水状態になることもあります。脱水症状を起こしてしまうと、強い喉の渇きや重苦しさ、めまい、吐き気などの症状が出て、最悪の場合は命が危険にさらされてしまうことも…。

体がだるいと感じたり歩いているときに脚がつったりする場合は、単なる疲れではなく脱水のサインかもしれないので、しっかりと水分補給をしましょう。

そして、ハイキングや登山では休憩所が途中にないところも多く、トイレに行きにくくなります。それゆえ、たまに水分補給を控えてしまう方もいますが、そうすると脱水症状を起こしやすくなってしまうので気を付けてください。荷物になるからと安易に持参する水分を少なくするのもご法度です。

オススメの水分摂取の仕方

水やスポーツドリンクなどのペットボトル飲料を現地で販売しているところもありますが、そうでない場所も多いので水分は必ず持参しましょう。準備しておく水分量の目安としては300mL/1時間、5時間ほどの山歩きだと1.5Lです。ただし、天候や歩くペース、その人の体質によっても必要な水分量は変動します。山道では水分を新たに手に入れるのは難しいので、念のため予備の水分も持っていくようにしましょう。

持参する水分は、水・麦茶・スポーツドリンク・経口補水液など基本的には好みのもので良いですが、コーヒーや緑茶はカフェインが多く含まれており、利尿作用があるので避けた方が無難です。

水分摂取のタイミングと方法

ハイキングや登山のときの水分摂取は「ハイキング・登山前」「ハイキング・登山中」「ハイキング・登山終了時」に行うのがベストで、それぞれ押さえておきたい飲み方があります。

【ハイキング・登山前】

ハイキング・登山ではたくさん汗をかくので、脱水症状を防ぐためにも水分補給が必要です。朝起きてからハイキング・登山を開始する前までの間に、300~500ml程度の水分を取っておきましょう。

【ハイキング・登山中】

体が一度に吸収できる水分は、コップ1杯程度(200~250ml)です。吸収しきれなかった分は排出されてしまうので、喉の渇きを感じてから大量に飲んでも体は十分に潤わず、ただトイレが近くなってしまうだけになります。
そのため、水分摂取は喉の渇きを感じる前にこまめに摂るのがベスト。ハイキング・登山中の水分摂取は20~30分おきに200mlほど、できれば5分おきに一口ずつ飲むのがオススメです。

【ハイキング・登山終了時】

水分を摂取することで、心身共にクールダウンできます。水分がしっかりと摂取できれば疲労回復にもつながるので、ゆっくり休息を取りながら水分補給をしましょう。

ハイキング・登山からの帰宅後、ビールなどのアルコールが飲みたくなる方もいると思いますが、アルコールには強い利尿作用があるので水分補給には向いていません。アルコールを飲むとしても、水やスポーツドリンクなどでしっかりと水分補給をしてから飲むようにしましょう。

ハイキング・登山のお供にオキシゲナイザーを

ハイキングや登山では気分をリフレッシュできますが、体には負担がかかりますよね。その疲労を緩和したい、という方にオススメなのが「高濃度酸素水オキシゲナイザー」です。

オキシゲナイザーは、不純物や細菌などを限りなく除去した純度の高いピュアウォーター(ROウォーター)を基に、150mg/Lもの酸素を充填しています。一般的に販売されている酸素水が20~50mg/Lほどの充填率なので、オキシゲナイザーがいかに高濃度であるかがわかりますね。それゆえ、オキシゲナイザーでは以下のようなメリットが期待できます。

【高濃度酸素水オキシゲナイザーで期待できる効果】

  • ・運動により生じた乳酸の分解向上
  • ・体力や疲労回復
  • ・持久力アップ
  • ・治癒力の向上
  • ・免疫力アップ
  • ・ストレス緩和
  • ・デトックス など

オキシゲナイザーは持ち運びに便利なペットボトルで、350mlと500mlのサイズ展開があります。ぜひ、ハイキングや登山のお供に選んでくださいね。

ハイキングでは水分だけでなく塩分も一緒に摂ろう

運動をすると汗として水分が蒸発し、それと同時に塩分も失われます。水分補給で水だけを摂取していると、血液中の塩分濃度が低下して低ナトリウム血症(水中毒)を引き起こすことも…。そうするとハイキングや登山中に足がつったり、筋肉がけいれんしたりする場合があるので、水分補給のときには塩分も一緒に摂取するように心がけましょう。

塩分は経口補水液やスポーツドリンクで水分と一緒に摂るのも良いですが、味が苦手な方、味がついている飲み物で喉の渇きを感じてしまう方は、水分とは別に塩分摂取をするのがオススメです。

最近では、塩キャンディや塩分タブレットなども販売されています。塩分タブレットの場合、100ml程度の水に対して1~2粒が目安と記載されている商品も多いですが、塩分を過剰摂取するのも体に良くないので、塩分量を計算しながら取り入れるようにしましょう。

水分補給と塩分補給を同時にするやり方は、自分好みで選んでくださいね。

CONCLUSION

日差しが暖かく心地良い季節になったら外に出かけて、自然を感じながらハイキングや登山をするのも良いですね。山の新鮮な空気を取り込めば、体もリフレッシュしてより健康的に過ごせるかもしれませんよ。あなたも春になったらぜひ、オキシゲナイザーを持ってハイキングや登山を楽しんでみてください!

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

季節の変わり目の不調は、入浴で整える

季節の変わり目の不調は入浴で整える

肌寒く感じる日もありますが、草花が少しずつ芽吹いているのを見ると春の足音が近づくのを感じますね。そんな季節の変わり目には、体調不良を起こしてしまうという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、季節の変わり目や春にどうして体調不良になりやすいのかを解説します。体調不良の解消法として入浴がオススメなので、その理由と入浴のお供にぴったりな飲料水もあわせてご紹介しましょう。

春は体調不良が起こりやすい季節?

季節の変わり目や春になると、なんだか体の調子が悪いなと感じる方もいますよね。その症状は人によって異なりますが、主に以下のような症状が体に現れるようです。

  • ・頭痛
  • ・めまい
  • ・眠気
  • ・倦怠感
  • ・目の疲労
  • ・胃痛
  • ・肩こり
  • ・肌荒れ
  • ・イライラ
  • ・抑うつなど

季節の変わり目になると体調を崩しやすくなるのは、気圧変動や寒暖差、日照時間の変化、生活環境の変化などによって自律神経のバランスが乱れるからと言われています。

ここで知っておきたいのが、自律神経の働き。自律神経は日中の活動している間に働く「交感神経」と、就寝時に働く「副交感神経」の2つの神経があります。交感神経が働いているときには興奮状態となり心身を活発に、副交感神経が働いているときにはリラックス状態となり心身を休息&回復させてくれます。この2つの神経は一方が優位に立つと、もう一方の働きは弱くなる仕組みです。

季節の変わり目に気圧変動が起こると、自律神経の切り替えが難しくなります。切り替えが上手くできないと、自律神経のバランスが乱れ体調不良を起こしてしまうのです。また低気圧になれば血中の酸素濃度が下がるため、眠気や体のだるさに繋がってしまいます。

その他、寒暖差や日照時間の変化、生活環境の変化などでも脳が緊張状態になり、交感神経が活発に。交感神経が優位な状態が過度に続くことで、エネルギー消費が増えて心身ともに疲れや不調が起こってしまうのです。

よって、季節の変わり目や春に起こる体調不良を解消するには、ズバリ自律神経を整えること!その方法は次でご紹介しましょう。

自律神経を整えてだるさ・イライラを解消

心身を活発にしてくれる交感神経、リラックス状態にしてくれる副交感神経。この2つの自律神経は脳と体の器官を支配しているため、不調は体のどの部分に現れるかわかりません。そして、自律神経は自分の意志で切り替えることができず、気圧変動や寒暖差といった外的要因にも左右されるためバランスを崩しやすいのです。

だからこそ、季節の変わり目には自律神経のバランスと活動リズムを整えるのが大切!自律神経を整えるには、食事・運動・睡眠・リラックスがポイントになります。

1日3食、特に朝食は抜かないようにしよう

食事は体内リズムを整えるために重要な時間で、特に朝食は脳や体のスイッチを入れて活発に働かせる役割があります。朝食は就寝中に下がっていた体温を上げるのにも効果的なので、安易に抜かないようにしましょう。
食事では、自律神経の働きを正常に保つサポートをしてくれるビタミンB群を積極的に摂取するのもオススメです。豚肉やホウレンソウ、かぼちゃ、キャベツにビタミンが含まれているので、意識して食べるようにしてみてください。
https://www.terumina-health.com/column/jiritusinnkei-4/お役立ちコラム(外部サイト)

適度に運動をしよう

適度な運動は交感神経を活性化しながらも、副交感神経の回復機能にも影響を与えてくれます。自律神経のバランスを整えてくれる物質も分泌してくれるので、程よく取り入れていきましょう。

運動では、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動が効果的です。なかでもスイミングは、自律神経の働きに良いアプローチをしてくれると言われています。なんと、水の中を歩くだけでも効果が期待できるのだとか。運動は継続することが大切ですが、毎日でなくてもかまいません。週3~4日程度を目安に、適度に運動をしましょう。

質の良い睡眠とリラックス法で心身の疲労回復

自律神経を整えるにはしっかりと睡眠を取って副交感神経を働かせ、心身を休ませるのも重要です。睡眠と一口に言いましたが、睡眠は質も大切。寝つきが悪かったり、夜中に何度も起きてしまったりすると、副交感神経が上手く働かずその効果が十分に得られないのです。

では、質の良い睡眠はどうやったら叶うのかというと、その答えは「寝る前にリラックスした状態にする」です。心身をリラックスした状態に導く方法はいろいろありますが、特に注目したいのが入浴。入浴はリラックス効果を与えつつ、休息モードに切り替えてくれる役割をします。

自律神経を上手く切り替えるオススメの入浴方法

入浴では、以下3つの作用が体に働きます。

  • ・温熱作用(体が温まり皮膚の毛細血管が広がる)
  • ・水圧作用(水圧が体の各部位をほど良く圧迫する)
  • ・浮力作用(筋肉や関節にかかる体重が10分の1になる)

これらの作用によって、血行促進やデトックス、疲労回復、緊張感を和らげる効果などが期待できます。そして、入浴でリラックス状態になると副交感神経が働き休息モードに。交感神経と副交感神経をスムーズに切り替えて、自律神経を整えてくれるのです。

ただし、入浴方法が間違っていると交感神経を活性化させてしまいます。交感神経が就寝前に活性化してしまうと、疲労を蓄積してしまったり寝つきが悪くなったりして自律神経が乱れてしまうので、気を付けなくてはいけません。入浴で自律神経を整えるためにも、正しい入浴法をマスターしましょう。

【自律神経を整える入浴法】

  • ①入浴30分前に200mlの水を飲む
  • ②入浴する前に、手と足先・体の中心部にかけ湯をする
  • ③38度ぐらいのぬるめのお湯に15分程度浸かる
  • ④全身を洗いながらクールダウンする
  • ⑤10分ほど浸かる
  • ⑥お風呂上りにコップ1杯の常温の水を飲む

入浴前後にオキシゲナイザーを!

入浴では、800mlもの水分が失われると言われています。水分が不足すると頭痛やめまいなどが起こる可能性があるので、入浴前後にはしっかりと水分補給しなくてはいけません。水分補給はアルコールやコーヒー、紅茶など利尿作用が高いものではなく、水やイオン飲料などを選びましょう。

入浴で自律神経を整える効果をさらに高めたいなら、入浴前後の水分補給に「オキシゲナイザー」を取り入れるのがオススメです。オキシゲナイザーはRO水に高濃度の酸素を充填しており、良質な水と酸素を同時に摂取できる酸素水です。世界No.1の酸素充填率を誇る高濃度の酸素水であり、以下のような効果が期待できます。

【高濃度酸素水オキシゲナイザーで期待できる効果】

  • ・ストレスの緩和
  • ・不眠解消
  • ・疲労回復
  • ・免疫力アップ
  • ・治癒力の向上
  • ・アンチエイジングなど

酸素が不足すると、自律神経が乱れてストレスや体の不調に繋がります。高濃度酸素水のオキシゲナイザーを飲むと、酸素不足によるストレス緩和や不眠症解消などの効果が期待できるので、自律神経を整えたい方にぴったりです。ぜひ入浴とセットで取り入れて、自律神経を整える効果を高めてくださいね。

また、オキシゲナイザーはミネラルや添加物を含んでおらず、弱酸性水で胃腸に優しいというメリットもあります。赤ちゃんから飲める水なので、日常のいろいろなシーンで取り入れてください。

CONCLUSION

季節の変わり目である春は、体調不良を起こしやすい時期です。この時期の体調不良は自律神経の乱れが影響しやすいので、自律神経を整える習慣を身につけて不調を解消しましょう。自律神経を整える有効手段として、入浴でのリラックス法がオススメです。入浴とあわせて高濃度酸素水のオキシゲナイザーを取り入れれば、自律神経を整える効果が高まりやすくなるのでぜひ試してみてくださいね。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

お水で体をデトックス 溜めない体を作るおすすめの飲み方

お水で体をデトックス 溜めない体を作るオススメの飲み方

人間の体の半分以上は水でできています。新生児で約80%あった水分は加齢とともに減っていきますが、60歳台でも約50%が水でできているのです。体を構成する半分以上が水ということは、この水がいつも巡り良く美しい状態であれば、健康が保てるということ。不純物を溜めない体、溜まった老廃物を排出できる体にするには水がポイントになってくるのです。水を使った、体に優しいデトックス方法をご紹介しましょう。

お水を飲むとデトックスにつながるのは「巡り」が鍵

デトックスをするには、何か特別なサプリなどが必要なのではないかと思う方も多いはず。実は、身近な存在である水を使ってもデトックスはできるのです。水でデトックス効果が得られるとはどういうことでしょうか。

代謝がスムーズになる

体内のアンモニアやアルコールなどの有害物質は肝臓で解毒されます。水に溶けるものは腎臓で尿の成分となり、脂肪に解けるものは胆汁に混ざり腸管に排泄されます。汗の成分も乳酸以外は薄い尿に近いものです。体の毒を出すということは、汗を流し、水分をきちんと取って尿を出すことなのです。
体内の水分が不足すると、毒素や老廃物を排出するための汗や尿が出ないだけでなく、血液もドロドロになり血の巡りが悪くなります。血流が悪くなることで、血液が行っている老廃物の運搬が正常に行われなくなってしまうのです。
日ごろから適度な水分補給を心掛けることが、代謝を良くして健康な体を保つことに繋がります。

お通じがスムーズになる

肝臓から腸管に排泄された有害物質は、体内に吸収される前に便と一緒に排出されます。腸の動きが悪いと、腸内に有害物質が長く留まり、再度有害物質が吸収されてしまいます。
適度に水分補給されていれば便は柔らかくなり、スムーズな排便が得られます。水には腸管の蠕動運動を促進する働きもあるため、朝起きた時や空腹時に水を飲むと腸管が刺激され、自然なお通じに繋がるといわれています。

より巡りをアップさせるためのお水を飲むタイミングとアレンジ

あまり水を飲む習慣がなかった方にとっては、一日にどの程度飲めばいいのか気になるところですね。いつ摂取するのか、効果的な飲み方についても見ていきましょう。

一日に必要な水分は1.2L

通常、成人男性の体からは一日に2.5Lの水が排出されています。では毎日2.5Lも水を飲まなければいけないのかというと、そうではありません。例えば私たちが普段食べている食事にも、水分は含まれています。食事から摂れる水が1.0L、体内で生成される水が0.3Lあるため、飲み水として補う必要があるのは残りの1.2L。スポーツをして汗をかいたときなどは、その分を補うよういつもより多めに水を飲みましょう。

少しずつこまめに飲む

水を一度に大量に摂取することは、逆に体に負担をかけてしまうことになります。一回にコップ1杯(200ml)を目安に飲みましょう。喉が渇いたときだけ飲むのではなく、朝起きたときや寝る前、入浴前後などに分けて飲むことがオススメ。

ジュースや味噌汁はカウントしない

糖分や塩分が多いものは、水分が体に吸収されるまでに時間がかかるといわれています。味噌汁や砂糖入りの清涼飲料水で水分補給することは、あまりオススメとはいえません。味噌汁は食事の水分としてカウントすれば栄養面でも優秀ですが、糖分入りの清涼飲料水は肥満に繋がることも。デトックスとは逆効果になってしまいますね。

効果や味をアレンジして楽しむ

味も香りもない水を、そんなにたくさん飲めるかどうか自信がない。そんな方には、少し前にSNS映えして流行ったデトックスウォーターはいかがでしょうか。
デトックスウォーターは、ジューサーで撹拌したりせずに、水にフルーツや野菜をただ入れておくだけの飲み物です。見た目もおしゃれで綺麗なので、テンションが上がりますね。
水に食材を漬けておくだけですが、その食材の持つ香りや栄養素も溶け出すため、爽やかで体にも良い一石二鳥の飲み物になるのです。フルーツではスイカが色味も美しく、むくみを解消する効果があるのでオススメ。
レモンは疲労回復効果や美白効果があるので人気ですが、光毒性があるため注意が必要です。レモンの摂取後に紫外線に当たると、お肌にシミができやすくなってしまうのです。レモンに含まれるソラレンという物質が紫外線に反応してしまうので、朝よりも寝る前のドリンクとして活用するといいでしょう。レモンの香り成分には体内時計をリセットする働きがあるので、すっきりとした目覚めに導いてくれますよ。

より効果を高めるには高濃度酸素水のオキシゲナイザーがオススメ

水をそのまま飲むにも、デトックスウォーターをつくるにも、より美味しくてデトックス効果の高い水だったらいいですよね。
オススメは高濃度酸素水のオキシゲナイザーです。
オキシゲナイザーはピュアウォーター(純水)に通常の約36倍の酸素を充填しています。水分と同時に酸素をしっかり取り入れることで、血液がスムーズに流れて大量の酸素を全身に届け、代謝機能が活発になるのです。

CONCLUSION

水をきちんと摂取することで汗や尿をしっかり排出できると、巡りの良い健康な体を手に入れることができます。こまめに少量の水を飲むこと、起床時や就寝前など飲むタイミングを決めておくことも大事ですね。毎日の水分補給に高濃度酸素水のオキシゲナイザーを取り入れると、水分と同時にストレスや運動不足で減少してしまった酸素をチャージできます。代謝を活発にしてくれるオキシゲナイザーはお通じにもよく、不要なものを溜め込まないスッキリした生活を後押ししてくれる優れモノ。肌荒れや便秘とは無縁の気持ちのいい体を、水と一緒にはじめましょう。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

見逃さないで!水分不足が招く症状とは

見逃さないで!水分不足が招く症状とは

水分は私たちの体の約60%を占める主成分です。酸素や栄養素を体の各部分に運ぶ役割や、老廃物を排出する役割などを担っています。そんな重要な役割を持っている水分が不足したら、私たちの体はどうなるのでしょうか?今回はその疑問を解消すべく、水分不足が招く症状をご紹介します。あわせて、水分摂取に適しているタイミングとおすすめの水をお伝えします。

気になっているお悩みは、実は水分不足が原因かも

水分不足が起こす症状は、喉の渇きだけじゃありません。水分不足は体にいろいろな不調を起こすので、あなたが気になっているお悩みももしかしたら水分が足りていないことが原因かもしれませんよ。以下で水分不足が原因で起こりやすい症状をご紹介するので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

頭痛

体内の水分が不足すると、血液の濃度が高くなりドロドロの状態になります。そうすると血液が流れにくくなり、脳まで十分に血液が送られず頭痛が起こるのです。また、頭痛は貧血でも起こります。水分には血液の量を増やす役割もあるので、頭痛を感じたらしっかりと水を飲むようにしましょう。

便秘

大腸は水分を吸収して老廃物を便にする役割があるため、体内に取り込む水分が少ないと便秘になりやすくなります。水分が少ないと便が硬くなり、なかなか排出されない状態に…。そうすると、大腸がさらに水分を吸収してしまい便が硬化する、という悪循環に陥るのです。

むくみ

むくみを気にして水分摂取量を減らしている方もいますが、これは正しくありません。むしろ、体の水分が不足すると脳が肝臓に尿の量を減らすように指示を出して、水分を溜め込もうとするため逆効果になってしまうのです。むくみが気になる方で「あまり水分を摂っていないな」と思い当たる節があるようなら、まずは水を飲むようにしてみましょう。

不安定な精神状態

副交感神経はリラックスしているときに優位に働く部分です。この副交感神経は水を飲むことで活性化する仕組みになっており、水分が不足すると働きが鈍くなります。副交感神経は自律神経系のバランスを整えるのにも重要な部分ですから、副交感神経が上手く働かないとストレスや不安定な精神状態になるのです。

疲労感、だるさ

血流が悪いと、体の細胞に酸素や栄養素を上手く運ぶことができなくなります。酸素や栄養が不足すると疲労が蓄積するため、だるさを感じるように…。頭痛のところでも解説しましたが、体内の水分が不足すると血流が悪くなるため、疲労感やだるさを感じている方は水分を摂取するように心がけてみてください。

肌荒れ

肌細胞の60%は水分です。水分が不足すると肌バリア機能が弱くなり、肌荒れもしやすくなります。また、腸内環境が乱れていると、血液を通して活性酸素や有害物質などが肌細胞に運ばれて肌荒れを起こしてしまいます。水分が不足するとお肌は体外からも体内からも悪影響を受けてしまうので、気を付けなくてはいけません。

水分不足には定期的な水分補給

水分摂取は喉の渇きを感じる前にこまめに行うのが良いとされていますが、タイミングがわからないと意識的に飲めないという方もいるでしょう。そこでここでは、水分補給にぴったりのタイミングをご紹介します。

起床時

人は動いているときや温度が上昇する日中に水分不足になりやすいですが、実は寝ている間も発汗や呼吸などによって水分は失われています。脳梗塞や心筋梗塞で倒れる人が朝に多いのは、寝ている間に水分不足になって血液がドロドロになり、血流が悪くなったからとも言われているそうです。また、朝飲むコップ1杯の水は体を目覚めさせる役割も。スッキリと目覚めるためにも、起床時に水を飲んで体の内側から刺激してあげましょう。

運動中や前後

言わずもがな、運動中は通常よりも体内の水分が多く失われます。発汗の量にもよりますが、15~30分に1回を意識して水分補給をするようにしましょう。特に夏場は暑さも加わり、体内の水分量が急激に減少することも…。水分不足が血液中に影響すると、酸素や塩分などの栄養素が脳や筋肉に届きにくくなり、けいれんやめまいなどの症状を引き起こしてしまうので注意しなくてはいけません。

お酒を飲むとき

水分不足の状態でお酒を飲むと、アルコールが上手く分解できず、悪酔いや二日酔いの症状が出やすくなると言われています。また、水分が不足している状態は肝臓への負担も大きくなるので、お酒を飲むときは水も一緒に飲むようにしましょう。

入浴前後

入浴では発汗量が多くなるため、約500ccもの水分が失われると言われています。大量の発汗によって水分不足になりやすいので、入浴後はしっかりと水分補給を行いましょう。また、水分不足を予防するためにも、入浴前にコップ1杯の水を飲むことをオススメします。

就寝前

前述しましたが、就寝中にも体の水分は失われます。寝ている間に脱水症状にならないためにも、コップ1杯の水を飲んでから就寝するようにしましょう。ちなみに、寝る前にコップ1杯の水を飲むと寝つきが良くなる効果もあるのだとか。寝つきの悪さでお悩みの方は、ぜひ今日の夜から試してみてくださいね。

頻繁に摂取するお水にはアイザーとオキシゲナイザーがオススメ

水分は人体機能をサポートしてくれる成分です。血液の量を増やすためにも、血流を良くするためにも水分は重要になります。だからこそ、水分の質にもこだわりたいですよね。体に取り入れる水分は安心安全なものにしたい、という方にオススメなのが「アイザーピュアウォーター」と「高濃度酸素水オキジゲナイザー」です。

アイザーピュアウォーター

アイザーは0.0006ミクロン以下の物質しか通さない、ROシステム(逆浸透膜ろ過システム)によって不純物や細菌などを限りなく取り除いた99%純水のピュアウォーターです。ウイルスや菌、有害物質などが含まれていないため、免疫力が十分ではない赤ちゃんにも安心して飲ませられます。しかも、水の硬度が2mg/Lと超軟水で、日本人好みの口当たりのため飲みやすいのも魅力。コンパクトで持ち運びやすいボトルだから、ジョギングやウォーキングなどの運動のときにも便利です。

高濃度酸素水オキジゲナイザー

酸素は血液をエネルギーで豊かにしてくれる成分で、酸欠になると内臓や筋肉といった全身の機能が低下したり、免疫機能が弱体化したりします。よって、体の不調を改善したいなら、酸素と水を一緒に摂取するのがベスト。

オキシゲナイザーは、1L当たり約150mgもの酸素が充填されている水です。酸素の充填量を水道水と比べると、約36倍オキシゲナイザーの方が多いという結果が出ています。オキシゲナイザーもアイザーと同じく、ピュアウォーターで製造されているので家族で安心して飲めますよ。

CONCLUSION

体の半数以上を占める水分は、私たちが健康的に活動するために必要不可欠な成分です。頭痛や疲労感、ストレスなどの体の不調は水分不足が原因かもしれないので、まずはコップ1杯の水を飲んでみてくださいね。せっかく水分補給をするのなら水にもこだわって、安心安全で高品質なものを選びましょう。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

美肌づくりは体の内側と外側から。おすすめの食材と酸素水をご紹介

美肌づくりは体の内側と外側から。おすすめの食材と酸素水をご紹介

冬は乾燥しやすい季節。お肌がカサカサしたり粉っぽくなったりして悩む方が急増します。また、お肌は乾燥だけでなく、さまざまな刺激によってダメージを受けやすいもの。体調やストレスで揺らぎやすいお肌を整えるには、内側や外側からのアプローチが大切なのです。今回は、毎日の食事に取り入れやすい食材とおすすめのお水についてご紹介します。

美肌づくりは外からのアプローチと、内側からのアプローチが大切

美肌づくりのためには、お肌を紫外線や乾燥から守ることが重要です。外部からの刺激はお肌を傷つけたり、ダメージを蓄積させたりする要因となります。しかし、それだけでは美肌になるのは難しいもの。自分の理想の美肌に近づける、またはキープするためには外からのアプローチはもちろん、内側からのアプローチも大切です。

外からのアプローチとは?

洗顔をし、化粧水や乳液で保湿し、美容液で美容成分を浸透させる…といったスキンケアは「外からのアプローチ」となります。紫外線からお肌を守る日焼け止めや、美容成分が配合されたコスメを使用してメイクすることも、お肌の表面にアプローチする行為なので「外からのアプローチ」に含まれますよ。

内側からのアプローチとは?

食事やメンタルケアなどは「内側からのアプローチ」となります。心身の健康は外部からのアプローチだけでは成り立たないため、毎日の積み重ねが大切です。バランスの良い食事を心がけ、老廃物の排出や腸内環境の改善を目指しましょう。また、ストレスが溜まることによって、お肌が荒れてしまうリスクが高まるため、必要に応じてメンタルケアを行うことも効果的です。

どうして内側からのアプローチも必要なの?

外からのアプローチでは、お肌の角質層までのケアになってしまいます。どんなに優れたスキンケア用品を使用しても、角質層よりも奥にある層には美容成分が浸透しません。そのため、外からの刺激に負けず、健康的なお肌にするために健康的な体づくりをする必要があるのです。

たとえば、栄養バランスの良い食事を摂っていると、血行や腸内環境が良くなり、デトックスしやすい体になるといった効果が期待できます。お肌は老廃物に敏感で、油っぽい食事ばかり摂っていると吹き出物が増えるなどの影響が出やすくなるものです。体内が正常に働くとその分お肌は美しくなるため、内側のアプローチも重要となります。

美肌づくりに大切な栄養素

美肌に必要な栄養素にはさまざまなものが挙げられます。できればバランスよくすべての栄養素を摂取することが望ましいのですが、なかなか難しいですよね。そこで特に意識して摂取した栄養素をご紹介します。

ビタミン

ビタミンA、B、C、Eはそれぞれお肌に欠かせない役割を持っています。ビタミンAはお肌のターンオーバーを促進したり、乾燥肌やシワの改善をしたりする栄養素です。ビタミンBはストレス緩和や、タンパク質の分解と再合成などに役立ちます。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制するため、シミが気になる方にオススメです。また、ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、抗酸化作用やくすみ改善などさまざまな効果が期待できます。これらのビタミンは、果物や野菜に多く含まれていますよ。

亜鉛

亜鉛はビタミンAの代謝を促進し、抗酸化作用を活性化させる働きがあります。そのため、お肌のアンチエイジングに役立つのですが、人の体内で生成される栄養素ではないため、食品から摂取するしかないのです。亜鉛は肉や魚、大豆などに多く含まれるので、積極的に食べると良いでしょう。

鉄分

鉄分は血を作るのに欠かせない栄養素です。レバーやひじきなどに多く含まれています。女性は貧血になりやすいため、特に意識して摂取するのが良いでしょう。貧血を予防すれば、全身に十分な酸素が行きわたり、お肌にハリが出たりきめ細やかなお肌になったりといった効果が得られます。

たんぱく質

たんぱく質はお肌を構成する栄養素であるため、積極的に摂りましょう。主に肉や魚、卵、乳製品、豆類などに多く含まれています。コラーゲンの生成にも必要な栄養素の1つなので、お肌のハリを求めている方におすすめです。

日頃の生活に取り入れやすい食材

美肌に必要な栄養素が効率的に摂取できる食材がわかれば、毎日の献立に取り入れやすくなります。ここからは、美肌づくりの代表的な食材をいくつか見ていきましょう。

白身魚

魚の脂は美肌効果があると言われています。食べ過ぎても逆効果なのですが、2日に1回は魚料理を食べると良いでしょう。特に、マダラや鮭などの白身魚は高たんぱく低カロリーな食材で、ダイエットにも最適です。白身魚は和風にも洋風にも調理しやすい食材なので、飽きずに食べられるのもポイントですね。

ヒレ肉

肉はたんぱく質を多く含むため、美肌づくりには効果的です。肉にはさまざまな部位がありますが、中でもヒレ肉が最も美肌に良いと考えられています。オススメは豚ヒレ肉。豚肉はビタミンBが豊富で、美肌効果だけでなく女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きもあります。

にんじん

βカロテンを多く含むことで知られるにんじん。他にも鉄分やカルシウム、ビタミンB群などの栄養素が含まれていて、健康な体づくりや美肌づくりに効果的です。βカロテンは抗酸化作用があり、外部からの刺激からお肌を守ってくれます。また、βカロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚の調子を整えるのに役立ちます。

ブロッコリー

ブロッコリーは栄養がとても豊富。美容に良い栄養素も多く含んでいるため、アンチエイジングにぴったりな食材と言われています。中でもビタミンが多く、約70g食べるだけで成人が1日に必要とするビタミンC摂取量をクリアするほど。ビタミンCは抗酸化作用やコラーゲンの生成、免疫力の向上などに効果的なので、お肌に艶とハリがほしい方に是非食べてもらいたい食材です。

トマト

トマトにはリコピンという栄養素が含まれています。リコピンはβカロテンやビタミンEよりも強い抗酸化作用があり、シミやしわを予防する効果が期待できます。他にも、血糖値を下げたり美白効果があったりと、健康と美容をサポートしてくれる食材なのです。そのまま食べることもできますが、トマトジュースにしたりスープやカレーに入れたりと、さまざまな食べ方ができるのもメリットであると言えます。

白湯も美肌にオススメ

お水やお湯には栄養素が含まれていませんが、健康な体や美容には欠かせない存在です。水分補給を行うことで、血行を良くしたり便秘を改善したりして内側から体を整えることができます。

一度沸騰させてから約50℃くらいに冷ましたお湯を「白湯」といいます。お水とは違って胃腸を温めて基礎代謝を上げることが可能です。そのため、ダイエット効果にも期待できます。

深部体温が上がると体内の老廃物が排出されやすくなったり、冷えやむくみが予防できたりするため、結果的にお肌のターンオーバーに良い影響を与えます。栄養素がないからと軽視せず、白湯も取り入れていきましょう。

オススメはオキシゲナイザー

高濃度酸素水「オキシゲナイザー」は、ピュアウォーターの約36倍の酸素を含んでいるため、体内の細胞のエネルギー不足を解消し、内臓機能の回復を促すことができます。お肌の細胞は外気や紫外線、ストレスなどの刺激によって酸素不足になりがち。たっぷりと酸素を含んだオキシゲナイザーを飲むことで、酸欠状態のお肌を潤わせ、ターンオーバーの正常化が可能です。

外からのケアには酸素水ミストスプレーがオススメ

外からのアプローチでは、化粧水や乳液といったスキンケア用品を使うのが一般的。ただ、アイテムによってはお肌に浸透せず、美容効果が得られないことも。

化粧水を効率よく浸透させるために使われるのが導入化粧水です。導入化粧水はお肌を潤わせ、そのあとに塗る化粧水の効果を十分に発揮させてくれる役割があります。

導入化粧水として使うのにおすすめなのが酸素水ミストスプレー。高濃度酸素水「オキシゲナイザー」から誕生したミストスプレーで、お肌に必要な水分と酸素を外側から補給することができます。

朝晩のスキンケアはもちろん、外出中のリフレッシュや寝癖直しなどにも活用できるため、1本で全身潤わせられるのもポイント。お肌や髪のケアにぜひ活用してみてくださいね。

CONCLUSION

美肌づくりはたった1日で完了するものではなく、毎日の積み重ねが大切です。外からのアプローチとしてスキンケアを行い、内側からのアプローチとして食事やメンタルケアに配慮することでより美肌に近づけることができます。美肌に良い成分や栄養素、食材を意識して摂取したり、たっぷりとお水や白湯を飲んで水分を摂ったりと努力の仕方はさまざま。まずは簡単に取り入れられることから始めて、少しずつ理想のお肌を目指しましょう。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

アイザーのピュアウォーターで安心安全なミルクを赤ちゃんに

アイザーのピュアウォーターで安心安全なミルクを赤ちゃんに

赤ちゃんのミルクづくりにおすすめのお水の選び方

赤ちゃんのミルクは成長のためにとても大切なものです。赤ちゃんが直接口にするものなので、粉ミルクを溶かす水は安全で安心できるものを選びたいですよね。しかし、世の中にはさまざまな水があり、どれが赤ちゃんにとって安全なものなのかわからないという方も多いのではないでしょうか?まずは、赤ちゃんのミルクづくりに最適なお水の選び方をチェックしてみましょう。

ピュアウォーターがおすすめ

母子手帳や育児雑誌には、水道水やミルク調製用の水などを使うように書かれています。一度沸騰させることで水道水でも安全にミルクを作ることができるのですが、それよりももっと安全とされているのがピュアウォーターです。

「水道水だと浄水器を使ってもちょっと心配」「ミネラルウォーターのようにキレイで安全なお水が使いたい」という方は、ぜひピュアウォーターを試してみてください。

安全な水かどうかをチェックしよう

高性能なろ過フィルターを使用することによって、ほぼすべての不純物を除去した水のことをピュアウォーターと呼びます。水道水はそのまま飲むことも可能とされていますが、大人とは違い胃腸の成長が途中であり、菌に耐性のない赤ちゃんはそのまま飲むことはできず、煮沸消毒が欠かせません。

しかし、ピュアウォーターは赤ちゃんもそのまま飲めるほどキレイなお水なので、煮沸消毒が不要。つまり、お湯を煮沸させてから冷ますというミルクづくりの工程を減らすことができるのです。生後6ヶ月以降になると、暑い日やお風呂上がりなどに湯冷ましを飲ませることもあるでしょう。ピュアウォーターは軟水なので、そのまま哺乳瓶やマグに注いで飲ませることができて便利です。

調乳にはミネラルが少ない軟水がおすすめ

ミネラルウォーターとピュアウォーターは一見見分けがつきませんが、ミネラルウォーターは赤ちゃんに不向きの水とされています。それはミネラルが豊富に含まれていて、赤ちゃんの胃腸では消化しきれず、負担になってしまうからです。
一方、ピュアウォーターはミネラル分のない超軟水であり、赤ちゃんの胃腸にも優しい水です。口当たりは滑らかで、年齢問わず飲みやすいのも特徴。赤ちゃんだけピュアウォーターにしても、家族全員ピュアウォーターにしても良いでしょう。

ミルクの作り方

ピュアウォーターを使用してミルクを作る場合、どのような手順で調乳すれば良いのでしょうか?
ポイントは哺乳瓶や乳首、キャップなどは消毒したものを使うようにすること。せっかくミルクが清潔で美味しいものであっても、哺乳瓶などのアイテムが雑菌だらけだと赤ちゃんの体調不良を招きかねません。

それを踏まえた上で、正しい手順で調乳していきましょう。

粉ミルクを哺乳瓶に入れる

まずはミルクの缶や袋に記載されている分量を確認します。できあがり量に合った分だけ粉ミルクを哺乳瓶に入れましょう。

できあがり量の半分量のお湯を注いで振る

できあがり量の半分まで70℃のお湯を注ぎます。粉ミルクが完全に溶けるまで軽く振りましょう。ピュアウォーターは煮沸消毒が必要ないため、沸騰する前のお湯でも大丈夫です。

ただし、調乳時に万が一菌が入ってしまった場合を考慮すると、70℃以上のお湯を使用することが大切だとされています。調理用温度計を用いるなどして、70℃未満のお湯にならないよう注意しましょう。

できあがり量になるまでお湯、またはお水を加える

粉ミルクの溶け残りがないか確認したら、できあがり量になるまで70℃のお湯や水を加えます。ピュアウォーターはそのまま飲める安全なお水なので、70℃以上のお湯にピュアウォーターを注ぐことで適温に近づけることが可能です。ぬるくなりすぎないよう、少しずつ加えてみてくださいね。
乳首やキャップを装着し、軽く振って全体を混ぜたら完成です。

手首にミルクを垂らすなどして適温か確認する

赤ちゃんのミルクは体温程度が良いとされています。ただし、赤ちゃんにも好みがあり、少しぬるめや少し熱めの方が飲みやすい場合もあります。飲み具合を見ながら調整してあげると良いでしょう。

ミルクが適温か測るために、乳首の先をつまむなどしてミルクを手首に数滴垂らします。ミルクが熱すぎたりぬるすぎたりしないかチェックしましょう。また、ミルクを垂らすのは、皮膚が薄く、ミルクの温度が感じられやすい手のひら側の手首です。

こだわりの濾過システム採用 99%不純物を取り除いたピュアウォーターのアイザーがおすすめ

ピュアウォーターは高性能ろ過システムによって不純物を取り除いた水であるため、どのようなろ過システムを採用しているのかが重要です。ピュアウォーターの中でもおすすめなのがアイザ―。その理由はもちろんろ過システムの性能の高さです。

アイザ―で採用している「ROシステム」とは

アイザ―では、不純物を限りなく0にするためにNASAでも採用している「ROシステム」を採用しています。ROシステムとは逆浸透膜システムのことを指し、0.0006ミクロン以下の物質しか通さない仕組みになっているのです。

一般的な浄水器のろ過システムでは0.5ミクロン前後の物質が除去されていますが、それ以上に細かな物質も除去できるのがROシステム。このROシステムを通すことで出来上がったアイザ―は、菌やウイルス、カビはしっかりと除去されている水であるため、生まれたばかりの赤ちゃんでも安心して飲めます。

飲みやすさも安全性も抜群

アイザ―は高性能なろ過システムを採用することで、99%の純度を誇るピュアウォーターとして知られています。さらに非加熱無菌パックなので、安全性は抜群。ボトルはスリムタイプになっているため、保管にも持ち運びにも便利です。

硬度は2mg/Lの超軟水であるため、口当たりなめらかな飲みやすい水になっています。6ヶ月以上の赤ちゃんの水分補給として、そのまま飲ませるのにもおすすめですよ。
また、賞味期限は3年。美味しさを長くキープできるため、災害用の備蓄にも最適です。今は赤ちゃんの調乳用に使い、余ったら料理や大人の飲み物に使うこともできるため、買いだめしていても損をしません。飲みやすさも安全性も抜群なアイザ―をぜひ試してみてくださいね。

CONCLUSION

小さな赤ちゃんには特に安全なものだけを与えたい。ミルクづくりに欠かせない水にも安全性を追求したいところです。アイザ―はNASAも採用する高性能なROシステムによってろ過しているため、安全性がとても高いのが特徴となっています。赤ちゃんのミルクづくりはもちろん、家族の飲料水としてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

高性能ろ過システムであるROシステムを採用し、99%の純度を可能としたアイザ―。口当たりなめらかな超軟水となっているため、赤ちゃんからお年寄りまで、家族みんなで飲むことができます。アイザ―は、飲みやすさも安全性も大切にしたい方におすすめのピュアウォーターです。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ