コラム

「酸素水を飲むと活性酸素が増える」はウソだった!?

「酸素水を飲むと活性酸素が増える」はウソだった!?

「酸素水を飲むと活性酸素が増える」はウソだった!? 高濃度の酸素がたっぷり含まれた酸素水は、手軽に酸素補給ができるため注目されています。普段の水分補給ではもちろん、スポーツ中の水分補給などでも活躍してくれます。
しかし、世間では「酸素水を飲むと、活性酸素が増えてしまうのでは…?」という誤ったイメージを持っている方も少なくないようです。
そこで今回の記事では、酸素水が体内の活性酸素へどのように作用するのかをご紹介します。

そもそも「活性酸素」とはどのようなもの?

活性酸素とは、呼吸をしたときに体内へ取り込まれた「酸素」の一部が、通常よりも活性化したものです。活性酸素は細菌やウイルスから体を守ってくれる役割もあるため、一概に悪いものとは言えません。しかし、何らかの原因で大量に活性酸素が発生すると、体にさまざまな影響が現れてしまうのです。

人間の体内には、活性酸素の活発化を抑えるための「防御機構」がもともと備わっています。しかし大量の紫外線や大気汚染、たばこやストレスなどの影響で活性酸素が大量に生み出されると、両者のバランスが崩れて「酸化ストレス」状態になってしまうのです。
酸化ストレス状態になると、「細胞の老化が早くなる」「がんや生活習慣病などの発症に結びつく」などの弊害が起きると考えられています。健康や美容のためには“活性酸素を増やさない対策”をすることがとても大切だといえるでしょう。

酸素水を飲むと活性酸素に対してどのような効果がある?

酸素水には高濃度の酸素がたっぷり含まれていることから、「酸素を取りすぎたら活性酸素に変化してしまうのでは?」と考える人もいるでしょう。しかし、それは大きな間違いです。なぜなら、酸素水に含まれる酸素は血中の活性酸素と結びつき、酸素へと変えて無害化してくれるからです。その上、血中の酸素濃度が上昇し、代謝アップや血流改善などの健康効果が期待できます。
また、活性酸素は肌の新陳代謝機能を鈍らせるため、くすみやシワ、肌荒れなどの原因になるともいわれています。酸素水を積極的に飲んで酸素補給をすれば、新陳代謝を活発にして肌の調子を整えることもできるのです。

酸素水で活性酸素を無害化し、健康な毎日を送ろう!

酸素水で活性酸素を無害化し、健康な毎日を送ろう! 現代の生活は仕事や家事・育児などで常に慌ただしく、ストレスや喫煙、運動不足などによって活性酸素が増えやすい環境にあるといっても過言ではありません。酸素水は飲むだけで効率的に酸素を摂取することができるので、忙しくて時間がない方にもおすすめですよ。健康な体作りのために、酸素水を生活へ取り入れてみてはいかがでしょうか?

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ