コラム

こんなときにぴったり! コンパクトなペットボトルの活用シーン

こんなときにぴったり! コンパクトなペットボトルの活用シーン

こんなときにぴったり! コンパクトなペットボトルの活用シーン 小さなお子さんを連れているときや運動をするときなど、水分補給のために水を持ち歩くシーンは多いもの。
しかし、中には「500mlの水をバッグに入れると重たくなる」「バッグが小さくて水が入らず困る」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか? 
そのような悩みを解決するには、コンパクトな250mlサイズのペットボトル飲料水がおすすめです。
具体的にどのような場面で活躍してくれるのか、“コンパクトなペットボトルの活用シーン”をご紹介します!

スリム&コンパクトなペットボトル飲料水の特徴とは?

一般的に自販機やコンビニなどで見かけるペットボトル飲料水は、500mlまたは300ml前後のサイズが多いですよね。
しかし、荷物が多くなりがちな子供連れの外出時や、ジョギングなどの運動をする際には、水でバッグが重くなったり、かさばって邪魔になってしまったりすることがあります。

少しでも荷物を減らしたいシーンでは、コンパクトな250mlサイズのペットボトル飲料水を選ぶのが正解です。
250mlのペットボトルはスリムなのでバッグの中でかさばりにくいですし、他のサイズの飲料水と比べても軽量なので、楽に持ち運びができるというメリットがあります。

コンパクトなペットボトル飲料水は、こんなときに活躍!

コンパクトなペットボトル飲料水は、さまざまなシーンで活用することができます。
また、外出時はもちろんのこと、お家の中で使うのもおすすめです。具体的にどのようなシーンで活躍してくれるのか見ていきましょう。

お子さん連れのお出かけに
お子さん連れのお出かけは荷物が多くなりがちですので、なるべくなら荷物を軽くしたいもの。
コンパクトサイズの飲料水なら軽いので持ち歩いても負担になりにくく、バッグの中でもかさばりません。
たくさん動き回る公園遊びやお出かけの際に持っていくと便利さを実感できますよ。
小さなお子さんでも飲み切りやすいサイズのため、飲み残した水の処理に困ることが少なくなりますし、殺菌処理されているので衛生面でも安心です。
お子さんにも安心して飲ませることができますね。

ジョギングなどの運動時に
最近はジョギングやウォーキング、ヨガなどを楽しむ人も多いものです。
運動時には水分補給が欠かせませんが、大きなペットボトルを持ち運ぶのはかさばって邪魔ですし、荷物が多くなると動きにくくなってしまいます。
コンパクトサイズの水ならかさばらず楽に持ち運ぶことができて、運動の邪魔になりません。
また、使いきったあと小さくつぶせるので、持ち帰って捨てるまでの間もかさばりにくいのがうれしいですね。

少量の水を使う料理・ミルク作りなどに
250mlというと、赤ちゃんのミルクを作るときや少量の調理をする際など、“少し水が欲しいシーン”にも使いやすい容量です。
また「持ち運びがしやすい」「使い残しをしなくて済む」といった理由から、アウトドアクッキングの際に持っていくのも便利ですよ。

250mlのペットボトル飲料水で、荷物も“コンパクト化”しよう!

250mlのペットボトル飲料水で、荷物も“コンパクト化”しよう! ペットボトル飲料水の中でも250mlは、「軽い」「コンパクトで持ち歩きやすい」などの理由から、「荷物を減らしてアクティブに動きたい!」という人にピッタリなサイズだといえるでしょう。
さらにこのサイズのペットボトル飲料水は、まとめ買いしても少ない収納スペースで済むので、備蓄用としてもおすすめですよ。
今回ご紹介したシーン以外にも、さまざまなシーンで活用してみてくださいね。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ