コラム

小さいペットボトルの飲料水が便利! 人気の理由やメリットとは?

小さいペットボトルの飲料水が便利! 人気の理由やメリットとは?

小さいペットボトルの飲料水が便利! 人気の理由やメリットとは? ペットボトル飲料水には500ml・1L・2Lなどのサイズがありますが、最近ではよりコンパクトな250mの飲料水が人気です。
ここでは、250mlの小さいサイズの飲料水が人気な理由や、250mlサイズの飲料水を選ぶメリットについてご紹介します。

小さいペットボトル飲料水が人気! その理由は?

これまでのペットボトル飲料水の容量は500ml~2Lが主流でしたが、最近ではさまざまなサイズのペットボトルを目にするようになりました。
とはいえ、外出時には500mlのペットボトル飲料水を購入するという人がまだまだ多いでしょう。
しかし、500mlの水をバッグに入れると、重さによって肩や腕などに大きな負担がかかる場合があります。
また、1Lや2Lは家庭用サイズなので重たく、当然持ち歩きには当然不向きです。

そんな中、近年は「250ml」の小さいペットボトル飲料水が人気です。
これは、500mlに比べると小さくて軽く、持ち歩きに便利なことが理由です。
また、250mlサイズは「500mlの水を買っても一度では飲み切れず、結局残りを捨ててしまう」という人にもおすすめです。
飲み切りサイズでちょうどよい量ですし、無理なく最後まで飲み切ることができ、エコにもつながりますね。

小さいサイズのペットボトル飲料水を選ぶメリット

250mlのペットボトルには、他の大きいサイズのペットボトルにはないメリットがたくさんあります。

誰でも手軽に水分補給ができる
250mlの容量は「薬を飲むため」「子どもの水分補給に」というような“ちょっとだけ水が欲しいとき”に持ち歩くのに最適なサイズだといえるでしょう。
また、ボトルが細く軽いので、お年寄りや小さなお子さんでも持ちやすいというメリットもあります。

コンパクトで持ち運びやすい
250mlのペットボトルはバッグに入れやすいサイズで、かさばらないことが特長です。
荷物が増えがちな旅行・小さなお子さんを連れているとき・ジョギングをするときなどでもバッグの中で場所を取りませんし、小さいバッグにも入れられるので持ち運びに便利です。

会議や来客時などに便利
小さいサイズのペットボトルは、企業でも大活躍です。
会議や研修、来客時などに飲み物を出した際、500mlだと「多すぎて飲み切れない」という場合があります。
250mlの飲料水であればちょうど飲み切れるサイズですし、残った水を持ち帰る際にもかさばりません。

ストックするときに省スペースでOK
500ml~2Lのペットボトル飲料水をストックするとなると、相応の収納スペースが必要です。
一方、250mlサイズなら省スペースで済みますので、収納場所に困りません。
ケース買いをしたとしても、500mlや2Lの飲料水と比べると楽に運ぶことができますよ。

軽くて新鮮・便利! 小さいペットボトル飲料水で水分補給しよう

軽くて新鮮・便利! 小さいペットボトル飲料水で水分補給しよう 250mlの小さいペットボトル飲料水はコンパクトで持ち歩きやすいので、旅行時や仕事の外回り・ジョギングなどのスポーツのお供にピッタリです。
これからの季節は気温が上がり、汗をかきやすくなります。
外出の際は小さいペットボトル飲料水をバッグの中にしのばせておき、こまめに水分補給をするようにしましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ