コラム

エアコンの影響で夏でも乾燥するオフィス……対策方法は?

エアコンの影響で夏でも乾燥するオフィス……対策方法は?

エアコンの影響で夏でも乾燥するオフィス……対策方法は? 肌が乾燥する季節といえば、木枯らしが吹く“冬”を想像する人が多いですよね。
しかし、実は夏も要注意なのをご存知でしょうか?
1日中エアコンが稼働しているオフィスは、常に空気が乾燥していて肌の水分を奪いやすい環境なのです。
そこで今回は、夏のオフィスの乾燥から肌を守る方法をご紹介します!

エアコンの効いたオフィスにいると、肌が乾燥するのはなぜ?

エアコンの効いたオフィスは涼しく、とても快適なように思えます。
しかし、エアコンは室内の熱だけでなく、空気中の水分も一緒に外へ逃がしてしまいます。これにより室内の湿度がどんどん低下していき、空気が乾燥するのです。

肌表面の皮脂には、肌にフタをして水分をキープする役割があります。
しかし空気が乾燥した場所では、皮脂が乾燥して減っていってしまいます。
すると肌内部の水分が蒸発しやすくなり、肌がカサつく・粉を吹くといった乾燥状態におちいるのです。
また、肌は乾燥が進むと、水分の蒸発を防ごうとして過剰に皮脂を分泌するようになります。
これにより、肌の内側は乾燥しているのに表面は皮脂でギトギトになる、いわゆる「インナードライ」の症状に悩まされることもあるのです。

エアコンによる乾燥から肌を守る! 対策方法は?

肌が乾燥すると小ジワやたるみなどを引き起こしやすくなるほか、過剰に皮脂が分泌されてテカったり、バリア機能が低下して吹き出物・赤みやかゆみなどのトラブルに発展したりする場合があります。
みずみずしくハリに満ちた肌をキープするためには、以下のような乾燥予防ケアをおこなうことが大切です。

朝のスキンケアをていねいにおこなう

エアコンによる乾燥対策には、朝のスキンケアをひと工夫してみましょう。
洗顔後にタオルでやさしく水気を取ったら、たっぷりの化粧水でうるおいを補給します。
このとき化粧水の前に「プレ化粧水」としてミスト化粧水を使うことで、そのあとに付ける化粧水が浸透しやすくなり、よりうるおいをキープしやすくなります。
たっぷり水分補給をしたあとは、乳液やクリームなどの油分でフタをして仕上げましょう。

加湿器を利用する

環境面での対策として、加湿器を利用することも有効です。最近はデスクに置ける大きさの加湿器も販売されていますので、上手に活用しましょう。
肌だけではなく、喉の乾燥&風邪の予防にもなるので1台あると便利ですよ。

こまめに水分補給をする

肌の乾燥対策には、内側から水分補給をするのも効果的です。手元に水やお茶などの飲み物を置いておき、少量ずつこまめに飲むようにするとよいでしょう。
ただし、喉が渇いたからといって一気に飲んでしまうと、すぐに尿となって排出されてしまうので要注意です。

ミスト化粧水でうるおいをチャージする

乾燥対策にはスプレー式のミスト化粧水を用意しておくのもおすすめです。乾燥が気になったときにシュッとひと吹きして手でなじませれば、素早くうるおい補給ができますよ。
カバンに入れて持ち運ぶこともできるので、1つ持っていると出張先のホテルや移動中、化粧直しの前などにも気軽に使えて便利です。
顔以外にも全身の乾燥が気になる部分にこまめに吹きかけ、うるおいをチャージしましょう。

日頃の乾燥対策が肝心! うるおい肌を目指そう

日頃の乾燥対策が肝心! うるおい肌を目指そう 温暖化が進んでいる近年は、気温が上がり始める時期が早く、エアコンの稼働時期も長くなっています。そのため肌は常に乾燥しやすい環境にさらされているといえます。
カサカサの乾燥肌にならないためにも、日頃からしっかりと乾燥対策をするよう心掛けましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ