コラム

酸素不足になるとどんな症状が起こる? 対策方法は?

酸素不足になるとどんな症状が起こる? 対策方法は?

酸素不足になるとどんな症状が起こる? 対策方法は? 酸素はわたしたちが生きていく上で必要不可欠なものです。しかし、ストレスや姿勢の悪さなどの影響によって酸素不足におちいりやすいケースも多いといわれています。
今回は酸素不足による体への影響を解説するとともに、酸素不足の解消方法をご紹介します。

人間は呼吸によって体に酸素を取り入れ、生命活動をおこなっています。
しかし、姿勢が悪かったり過度のストレスを受けていたりすると、呼吸が浅くなり、体に取り入れる酸素の量が少なくなってしまうのです。
また、飲酒や喫煙、運動不足なども酸素不足の原因といわれています。
酸素不足は次のような症状を引き起こす場合があるので、注意が必要です。


集中力の低下

酸素不足になって脳に充分な酸素が行き渡らなくなると、脳の働きが鈍くなり、集中力が低下しやすくなります。
これによって仕事や勉強などの能率が下がってしまうこともあるため注意が必要です。
また、脳は疲れを感じたときに体を休めようとする働きがあるため、眠気を感じやすくなってしまうのです。


代謝の低下・肌荒れ

体の細胞は一定の周期で新陳代謝をおこない、古い細胞を新しい細胞に作り替えています。
そのときに必要となる酸素が不足すると細胞の活動が鈍くなり、新陳代謝がスムーズにいかなくなってしまうのです。
特に皮膚細胞の新陳代謝が低下すると、肌のゴワつきやくすみ、吹き出物などの肌荒れを引き起こすこともあります。


冷え・むくみ・肩こりなどの増加

酸素不足になると血流が滞りやすくなるため、体が冷えやすくなります。
また、血流が悪くなると体の中に老廃物が溜まりやすくなるため、むくみやすくなったり、肩こりが発生したりといった影響があるのです。

酸素不足を解消する方法を知ろう!

現代に暮らす人々は生活そのものが酸素不足におちいりやすい環境にあるといっても過言ではありません。
酸素不足を解消するための方法を知っておき、体にしっかりと酸素を取り込みましょう。

高濃度酸素水を飲む

高濃度酸素水とは、水に高濃度の酸素を充填したものです。
水を飲むだけと手軽なうえ、素早く酸素を吸収できます。
また、水をしっかり摂ることで血液の粘度が低くなるので、血流がスムーズになり、より多くの酸素が体の隅々まで運ばれやすくなる効果も期待できます。
1日750ml~1500mlを目安にして、継続的に飲むと効果が実感できるでしょう。


深呼吸をする

ストレスや猫背などの姿勢の悪さによって呼吸が浅くなっている場合は、意識して深呼吸をする方法が効果的です。
ゆっくり鼻から息を吸い、お腹を膨らませたら口からゆっくりと息を吐いてお腹をへこませてください。
この腹式呼吸を10回ほどおこなうと、体のすみずみまで酸素が行き渡ってすっきりとして気持ちになれます。
リラックス効果もあるので仕事や家事などの合間におこなってみましょう。


定期的に運動をする

運動をすると肺が鍛えられるため、肺活量がアップします。
これにより1度の呼吸で取り込める酸素の量が多くなり、酸素不足防止に効果があります。
また、運動の前後や最中の水分補給に高濃度酸素水を飲むと、さらに効果がアップしますよ。

酸素不足の症状に気付いたら、すぐに対策を!

酸素不足の症状に気付いたら、すぐに対策を! 酸素不足は体のさまざまな場所に影響を及ぼします。
今回ご紹介した酸素不足の解消方法は、どれも手軽に試せるものばかりですので、仕事の休憩時間や移動中などの“すきま時間”を使って積極的に酸素を取り込みましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ