コラム

年末年始の二日酔い……解消には「酸素」がいい?

年末年始の二日酔い……解消には「酸素」がいい?

年末年始の二日酔い……解消には「酸素」がいい? 年末の忘年会や年明けの新年会など、年末年始はお酒を飲む機会が多くなるもの。そのため、二日酔いになりやすい季節ともいえます。つらい二日酔いを解消するには、酸素をたっぷりと補給することが大切です。
ここでは「二日酔い」と「酸素」の関係を解説するとともに、二日酔い解消に効果的な方法をご紹介します。

「二日酔い」と「酸素」の関係とは?

お酒に含まれるアルコールは、肝臓で分解される際に「アセトアルデヒド」という物質に変化し、体外へと排出されます。
アルコールを分解する際には大量の酸素が必要ですが、酸素が不足するとアルコールの分解が追い付かなくなり、 体内に長時間アルコールが留まることになります。
この体内にとどまっているアルコールによって、だるさやめまい、吐き気、頭痛などのつらい「二日酔い」が引き起こされるのです。

二日酔いを解消するには、どうすればいい?

二日酔いを早く解消するには、アルコール分解に必要な「酸素」をたっぷりと補給することがポイントになります。酸素を補給するには、入るだけで酸素を補給できる「酸素カプセル」を利用したり、ヨガやジョギングなどの「有酸素運動」をおこなったりするのが有効だとされています。

しかし、年末年始は用事や帰省などで何かと忙しく、酸素カプセルのお店に行ったり、運動をしたりなどの対処法をおこなうのが難しい……という方も多いでしょう。それに加えて、年末年始はまさに冬真っ盛り。気温が低くとても寒い時期なので、外へ出るのもおっくうですよね。

そういった方におすすめしたいのが「酸素水を飲むこと」です。酸素水は高濃度の酸素をピュアウォーターに充填したもので、飲むだけで手軽に酸素を補給できる優れもの。また、分解されたアルコール(アセトアルデヒド)は尿として体外に排出されますが、このときに必要な水分もたっぷりと摂ることができます。

アルコール分解に必要な「酸素」と、アセトアルデヒドの排出を促す「水分」。この両方を摂れる酸素水は、二日酔い解消方法としてとても理に適っているのです。

辛い二日酔いには、酸素水で酸素&水分を補給しよう

辛い二日酔いには、酸素水で酸素&水分を補給しよう 年末年始は仕事関係の方や親戚など、普段なかなか会えない人とお酒を酌み交わすことも多くなります。楽しくてお酒が進み、つい飲みすぎてしまった……ということも珍しくありませんので、くれぐれも飲みすぎには気をつけましょう。
また、お酒を飲んだあとに酸素水を飲めば、二日酔い予防になります。年末年始の体を労わるためにも、酸素水をお家に常備しておくと安心ですね。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ