コラム

疲れやすくぼーっとする……もしかするとマスク生活による「隠れ酸欠」が原因かも?!

疲れやすくぼーっとする……もしかするとマスク生活による「隠れ酸欠」が原因かも?!

疲れやすくぼーっとする……もしかするとマスク生活による「隠れ酸欠」が原因かも?! 今や人々の暮らしに欠かせないものとなったマスク。1日の大半をマスク着用したまま過ごしているという方も多いでしょう。そんな中、「隠れ酸欠」の方が増えていると話題になっています。
マスクと隠れ酸欠にどのような関係があるのか、そして酸欠になることで体にどんな影響が生じてしまうのか、対策方法と一緒にチェックしていきましょう。

マスク生活が「隠れ酸欠」を招く? 症状や原因は?

隠れ酸欠とは、「本人に自覚症状がないのに、体が酸欠状態になっている状態」を指します。昨今では長時間マスクをして過ごすことも多く、自宅での限られた時間以外は常に鼻や口が覆われた状態です。
このような状態では酸素を取り込める量が少なくなるため、体が呼吸回数を増やそうとして呼吸が浅くなります。すると、体の細胞に酸素が行き届きにくくなってしまうのです。これが「隠れ酸欠」です。


隠れ酸欠にはストレスも関係している

隠れ酸欠の原因には感染への不安やストレス、姿勢の悪さも関係しています。人間はストレスを感じると、自律神経の中の交感神経が優位になり、呼吸が浅くなります。また、ストレスやリモートワークでのPC作業などで背中を丸めることが多くなるため、余計に呼吸が浅くなってしまうのです。


隠れ酸欠を放置するとどうなる?

隠れ酸欠を放置すると、肩こりや腰痛などのさまざまな不調を感じるほか、疲れやすくなったり免疫力や集中力が低下したりする原因にもなってしまいます。隠れ酸欠は自分ではなかなか気が付きにくいため、意識して予防のための対策を取ることが大切です。「人気がない屋外などでは時々マスクを外して深呼吸をする」「鼻呼吸でゆっくり息をすることを意識する」などの対策を心掛けましょう。

隠れ酸欠を改善するための方法とは?

口呼吸を改善する

マスクをしていると、どうしても浅い口呼吸になりがちです。ゆっくりと深い呼吸をするためにも、口から鼻呼吸に切り替えましょう。鼻呼吸を定着させる最大のコツは、舌の位置を正すことです。舌を正しいポジションに置くことで、気道を広くすることができ、鼻呼吸が長続きするようになります。
1. 舌先を上前場本の裏側に当てる
2. 舌先を上にすべらせ、膨らんでいる部分に舌先を当てる
3. 舌全体を上あごの天井にぴったりと密着させる


腹式呼吸をする

腹式呼吸で横隔膜を動かしながらゆっくりと呼吸をしてみましょう。
横隔膜は呼吸を助ける筋肉です。しかし加齢や身体の不調、ストレスなどにより横隔膜が硬くなると、深い呼吸がしにくくなります。隠れ酸欠を改善するためにも、横隔膜をしっかりと動かして深い呼吸をすることが大切です。
1. 片手をお腹に、もう片方の手を胸に当てる。
2. お腹に力を入れて凹ませながら8秒を数えてゆっくりと息を吐く。8秒間一定の量の息を吐き続ける。
3. お腹の力を緩め、膨らませながら4秒かけてゆっくりと息を吸う。
4. 2~3を数回繰り返す。
呼吸をするときに肩や胸が上下に動くと腹式呼吸にはなっていません。肩や胸は動かさずに、お腹だけを凹ませたり膨らませることを意識してゆっくりと呼吸をしましょう。

マスク生活の酸素&水分補給に「酸素水」を取り入れよう!

マスク生活では、酸素が不足するとともに水分摂取量も少なくなりがちです。酸素と水分不足を同時に補うためにも、「酸素水」を取り入れましょう。酸素水は口当たりがなめらかなピュアウォーターに、高濃度の酸素を加えたもの。飲むだけで手軽に酸素と水分を補給できるので、マスク生活での隠れ酸欠や、水分不足対策にもぴったりです。


水分補給のポイント

酸素水は1回につきコップ1杯分(150ml~250ml)を目安に飲むのがおすすめです。一度にたくさん飲んでも吸収されず、尿として排出されてしまうのでこまめに飲むのがポイント。起床時や活動量が増える昼間、入浴の前後や就寝前などの6~8回に分けて摂るとよいでしょう。
500mlペットボトルなら1回に1/3~半分を、250mlサイズなら1回で半分強~全部飲むのが目安です。

免疫を高める方法とは? 酸素水との関係について 隠れ酸欠や水分不足は、免疫力の低下や体調不良の原因になります。体調を整えることが大事な今だからこそ、酸素水を活用し、酸素・水分の両方をたっぷり補給してあげましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ