コラム

免疫を高める方法とは? 酸素水との関係について

免疫を高める方法とは? 酸素水との関係について

免疫を高める方法とは? 酸素水との関係について 外出時のマスク着用がマストルールとなった今、マスクをしていることで呼吸が浅くなり、「隠れ酸欠」になっている方が増加していると話題になっています。血中の酸素が不足する酸欠状態が続くと、だるさや疲れが取れにくくなったり、集中力が低下したりすることも。さらに酸欠状態が進むと、体の免疫力が低下するおそれもあります。
そこで今回は、今だからこそ知っておきたい酸素不足について掘り下げ、その原因や、解消方法をご紹介します。

マスクをつけていると「隠れ酸欠」になりやすい

近年はマスクをつけて長時間過ごすことで起きる「隠れ酸欠」が話題になっています。
マスクをつけていると一度に吸い込める酸素量が少なくなるため、息苦しさを感じやすくなります。すると、より多くの酸素を取り込もうとして呼吸の回数が増加。1回1回の呼吸が浅くなることで自律神経に影響が表れ、「隠れ酸欠」を招いてしまうケースがあるのです。
マスク生活の今、生活様式の大きな変化やさまざまな制限によって、ストレスが溜まっている方が多くみられます。ストレスが溜まると呼吸が浅くなり、体内へ取り込める酸素の量が少なくなってしまいます。


免疫力低下・体調不良には「酸素不足」が関係している?

感染症や体調不良の原因の1つには「免疫力の低下」が挙げられます。
実は免疫力が低下する原因のうち、「血中酸素不足」が体に大きな影響を与えると考えられているのです。
浅い呼吸が続くと、体を緊張させたり興奮させたりする自律神経の「交感神経」が優位になります。交感神経が優位に働くと血流が悪くなるため、免疫細胞が体のすみずみまで届きにくくなります。これにより免疫の働きが鈍くなるため、菌やウイルスへの抵抗力が弱ってしまうのです。血流が悪くなることで細胞の代謝機能が低下し、疲労回復が遅くなるという弊害もあります。
さらに、酸素不足が及ぼす体への影響について、野口英世博士は『全ての病気の原因は酸素の欠乏症である』と発表している通り、人の健康には酸素がとても重要です。
疲れが取れない、集中力や記憶力が落ちた、頭痛がするなど、実はその身体の不調は、酸素不足のサインかもしれません。


免疫力アップが期待できる「酸素水」とは?

マスク生活による「隠れ酸欠」への対策としては、いかに酸素を効率よく補給するかが重要です。
酸素を補給するには、酸素カプセルを活用したり運動をしたりする方法があります。しかし「忙しくて時間が取れない」「疲れていて運動する気力が湧かない……」という方も少なくありません。
そんなとき、もっとも手軽に酸素を補給する方法が「酸素水を飲むこと」です。酸素水には高濃度酸素が含まれており、飲むだけで体に酸素を補給することができます。体のすみずみまで酸素を取り込めれば、代謝機能や免疫細胞をサポート。免疫力アップが期待できます。
ヨーロッパの臨床研究では酸素水中の酸素濃度は150mg/Lが最も効果的であると言われています。
国内生産されている酸素水の充填率は50㎎/L程とまだまだ低いのに対し、日本で販売している酸素水の中で唯一150㎎/Lの酸素が入っている高濃度酸素水は『オキシゲナイザー』です。
さらに、不純物・有害物質を取り除いたROウォーター(純水)なので赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃん、家族全員で安心してお飲みいただけます。


酸素水で体にたっぷり水分&酸素を補給しよう!

免疫を高める方法とは? 酸素水との関係について 今後もしばらくはマスク生活が続く可能性があります。酸素不足による体調不良や免疫力低下を防ぐためには、「酸素水での酸素補給」を毎日の習慣にすることをおすすめします。
酸素水なら飲むだけと手軽ですし、料理にも使えるので習慣化しやすいですね。
しかも酸素だけではなく水分も一緒に摂れるので、喉の粘膜の乾燥予防にも役立ちます。
また、免疫力を上げるためには規則正しい生活や健康的な食生活、適度な運動を心掛けることも大切です。
毎日の積み重ねで“感染症を予防する体づくり”をしていきましょう!

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ