コラム

高濃度酸素水オキジゲナイザーの紹介(ピュアウォーターとは)

高濃度酸素水オキジゲナイザーの紹介(ピュアウォーターとは)

高濃度酸素水オキジゲナイザーの紹介(ピュアウォーターとは) 健康的で美しい体を維持するためにオススメしたい、飲む酸素「高濃度酸素水オキシゲナイザー」。99.9%の純水であるROウォーターと業界トップクラスの高濃度酸素が融合した本品は、深刻化する現代人の“酸素不足”をカバーする次世代の酸素水です。

高濃度酸素水オキシゲナイザーを購入できる場所


・公式サイト
・Amazon
・楽天市場
・コンビニ、ドラッグストア、スーパーほか


オンライン含め数多くの店舗で取り扱われていますが、お得に購入したい場合は公式サイトの「らく得定期便」が最適です。高濃度酸素水オキシゲナイザーは350mLと500mLの2サイズ展開で、ケース販売のほか「初回お試しセット」も用意されています。

なお、高濃度酸素水オキシゲナイザーに限らず、不純物を取り除いた超軟水「アイザーピュアウォーター」や微粒子ミストによって肌へダイレクトに水と酸素をとどける「オキシゲナイザー酸素水ミストスプレー」などもラインナップされています。 気になる方はぜひ併せてチェックしてみてください。

酸素水とは

私たちが生きる上で欠かせない「水」と「酸素」は、健康的かつ美しい体をキープするためにも重要な存在です。両者を効率良く取り入れるためにも、水に酸素が溶け込んだ「酸素水」を積極的に摂取していきたいもの。一般的な水にも酸素は微量ながら含まれていますが、“水に溶けにくい”という酸素の性質上、その濃度は気温や気圧、地理などによって大きく異なります。例えば、日本の総人口の98%が利用している水道水の酸素濃度はわずか3~5mg/L(平均)ほどです。

一方、酸素水として売り出されている商品の酸素濃度は約40~80mg/L。水道水の10倍以上もの酸素が含まれています。

なぜ酸素が必要なのか

「酸素=呼吸をするための必要なもの」というイメージがあると思いますが、酸素は私たちの生命を維持するだけでなく、筋肉や細胞を働かせる役割も備えています。言い方を変えれば、酸素不足は体にはさまざまな悪影響を与える重大な問題なのです。


【酸素不足による悪影響(例)】
・慢性的な疲労感
・集中力、記憶力の低下
・肩こり、むくみ、冷え性
・代謝の低下、老化

疲労感や老化を引き起こす酸素不足は、飲酒や喫煙、過度なストレス、運動不足や悪い姿勢などによって引き起こされます。これらの環境下ではどうしても体内に取り込める酸素量が少なくなってしまうため、意識的に酸素を補給していかなければなりません。

【酸素補給により期待できる効果】
・筋肉の回復や疲労回復、治癒力の向上
・免疫力向上
・ケガ予防
・肩こり、冷え性改善
・肌荒れ改善
・ダイエット効果、アンチエイジングなど。

酸素を体内に取り込むと、上記のとおり免疫力向上やダイエット、冷え性改善などの効果が期待できます。臓器の働きが良くなるため、内面から健やかな体を手に入れられるのです。

高濃度酸素水オキシゲナイザーとは

人間の体に必要な二大要素を同時に取り入れられる酸素水。需要の高まりもあり、現在ではさまざまなメーカーから同様の商品が発売されています。数ある酸素水から最適な商品を選ぶひとつの基準が、その水に溶けた酸素量を示す「酸素充填率」です。

では、高濃度酸素水オキシゲナイザーの酸素充填率はどのくらいなのでしょうか。
一般的な酸素水の酸素濃度が約40~80mg/Lであるのに対し、高濃度酸素水オキシゲナイザーは150mg/Lもの酸素を含んでいます。

実は、ヨーロッパの臨床研究において酸素濃度は150mg/Lが最も効果的であるといわれています。この150mg/Lという酸素充填を可能にしている装置は、20年以上もの開発期間を要し完成した、広大な敷地と大規模な設備が必要な特許システムです。
高濃度酸素水オキシゲナイザーはそんな数少ない革新技術によって作られた希少な酸素水なのです。

高濃度酸素水オキシゲナイザーが15年を超えたロングセラーでありつづける理由はこの充填率が大きな理由です。


どうして高濃度酸素水オキシゲナイザーは飲みやすいの?

高濃度酸素水オキシゲナイザーで使われている水の、採水地はセランゴール州バラゴン
(原産国:マレーシア)です。国内生産の水ではありませんが、海水淡水化国家事業としてアメリカで開発された「ROウォーター」というNASAが採用した「逆浸透膜(Reverse Osmosis)濾過システム」によって水成分以外の不純物が限りなく除去された、安心安全な飲料水です。
水といえば、まず始めに思い浮かべるのが「ミネラルウォーター」だと思います。
ミネラルウォーターは名前の通り、ミネラル成分が含まれており、それによって水の飲みやすさが左右されてしまいます。
ROウォーターは、水の味を左右するミネラルを全て取り除いている所謂純水です。したがって常温でも飲みやすいことが特徴です。
また、純度99.9%のピュアウォーターは硬度2度の超軟水で、日本人の味覚にマッチするまろやかな舌触りが特徴。「99.9%ピュアウォーター」と「100%ピュア酸素」によって生まれた高濃度酸素水オキシゲナイザーは、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年代の方が無理なく手軽に酸素を取り入れられる唯一無二の酸素水なのです。


高濃度酸素水オキシゲナイザーの吸収と体への効果

世界No.1の充填率を誇る高濃度酸素水オキシゲナイザーを“日常の一杯”に取り入れると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。ここからは飲用によって期待できる効果をご紹介します。

①ダイエット効果
高濃度の酸素が細胞に行き渡ることにより新陳代謝や脂肪燃焼効果がアップ。運動などと併用することでダイエット効果が期待できます。

②アンチエイジング効果
酸素を補給することで代謝がアップし、ターンオーバーを促進。ハリと潤いのある若々しい美肌へと導きます。

③疲労回復効果、ケガ予防
酸素が細胞や筋肉へと行き渡ることで、ケガや病気の予防、体質改善効果が期待できます。腎臓病や偏頭痛を改善する効果も。

④酸素不足によるストレス緩和
酸素不足は自律神経の乱れやイライラなど、心身の不調を引き起こすきっかけに。高濃度の酸素を体全体に行き渡らせることでストレス緩和効果も期待できます。

⑤サプリメントの効果向上
ROウォーターと一緒に服用することでが配合されているため、飲みやすさはもちろん、サプリメントに含まれる有効成分を阻害する心配もありません。

⑥二日酔いの体を守る
高濃度の酸素がお酒に含まれるアルコールやアセトアルデヒドの代謝酵素に作用。有害物質アルデヒドの細胞内量を減らし、アルコールが起因となる細胞傷害から肝臓を保護してくれます。


高濃度酸素水オキシゲナイザーの飲み方とその他のポイント

人間の体に不可欠な「酸素」と「水」を、効率的に取り入れられる高濃度酸素水オキシゲナイザー。効果を最大化するためには、どのように飲用するのがベストなのでしょうか。


一度に飲み切らなくていいから安心

どのタイミングに飲んでもOKですが、特にオススメなのがスポーツ時や、病気・ケガの回復に努めたいとき。高濃度の酸素が体全体に行き渡り、心身共にさまざまメリットをもたらします。

1日の摂取目安量は750mL~1,500mLで、成人女性(50~60kg前後を想定)に必要な1日の水分量約2Lの半分ほどのイメージとなります。一度に飲みきれなかった場合はキャップを固く閉めて冷暗所で保存の上、2日以内に飲み切ってください。

なお、ボトルを開けっぱなしにしてしまうと、空気中に酸素が少しずつ放出されてしまうので要注意。オキシゲナイザーならではの高濃度の酸素を最大限摂取するためにも、開封後はなるべく早く飲むことをオススメします。

がぶ飲みではなく、こまめにしっかりが鉄則

運動後は、喉の渇きを潤すために一度にたくさんの水を飲みたくなりますよね。日本人の味覚に合う、まろやかな舌触りが特徴の高濃度酸素水オキシゲナイザーならなおさらです。しかし、一度に大量の水分を摂取すると「水中毒」と呼ばれる症状が起こる可能性があり、非常に危険です。一度に1~2Lをがぶ飲みするのではなく、500mLほどの量を数回に分けてこまめに摂取していきましょう。

CONCLUSION

疲労回復やストレス緩和、アンチエイジング、ダイエットなど、さまざまな効能が期待できる高濃度酸素水オキシゲナイザー。いずれも「水道水の36倍もの世界No.1の酸素充填率」と、「安心安全で美味しい超軟水『ROウォーター』のコラボレーションによって成しえたことです。

せっかく酸素水を日常に取り入れるのであれば、上質な商品を選んで確かな効果を実感したいもの。健康的で美しい体を手に入れるためにも、さっそく今日から「高濃度オキシゲナイザー」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。
水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込まれている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。
健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ