コラム

お酒の悪酔い、、それって酸素水で飲みやすくできるかも?!

お酒の悪酔い、、それって酸素水で飲みやすくできるかも?!




程よく飲めば楽しい気分にしてくれるお酒ですが、なかには体に不調が表れてつらい思いをする人もいるでしょう。そんな悪酔いや二日酔いの対策としてオススメなのが、お酒と一緒に酸素水を摂取することです。今回はお酒の悪酔い・二日酔いの原因を解説しつつ、酸素水を同時に摂取することがなぜ良いのかをご紹介していきます。

悪酔い・二日酔いの原因

そもそも悪酔い・二日酔いとは、お酒を飲んだ後に起こる吐き気や胸やけ、頭痛など症状のこと。この症状が短時間で表れる場合は「悪酔い」、翌日の朝に表れる場合は「二日酔い」となります。悪酔い・二日酔いの症状は、アルコールが肝臓で十分に処理されなかったことで起こるため、原因はまぎれもなくお酒なのですが、お酒を飲みすぎたせいである、とは一概に言えません。なぜなら、①体質の問題、②飲んだお酒の問題、③体内の酸素量の問題なども要因になり得るからです。


体質が要因となる場合、その人の肝臓がアルコールを分解する能力が低い可能性が考えられます。そもそも肝臓がアルコールを分解するのが苦手だった場合は、飲みすぎなくても悪酔い・二日酔いしやすいからです。また、アルコール度数の高いお酒は肝臓への負担が重く、酔いが回りやすくなります。そのため、アルコール度数の高いお酒を飲んだために悪酔いや二日酔いの症状が出た可能性もあるでしょう。体内の酸素量が要因として考えられる場合については、次で詳しく解説します。

悪酔い・二日酔いは酸素不足かも?

お酒が体をどのように巡るかというメカニズムを簡単に解説しておくと、まず飲んだお酒はアルコールとして胃で約2割、小腸で約8割吸収されます。吸収されたアルコールが行く先は肝臓です。肝臓ではアルコールを「アセトアルデヒド」という物質に分解し、さらに「アセテート(酢酸)」に変化させてから血液に届けます。その後、血液にのって体を巡り水と二酸化炭素に分解してから尿や汗、吐く息として排出される、というのが一連の流れです。

このように肝臓でアルコールを分解するのですが、アルコール約50gを完全に分解するためには酸素を約100g消費しなくてはいけません。アルコール約50gをビールに置き換えると約1.2リットル分となるので、お酒をたくさん飲めばその分だけ酸素の消費量も多くなります。

また、アルコールはアセテートに分解され血液にのって体を巡りますが、酸素もアセテートと同じく血液にのって体を巡ります。お酒をたくさん飲むとどうなるかというと、血中に多くのアセテートが溶け込み、酸素が入るスペースが少なくなってしまうのです。そうすることで血液が運搬する酸素量が減ってしまい、血中の酸素が不足してしまいます。

お酒を飲むことで酸素がいつもより多く消費され、さらに血中の酸素量が減ってしまうと、体は酸素不足の状態になります。酸素が不足すると吐き気や頭痛、眠気などの症状が表れますが、これは悪酔い・二日酔いの症状とほぼ同じ。体内の酸素量が悪酔い・二日酔いの原因として考えられるのは、このことが理由です。

酸素水でお酒が気持ちよく飲める


前述したように、悪酔い・二日酔いの原因は体の中の酸素量が足りていないせいもあるかもしれません。とすると、酸素を補えば悪酔い・二日酔いしにくくなるということです。

また、悪酔い・二日酔いの対策として「お酒を飲むときは水も一緒に取るといい」と言われています。それは、肝臓でアルコールを分解するときには、酸素だけでなく水も必要だからです。お酒を飲むときに水を取らず脱水状態になってしまうと、アルコールの分解がしにくい状態になり、悪酔いや二日酔いの症状が出やすくなります。また脱水症状になると肝臓への負担も大きくなるため、お酒を飲むときは水と一緒に摂取するのが望ましいのです。

よって、お酒を飲むときに酸素と水を同時摂取するのが悪酔い・二日酔いの対策としてオススメ。ちなみに酸素は、呼吸で取り入れるよりも水と一緒に摂取した方が10倍以上速く血中に届くそうです。機能性のある水のなかには酸素を含んでいる「酸素水」というものがあるので、お酒を飲むときには酸素水を活用してみてはいかがでしょうか。

酸素水はお酒を飲む前に摂取するのも良いですが、酸素水でお酒を割って飲む方が効率的です。特にアルコール度数の高いお酒は、そのまま飲むと悪酔い・二日酔いしやすいので、ぜひ酸素水で割って飲んでみてくださいね。

酸素水にはお酒を割る以外でもこんなうれしい効果が!

酸素水は悪酔い・二日酔いを軽減・予防するメリット以外にも、以下のような効果が期待できます。

  • アンチエイジング
  • 免疫機能が向上
  • 安眠
  • 精神安定
  • ダイエット
  • 新陳代謝アップ
  • デトックス

お酒を楽しみながら体を少しでも労われる、というのはうれしいですね。
ただし、これらの効果しっかり得たいなら高濃度の酸素を充填している水を選ばなくてはいけません。酸素濃度については充填率が150mg/Lが良いとされているので、この数値を参考にしましょう。オススメは酸素充填率が150mg/Lの「高濃度酸素水オキシゲナイザー」です。高濃度酸素水オキシゲナイザーでお酒を割ると、水道水で作るよりもまろやかな味わいになるのでぜひ試してみてください。

CONCLUSION

悪酔い・二日酔いの原因は、お酒を飲みすぎたせいと一概には言えません。だからこそ、お酒の飲む量を控える以外の対策を講じることも必要です。悪酔い・二日酔いは酸素不足、水分不足が原因になることもあるので、お酒を飲むときはぜひ酸素水でお酒を割ってみてくださいね。


日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込まれている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ