キャンペーン第1弾 2,500円以上購入者全員にオキシゲナイザーポーチプレゼント!

コラム

季節の変わり目の不調は、入浴で整える

季節の変わり目の不調は入浴で整える

肌寒く感じる日もありますが、草花が少しずつ芽吹いているのを見ると春の足音が近づくのを感じますね。そんな季節の変わり目には、体調不良を起こしてしまうという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、季節の変わり目や春にどうして体調不良になりやすいのかを解説します。体調不良の解消法として入浴がオススメなので、その理由と入浴のお供にぴったりな飲料水もあわせてご紹介しましょう。

春は体調不良が起こりやすい季節?

季節の変わり目や春になると、なんだか体の調子が悪いなと感じる方もいますよね。その症状は人によって異なりますが、主に以下のような症状が体に現れるようです。

  • ・頭痛
  • ・めまい
  • ・眠気
  • ・倦怠感
  • ・目の疲労
  • ・胃痛
  • ・肩こり
  • ・肌荒れ
  • ・イライラ
  • ・抑うつなど

季節の変わり目になると体調を崩しやすくなるのは、気圧変動や寒暖差、日照時間の変化、生活環境の変化などによって自律神経のバランスが乱れるからと言われています。

ここで知っておきたいのが、自律神経の働き。自律神経は日中の活動している間に働く「交感神経」と、就寝時に働く「副交感神経」の2つの神経があります。交感神経が働いているときには興奮状態となり心身を活発に、副交感神経が働いているときにはリラックス状態となり心身を休息&回復させてくれます。この2つの神経は一方が優位に立つと、もう一方の働きは弱くなる仕組みです。

季節の変わり目に気圧変動が起こると、自律神経の切り替えが難しくなります。切り替えが上手くできないと、自律神経のバランスが乱れ体調不良を起こしてしまうのです。また低気圧になれば血中の酸素濃度が下がるため、眠気や体のだるさに繋がってしまいます。

その他、寒暖差や日照時間の変化、生活環境の変化などでも脳が緊張状態になり、交感神経が活発に。交感神経が優位な状態が過度に続くことで、エネルギー消費が増えて心身ともに疲れや不調が起こってしまうのです。

よって、季節の変わり目や春に起こる体調不良を解消するには、ズバリ自律神経を整えること!その方法は次でご紹介しましょう。

自律神経を整えてだるさ・イライラを解消

心身を活発にしてくれる交感神経、リラックス状態にしてくれる副交感神経。この2つの自律神経は脳と体の器官を支配しているため、不調は体のどの部分に現れるかわかりません。そして、自律神経は自分の意志で切り替えることができず、気圧変動や寒暖差といった外的要因にも左右されるためバランスを崩しやすいのです。

だからこそ、季節の変わり目には自律神経のバランスと活動リズムを整えるのが大切!自律神経を整えるには、食事・運動・睡眠・リラックスがポイントになります。

1日3食、特に朝食は抜かないようにしよう

食事は体内リズムを整えるために重要な時間で、特に朝食は脳や体のスイッチを入れて活発に働かせる役割があります。朝食は就寝中に下がっていた体温を上げるのにも効果的なので、安易に抜かないようにしましょう。
食事では、自律神経の働きを正常に保つサポートをしてくれるビタミンB群を積極的に摂取するのもオススメです。豚肉やホウレンソウ、かぼちゃ、キャベツにビタミンが含まれているので、意識して食べるようにしてみてください。
https://www.terumina-health.com/column/jiritusinnkei-4/お役立ちコラム(外部サイト)

適度に運動をしよう

適度な運動は交感神経を活性化しながらも、副交感神経の回復機能にも影響を与えてくれます。自律神経のバランスを整えてくれる物質も分泌してくれるので、程よく取り入れていきましょう。

運動では、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動が効果的です。なかでもスイミングは、自律神経の働きに良いアプローチをしてくれると言われています。なんと、水の中を歩くだけでも効果が期待できるのだとか。運動は継続することが大切ですが、毎日でなくてもかまいません。週3~4日程度を目安に、適度に運動をしましょう。

質の良い睡眠とリラックス法で心身の疲労回復

自律神経を整えるにはしっかりと睡眠を取って副交感神経を働かせ、心身を休ませるのも重要です。睡眠と一口に言いましたが、睡眠は質も大切。寝つきが悪かったり、夜中に何度も起きてしまったりすると、副交感神経が上手く働かずその効果が十分に得られないのです。

では、質の良い睡眠はどうやったら叶うのかというと、その答えは「寝る前にリラックスした状態にする」です。心身をリラックスした状態に導く方法はいろいろありますが、特に注目したいのが入浴。入浴はリラックス効果を与えつつ、休息モードに切り替えてくれる役割をします。

自律神経を上手く切り替えるオススメの入浴方法

入浴では、以下3つの作用が体に働きます。

  • ・温熱作用(体が温まり皮膚の毛細血管が広がる)
  • ・水圧作用(水圧が体の各部位をほど良く圧迫する)
  • ・浮力作用(筋肉や関節にかかる体重が10分の1になる)

これらの作用によって、血行促進やデトックス、疲労回復、緊張感を和らげる効果などが期待できます。そして、入浴でリラックス状態になると副交感神経が働き休息モードに。交感神経と副交感神経をスムーズに切り替えて、自律神経を整えてくれるのです。

ただし、入浴方法が間違っていると交感神経を活性化させてしまいます。交感神経が就寝前に活性化してしまうと、疲労を蓄積してしまったり寝つきが悪くなったりして自律神経が乱れてしまうので、気を付けなくてはいけません。入浴で自律神経を整えるためにも、正しい入浴法をマスターしましょう。

【自律神経を整える入浴法】

  • ①入浴30分前に200mlの水を飲む
  • ②入浴する前に、手と足先・体の中心部にかけ湯をする
  • ③38度ぐらいのぬるめのお湯に15分程度浸かる
  • ④全身を洗いながらクールダウンする
  • ⑤10分ほど浸かる
  • ⑥お風呂上りにコップ1杯の常温の水を飲む

入浴前後にオキシゲナイザーを!

入浴では、800mlもの水分が失われると言われています。水分が不足すると頭痛やめまいなどが起こる可能性があるので、入浴前後にはしっかりと水分補給しなくてはいけません。水分補給はアルコールやコーヒー、紅茶など利尿作用が高いものではなく、水やイオン飲料などを選びましょう。

入浴で自律神経を整える効果をさらに高めたいなら、入浴前後の水分補給に「オキシゲナイザー」を取り入れるのがオススメです。オキシゲナイザーはRO水に高濃度の酸素を充填しており、良質な水と酸素を同時に摂取できる酸素水です。世界No.1の酸素充填率を誇る高濃度の酸素水であり、以下のような効果が期待できます。

【高濃度酸素水オキシゲナイザーで期待できる効果】

  • ・ストレスの緩和
  • ・不眠解消
  • ・疲労回復
  • ・免疫力アップ
  • ・治癒力の向上
  • ・アンチエイジングなど

酸素が不足すると、自律神経が乱れてストレスや体の不調に繋がります。高濃度酸素水のオキシゲナイザーを飲むと、酸素不足によるストレス緩和や不眠症解消などの効果が期待できるので、自律神経を整えたい方にぴったりです。ぜひ入浴とセットで取り入れて、自律神経を整える効果を高めてくださいね。

また、オキシゲナイザーはミネラルや添加物を含んでおらず、弱酸性水で胃腸に優しいというメリットもあります。赤ちゃんから飲める水なので、日常のいろいろなシーンで取り入れてください。

CONCLUSION

季節の変わり目である春は、体調不良を起こしやすい時期です。この時期の体調不良は自律神経の乱れが影響しやすいので、自律神経を整える習慣を身につけて不調を解消しましょう。自律神経を整える有効手段として、入浴でのリラックス法がオススメです。入浴とあわせて高濃度酸素水のオキシゲナイザーを取り入れれば、自律神経を整える効果が高まりやすくなるのでぜひ試してみてくださいね。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ