キャンペーン第1弾 2,500円以上購入者全員にオキシゲナイザーポーチプレゼント!

コラム

レジャーやキャンプなどのパワフルな活動のお供に  高濃度酸素水オキシゲナイザー

レジャーや登山などのパワフルな活動のお供に 高濃度酸素水オキシゲナイザー

太陽の光や外の気温が心地良くなって、アウトドアのレジャーが楽しめる時期になりました。
登山やツリークライミング、ラフティング、パラグライダー、サーフィンなど、山・川・海で楽しめる魅力的なアウトドアのレジャーはたくさんあるので、色々とチャレンジしてみるのも面白そうですね。
しかし、アウトドアのレジャーは思った以上に疲労感がくるので「途中で疲れて最後まで楽しめなかった…」という方もチラホラ。
そこで今回は、アウトドアのレジャーシーンを最後まで楽しむ秘訣をご紹介します。

運動量の多いアクティビティで
最後まで元気を保つ秘訣は「酸素」にあった

アウトドアレジャーは、運動量が多いもの。知らず知らずのうちにエネルギーを消費して、最後まで楽しめずに途中でダウン…なんてこともよくあります。その原因は体力不足、日頃の運動不足もありますが、実は体に酸素が足りなくなってしまうことも要因になるのです。

筋肉を動かすためのエネルギーはどうやってつくる?

言わずもがな、人間の体は筋肉を使うことであらゆる動きを行っています。つまり、筋肉がうまく使えない状況に陥ると、体を動かすことが困難になるということです。筋肉をうまく使うには動かすパワーが必要なので、筋肉を動かすエネルギーが十分になくてはいけません。

筋肉を動かすエネルギーは、ATP(Adenosine Tri-Phosphate)と言われるアデノシン3リン酸が分解されることで生まれるのですが、そのATPは筋肉の中にあまり蓄えておくことができない特徴があります。

ATPが不足した状態で運動を続ける場合、ATPを再合成する、または新たに生産しなくてはいけません。

そこで関係してくるのが「酸素」です!筋肉を動かすエネルギーATPが不足した場合、グリコーゲンと呼ばれる物質を酸素で燃焼してATPを再合成します。この方法は「有酸素系」と呼ばれているエネルギー供給です。

エネルギー供給は「ATP-CP系」「解糖系(乳酸系)」「有酸素系」の3つの方法がありますが、この「有酸素系」はエネルギー供給量が高い特徴があり、長時間の運動を可能にしてくれます。

長い時間楽しむアウトドアのレジャーシーンにぴったりの、エネルギー供給方法ですね。

酸素はどうやって筋肉に届けるの?

酸素を呼吸によって体内に取り込む場合、最初にたどり着く先は肺です。そして、肺から取り込んだ酸素は毛細血管に入って、ヘモグロビン(赤血球)と融合します。酸素を含んだヘモグロビンが血管を通って筋肉に届き、細胞の核となるミトコンドリアへと酸素を渡して、エネルギーを量産するのです。

ちなみに、酸素を含む水「酸素水」を飲んだときは、肺からではなく胃腸器官の粘膜を通ることで毛細血管に届くようになります。そのあと筋肉に届くまでの仕組みは同じです。

体の酸素が不足してしまうと細胞の核に酸素が届きにくくなるため、エネルギーの量産が低下します。すると、「有酸素系」でATPを再合成するのが難しくなって、運動を続けるのが困難になります。

疲労回復にも酸素は必要不可

アウトドアレジャーを長く楽しむためには、できるだけ疲労を溜めこまないのがコツ!さらに途中で疲労回復できたら、疲労感を覚えず最後までレジャーを満喫できます。

では、疲労を溜め込まないためには、また疲労を途中で回復させるためにはどうしたら良いのでしょうか?その簡単な方法が、酸素を取ることなんです。

そもそも疲れは、疲労物質の乳酸が血中に溜まることで起こります。この乳酸は酸素と結びつくことで分解できるため、酸素をしっかり取り込むことが疲労を溜め込まない&疲労回復につながるというワケです。

パワフルなアウトドアレジャーは疲れが溜まりやすいので、持久力の面でも回復の面でも酸素が非常に重要ということがわかりますね。酸素はそのほかにも体に嬉しい効果が期待できるので、ぜひアウトドアのレジャーシーンでは積極的に取り入れていきましょう。

元気の持久力にも疲労回復にももってこい!
1つでどちらも叶う高濃度酸素水オキシゲナイザー

酸素はそのほかにも体に嬉しい効果が期待できる、と前述しましたが、具体的に言うと以下のことが挙げられます。

【酸素をしっかりと取り入れることで期待できる効果】

  • 体力や疲労の回復
  • 集中力アップ
  • 息苦しさの緩和
  • ストレス解消
  • 持続力アップ
  • 不眠の解消
  • デトックス
  • 体調を整える など

今、挙げたものはほんの一部です。それでも、アウトドアのレジャーシーンにぴったり!と言える効果がこんなにあるのはすごいですよね。では、酸素を補給するのはどのタイミングが良いのかもご紹介します。

【運動前】

パワフルなアウトドアレジャーは疲れが溜まりやすいので、運動をする前に体に酸素をしっかりと取り入れておきましょう。

【運動中・疲れたとき】

運動中は、筋肉を動かすエネルギーがどんどん減っていくタイミング。エネルギーを再合成するためにも、積極的に酸素を取り入れてください。ここでしっかり酸素が取り入れられれば、疲労感の緩和や疲労回復も期待できます。

【運動後】

運動後は体に疲労がたくさん蓄積されている状態なので、この疲労感を残さないためにも酸素補給が役に立ちます。

高濃度酸素水オキシゲナイザーで効率良く酸素を補給しよう!

酸素は、呼吸をすることによって体に取り入れるのが基本です。しかし、運動前後や運動中においては、呼吸による供給ではなかなか追いつきません。そこでオススメなのが「高濃度酸素水オキシゲナイザー」!
オキシゲナイザーは、その名の通り濃度の高い酸素を含んでいる酸素水になります。酸素の量はなんと水道水の約36倍!一般的に販売されている酸素水は20~50mg/Lほどのものが多いですが、このオキシゲナイザーは150mg/Lもの酸素を充填しています。このように酸素の充填率が高いので、効率良く酸素を補給することができます。
また、オキシゲナイザーの基礎となっている水は、不純物や細菌などを限りなく除去した、純度の高いピュアウォーター(ROウォーター)を使用しているので、誰でも安心して飲んでいただけます。
酸素水なら水分もしっかり補給できるので、アウトドアのレジャーシーンでおきやすい水分不足や脱水症状の対策にも良いですね。オキシゲナイザーは持ち運びやすい350mlと500mlのサイズ展開。ぜひオキシゲナイザーをアウトドアのレジャーシーンでご活用ください。

CONCLUSION

現在、「週末や連休にどこへ遊びに行こうかな?」とワクワクしながら計画を立てている方も多いのではないでしょうか。アウトドアのレジャーはいろいろとあるので、ぜひ好きなことにチャレンジして楽しんでくださいね。そして、その際はオキシゲナイザーをお供に加えていただければと思います。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ