キャンペーン第1弾 2,500円以上購入者全員にオキシゲナイザーポーチプレゼント!

コラム

低気圧で体調不良が多い梅雨は高濃度酸素水で身体を整えて対策しよう

低気圧で体調不良が多い梅雨は高濃度酸素水で体を整えて対策しよう

体調不良が多い梅雨

毎年5月から7月ごろ訪れる梅雨。気温差だけでなく気圧の変化による体調への影響を感じたことがあるかもしれません。不調の原因は、自律神経の乱れの可能性があります。自律神経の乱れやすい季節、その症状や対処法、中でもオススメの高濃度酸素の吸収について詳しく詳しくご紹介します。簡単に取り組める対処法ばかりなので、最近だるさや体調の悪さを感じているなら、日常生活に取り入れてみませんか?元気に梅雨を乗り越えましょう!

雨の低気圧が起こす体調不良は自律神経の乱れが原因

天気が悪い日に、頭が痛くなったり、めまいがしたり、何となく気分が落ち込んだりといった体調の悪さを感じたことはありませんか?その症状は、低気圧といった気象条件が関係しているかもしれません。

気圧による体調不良

気圧や温度、湿度、降水量といった、気象要素によって体調に影響するものをいわゆる「気象病」と呼び、昔から天気と体の不調の関係はよく知られています。特に気圧の変化による慢性的な痛みが増すものは「低気圧不調」といわれ、血管が拡張して神経が圧迫されて起こる頭痛と、自律神経が乱れることで起こるだるさやめまいといった症状があります。

自律神経の乱れによる体調不良

自律神経は体内や、外部からの情報、刺激に、自分の意志とは関係なく反応し、全身の臓器や器官をコントロールする役割を持っています。自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、それぞれ反対の働きをします。交感神経は、緊張したり興奮したり、体を活発に動かすときに働く神経で、心拍も血圧も上がります。反対に副交感神経は、食後やゆったりと休んでいる時に働きます。この自律神経が乱れるというのは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることを言い、「自律神経失調症」とよび、さまざまな体の不調がでてきます。

梅雨時期の不快な症状

梅雨の時期は、雨が多く気圧も低くなり副交感神経が優位に働きます。そうすると通常では交感神経が優位になるはずの日中でも、体は休息状態が続き、低血圧や血流が悪くなることで手足が冷えたり、吐き気、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、下痢、股関節痛など、全身にさまざまな症状を引き起こすことがあります。またやる気が出ない、イライラする、集中力がない、など精神的な症状が現れることもあります。

梅雨時期の自律神経の整え方

梅雨時期の気圧の変化による自律神経のバランスの崩れは、どのように整えればよいのでしょうか?自律神経が乱れる、気圧以外の原因とその対処をご紹介します。

自律神経が乱れるその他の3つの要因

気圧や温度、湿度、降水量といった、気象条件によって自律神経が乱れると紹介しましたが、自律神経が乱れる原因は、身近な生活の中にも多く潜んでいます。

自律神経が乱れる要因その1:ストレス

職場やご近所、また家族や親族など、人間関係での悩みや、仕事での不安やプレッシャーといったストレスが原因で、交感神経系が優位な時間が長く続き、交感神経と副交感神経とのバランスが崩れ、自律神経が乱れてしまいます。また今は昔と比べ身の回りに娯楽や強い刺激があふれているので、興奮したり、心拍が上がる交感神経が優位な状態を引き起こし、無自覚のうちにストレスをため込み、自律神経が乱れている場合もあります。

自律神経が乱れる要因その2:生活習慣

本来人間は規則正しい生活をすることで自律神経のバランスを整え、心身の安定を保っています。しかし、夜遅くまでスマホやタブレットを見るなど、本来副交感神経が優位になる睡眠前に逆に交感神経が活発に働き、寝つきが悪く睡眠不足になり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。また、過度な偏食も、体の栄養状態を悪化させるだけでなく、自律神経のバランスを整えるのに必要な栄養素の不足につながります。

自律神経が乱れる要因その3:ホルモンバランスの変化

脳内の、ホルモンバランスを司る場所は、自律神経のバランスを調整する場所と近い位置にあるため、ホルモンバランスが乱れることで自律神経が乱れる場合があります。例えば女性ホルモンが急激に減少しておこる更年期障害などが良く知られています。

自律神経を整える生活リズム

現代の生活は、刺激が多く交感神経が優位になりやすい環境といえます。そのため意識的に休養や睡眠をとることで交感神経と副交感神経のバランスを整える必要があります。ただし、休みっぱなしも良くないので、交感神経を刺激するための、適度な運動も意識すると良いでしょう。

自律神経を整える食生活

自律神経を整えるには、さまざまな栄養をバランス良く摂ることが大切ですが、積極的に摂取したいのは、リラックス効果やストレス抑制効果が知られている「セロトニン」の材料となる「トリプトファン」を多く含む、鶏むね肉、乳製品、バナナ、豆腐、雑穀などです。そのほか、自律神経の主成分であるビタミンB12を含むレバーや赤身肉、魚、卵、海苔や、脳内の糖質代謝を助けるビタミンB1を含む豚肉やほうれん草なども意識的に摂ると良いでしょう。そのほか、副交感神経が優位になることを助けるビタミンEやビタミンC、交感神経を抑制する作用のある、カルシウムなども意識して摂りたいですね。

自律神経を整える運動

負荷が高くなくても、無理なく継続できることが大切です。具体的には、ヨガやストレッチ、ウォーキングや自重での筋トレがオススメです。そのほか、血行を促進し、副交感神経を活性化させ、自律神経を整える、ツボ押しマッサージも効果的です。

高濃度酸素の活用

ストレスで引き起こされる自律神経のバランスの乱れは、酸素の摂取量を低下させることが分かっています。酸素摂取量が少ないと、自律神経が乱れるだけでなく、さまざまな病気を引き起こす原因になってしまいます。逆に高濃度酸素を体に取り込むことで、脳の前頭葉で変化が起こり、電気信号である脳波のα波が増加することでストレス解消や、リラックス、自律神経の調整に効果があるとされています。

あなたは大丈夫?自律神経の乱れをセルフチェック

自律神経の乱れ

自律神経が乱れてしまうと、どんな症状が出るのでしょうか?代表的な症状を挙げるので当てはまるものがあるかチェックしてみましょう。ただし、人によって一つしか症状が出ない人もいれば、複数の症状が出る人もいます。

自律神経の乱れによる不調の症状

  • 不眠
  • 疲れが取れない
  • 手足のしびれ
  • 腹痛や吐き気
  • 多汗
  • 頭痛や肩こり
  • 動機や不整脈、息切れ
  • 便秘や下痢
  • 集中力の低下や気分の落ち込み、不安感

※「自立神経失調症」と検索するとさまざまな症状が確認できます。

いかがだったでしょうか?他の疾患と重複する症状も多くあり、判断は比較的難しいので、当てはまる症状がある方は、病院の受診を検討してみるのが良いかもしれません。

高濃度酸素水で不調をケア
オキシゲナイザーが梅雨の体調不良にオススメ

梅雨時期は、気圧の関係もあり自律神経が乱れやすくなります。解消するには、生活リズムを整えたり、適度な食事、運動などの対処法がありますが、中でも高濃度の酸素は酸素不足を補うだけでなく、さまざまな体内改善が期待できます。高濃度酸素を体内に取り込む方法は、吸引や高濃度酸素水を飲むなどの方法があります。吸引は、専用の機械や設備のある病院や接骨院、サロンなどに行く必要があるため、誰でも簡単に、というわけにはいきません。ここでは、手軽に酸素吸収が可能な高濃度酸素水について、その効果も含めご紹介します。

飲む酸素吸引、オキシゲナイザーとは?

オキシゲナイザーは、逆浸透膜(RO膜)を用いてろ過することで、水分子以外のほとんどすべての不純物を除去した99.9%の「純水」、「ピュアウォーター」と呼ばれる水に、水道水の約6倍もの高濃度の酸素を充填した高濃度酸素水です。20年かけて開発され、世界特許を取得した技術とマシーンによって製造された、世界最高水準の充填率を誇るオキシゲナイザーは、硬度2度の軟水で、安全で飲みやすく、赤ちゃんからご年配の方、妊婦さんにも安心して飲んでいただける水です。高濃度の酸素を水から補給することで、血液中に取り込まれた酸素は4〜5時間の間、血液中にとどまり、梅雨時期の自律神経の乱れからくる体の不調だけでなく、病気予防や免疫機能改善、美容やダイエット効果、持久力アップなどさまざまな美や健康の効果が期待できます。

高濃度酸素の効果①リラックス効果で睡眠不足解消

血中の酸素濃度が上がると、副交感神経が優位になり、リラックス状態になります。この状態で眠ると質の良い睡眠がとれ睡眠不足も解消されます。

高濃度酸素の効果②疲労回復

酸素には、疲れやだるさの原因である乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ排出してくれる働きがあります。効率よく酸素を体に取り込めば、短時間で疲労回復が期待できるので、ジムで体を鍛えた後の回復や、また梅雨時期の自律神経の乱れによる体のだるさや疲労などにも効果が期待できます。

高濃度酸素の効果③美肌効果

美肌を保つには肌の古い細胞が新しく生まれ変わるターンオーバーをいかに促すかが重要ですが、このターンオーバーに酸素は必要不可欠です。肌細胞付近の毛細血管は、外気などの影響で収縮しやすく酸素不足になりがちですが、酸素が十分に行き渡ると代謝機能が活性化され、ターンオーバーを促します。

高濃度酸素の効果④免疫力向上

高濃度の酸素を体に取り込むと、代謝機能が活性化され、全身の血流が良くなり、免疫力向上などの効果が期待できます。

CONCLUSION

自律神経の乱れなどにより疲れやすかったり体調を崩しやすい梅雨時期、自律神経の乱れを改善する方法として、規則正しい食生活や睡眠、運動などがありますが、手軽に行えるのが、高濃度の酸素吸収です。サロンやクリニック、病院に行かなくても自宅で高濃度酸素のお水を飲むだけ!簡単に不足しがちな酸素を補えます。酸素をしっかり吸収し、自律神経を整え、乱れがちな梅雨時期でも心身共に充実した毎日を送りましょう!

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ