キャンペーン第1弾 2,500円以上購入者全員にオキシゲナイザーポーチプレゼント!

コラム

夏風邪を引きやすい寒暖差のあるジトジトな梅雨をいきいき乗り切る過ごし方

夏風邪を引きやすい寒暖差のあるジトジトな梅雨をいきいき乗り切る過ごし方

梅雨に入ると体の調子が悪くなる

「梅雨に入ると、なんだか体の調子が悪くなる…」という方も多いのではないでしょうか。季節の変わり目、特に梅雨は気温の寒暖差によって夏風邪を引きやすくなります。そこで今回は、梅雨の寒暖差によって現れる夏風邪の原因とおすすめの対策をご紹介。今から夏風邪予防をしっかりと行って、いきいきと梅雨の時期を乗り越えましょう。

梅雨に潜む寒暖差が夏風邪の原因

そもそも夏風邪とは、6月の梅雨から8月の夏時期に引く風邪を指します。この時期に活発になるウイルス感染症の総称にもなっており、三大夏風邪とも呼ばれる「ヘルパンギーナ」「手足口病」「プール熱」が代表的です。
夏風邪にかかってしまうと次のような症状が現れます。

【夏風邪の症状】

  • のどの痛み、咳
  • 鼻水
  • 発熱
  • 悪寒
  • 倦怠感
  • 腹痛
  • 下痢 など

一般的な風邪の症状が生じやすいのですが、夏風邪では腹痛や下痢といったように胃腸系にも不調が現れやすいので注意しなくてはいけません。

このような特徴のある夏風邪は、寒暖差によって発症しやすくなります。寒暖差で、次のようなことが起こりやすくなるので気を付けるようにしましょう。

寝冷え

「寝る前が暑かったからパジャマを半袖にしたら、明け方に気温が下がって体が冷えてしまった」という経験をしたことがある人も多いと思います。

このように梅雨時期は、夜はむし暑くても朝方になるとグッと気温が低くなるケースもあり、眠っている間に気温が下がってしまうと体温調節が上手くできず腹痛や下痢といった症状の夏風邪をひきやすくなってしまうのです。

また、鼻や口から出る粘液の分泌量低下も夏風邪を引き起こしやすくする要因。粘液は乾燥から体を守る働きがあり、粘液で潤すことでウイルスの侵入を防いでくれるのですが、人は寝ている間あまり粘液を分泌しないので、ウイルスが体に侵入しやすい状態になります。

その結果、鼻風邪やのど風邪をひきやすくなるのです。

昼夜の服装調整の難しさ

梅雨時期は肌寒く感じる日もあれば、夏のような暑さを感じる日もありますし、一日の中で昼はとても暑いのに夜になると気温がグッと下がることも。

このように温度が日によって、そして時間によって変わると、昼夜の服装調整はとても難しいですよね。

人間の体は急な温度変化によってストレスを感じやすくなっており、そのストレスによって自律神経が乱れて免疫力が低下することもあります。

服装調整のミスによって温度変化に対応できなくなると、ストレスを感じて免疫力が低下し、夏風邪をひきやすくなります。

寒暖差に負けない!夏風邪おすすめ対策

夏風邪を防ぐおすすめの方法

寒暖差が原因になることもある夏風邪。ここでは、寒暖差による夏風邪を防ぐおすすめの方法を3つご紹介します。

就寝中の体の冷えを防ぐ

体の冷えは自律神経を乱して体温調整を上手くできなくし、さらには免疫力も下げてしまいます。だからこそ、寒暖差による夏風邪は体の冷えを防ぐのがカギです。

梅雨でも暑い日はエアコンや扇風機を活用する方も多いと思いますが、朝までつけっぱなしにすることがないよう注意しましょう。

また、露出度の高いパジャマを着ると、就寝時の汗を吸収できず体を芯から冷やしてしまうので注意しなくてはいけません。

しっかりと休息を取る

しっかりと休息を取ることによって、自律神経が整いやすくなります。そうすることで寒暖差によるストレスを軽減し、一定の免疫力をキープできるでしょう。

特に質の高い睡眠は、ウイルスに対しての防御力をアップさせる効果が期待できます。睡眠前には心身ともにリラックスした状態にして、朝までぐっすりと眠れるようにしましょう。

睡眠の質を高める方法は、次のようなことがおすすめです。

  • 寝室の温度や湿度を調整する
  • 就寝前に温かい飲み物を飲む
  • 就寝前に深呼吸をして酸素を体に摂り入れる
  • 寝る前にコップ一杯の水を飲む

免疫力を高める効果が期待できるものを摂る

言わずもがな、免疫力が高ければ夏風邪を防ぐ効果もアップします。夏風邪のウイルスに打ち勝つためにも、免疫力の向上に努めましょう。

免疫力を高めるためには、体温を上げること、腸内環境を整えることが有効です。体を温める効果、腸内環境を整える効果が期待できるものを積極的に摂取してみてくださいね。ちなみに、体温が1度上がると免疫力も6倍になると言われています。

【体を温めてくれるもの】

  • ショウガ
  • ネギ
  • 唐辛子
  • 白湯
  • 根菜類 など

【腸内環境を整えてくれるもの】

  • 納豆やキムチなどの発酵食品
  • 根菜類
  • 豆類
  • きなこ
  • ヨーグルト
  • 水 など

免疫アップをサポート。
高濃度酸素水を取り入れて夏風邪対策

体の酸素が足りなくなると、免疫力が低下しやすくなります。梅雨時期の寒暖差で体がストレスを感じ、自律神経が乱れて免疫力が低下しているところに、酸素不足でさらに免疫力が下がってしまうと夏風邪を引きやすい状態になってしまうので注意しなくてはいけません。

通常、酸素は呼吸によって取り入れることが多いですが、現在はマスクを着用している時間が長くなっており、マスクによって呼吸が浅くなって「隠れ酸欠」になってしまう方が増えています。

だからこそ、酸素は呼吸だけでなくそれ以外の方法で摂ることも大切!酸素を呼吸以外で摂る方法として、ぜひ「高濃度酸素水オキシゲナイザー」を活用してみてください。

高濃度酸素水オキシゲナイザーは、その名の通り「高濃度」の酸素を充填している「酸素水」です。ピュアウォーター(純水)に充填している酸素の量は、なんと通常の約36倍にもなり、世界トップクラスの充填率を誇ります。

酸素をたっぷり含んでいる高濃度酸素水オキシゲナイザーなら、以下のような効果が期待できるので、寒暖差による夏風邪の対策としておすすめです。

【高濃度酸素水オキシゲナイザーで期待できる効果】

  • 免疫機能の向上
  • 疲労回復
  • ストレス緩和
  • 不眠の解消
  • ウイルス性の病気の予防
  • 胃腸病の予防
  • エネルギーや活力を高める効果 など

高濃度酸素水オキシゲナイザーなら日常生活で飲む水として気軽に、そして効率的に酸素を補給できます。そして、基本となっている水が不純物・有害物質を取り除いたピュアウォーターなので、赤ちゃんからご年配の方まで、家族全員で安心して取り入れられますよ。

CONCLUSION

気温の寒暖差によって夏風邪をひきやすい梅雨。寝冷えや昼夜の服装調整の難しさが夏風邪の原因になりやすいですが、就寝中の体の冷えを防ぐ工夫をしたり、休息をしっかり取ったり、免疫力を高めたりすることで予防することも可能です。

今からしっかりと対策をして、寒暖差による夏風邪を防ぎましょう。そして、免疫力アップの対策として、ぜひ高濃度酸素水オキシゲナイザーをご活用ください。

日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。

水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込まれている酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ