キャンペーン第1弾 2,500円以上購入者全員にオキシゲナイザーポーチプレゼント!

コラム

ウォーターサーバーvsペットボトル どちらが良い?

ウォーターサーバーvsペットボトル どちらが良い?



人は1日に1.5~2L程度の水を飲んだ方が良いと言われていますよね。水は水道水からでも取り入れることができますが、あえてウォーターサーバーやペットボトルの水を選んで取り入れる人も多くいます。そこで今回は、水をどのような方法で摂取した方が良いのか考えていきます。代表的な例としてウォーターサーバー水とペットボトル水のメリット・デメリットにも言及しますので、ぜひ比較してみてください。

生活に水を取り入れる方法

あなたが水を飲もうと思ったとき、頭に浮かぶ取り入れ方はなんでしょうか?「水道から出る水をそのまま飲む」と答える人もいるかもしれませんね。確かに水道水は、水道の蛇口をひねればすぐに水が出るため一番手軽な方法です。しかも、水道水から流れる水は日本人の体に合う「軟水」であり、軽い口当たりでさらりと飲める特徴があるため「水を飲みたい」と思ったときにごくごくと飲むこともできます。

ただ、日本の水道水は安全性を高めるために、ろ過や塩素消毒などの処置をしています。そのまま飲んだからといって健康を害するということは基本的にありませんが、塩素はたんぱく質を壊す作用があり、たんぱく質でできている私たちの体は多少なりともダメージを受けてしまいます。また、塩素消毒で生じる「カルキ臭」が味わいに変化を与えることもありますし、人によってはカルキ臭が気になって飲みにくいという人もいるでしょう。

水道水の残留塩素が気になる人、カルキ臭が気になる人には、以下の方法で水を摂取するのがオススメです。


  • 水道水を10分ほど煮沸して適温に冷ましてから飲む
  • 水道水を6時間以上汲み置きして飲む
  • 整水器や浄水器を使う
  • ウォーターサーバーの水を飲む
  • ペットボトル入りの水を飲む

このように水道水以外にもいろいろな摂取方法がありますが、せっかく水を飲むならより体に良いものを選びたいですよね。この中で体に良い水を簡単に取り入れる方法は「ウォーターサーバーの水を飲む」「ペットボトル入りの水を飲む」の2つです。では、ウォーターサーバー水とペットボトル水を比較していきましょう。

ウォーターサーバーのメリットデメリット

まずは、ウォーターサーバーのメリットを見てみましょう。

【ウォーターサーバーのメリット】

  • いつでも美味しい水が飲める
  • 冷水、温水機能がある
  • 宅配してくれる
  • 災害時のための備蓄水にもなる
  • インテリアの一つにもなる

どれも魅力的なメリットですが、特に冷水・温水機能があることが好評のようです。冷たい水を飲みたいときに、氷を入れたり冷蔵庫で冷やしたりしなくてもすぐに冷水が飲めるのは嬉しいですね。そして、ウォーターサーバーには80~90度のお湯が出るレバーも搭載されているため、温かいコーヒーを飲みたいときや即席スープを作りたいときなどに大変便利です。

【ウォーターサーバーのデメリット】

  • ランニングコストがかかる
  • サーバーの設置場所が必要
  • 補充用ボトルが複数ある場合は保管場所に困る
  • 補充作業が大変
  • セルフメンテナンスが必要
  • 幼児がいる家庭は安全性の心配がある

一方で、ウォーターサーバーはサーバーレンタル代や電気代などのランニングコストがかかるというデメリットがあります。また、冷水・温水機能は便利ですが、幼児が誤って温水を出してしまい火傷を負ってしまうトラブルもあるようです。補充ボトルは一般的に12Lあり、保管場所に運ぶのもウォーターサーバーにセットするのも苦労するという声もありました。

ペットボトルのメリット・デメリット

続いて、ペットボトルのメリット・デメリットを見てみましょう。

【ペットボトル水のメリット】

  • 常温水が飲める
  • サーバー不要でコストがかからない
  • 外出時にも持ち運べる
  • 冷蔵庫で冷やして飲むことができる
  • 宅配してくれるものもある
  • 複数の種類を購入して飲み分けることもできる

ペットボトル水はサーバーレンタル代や電気代などが一切かからないので、コスト面で見るとウォーターサーバーよりお得です。ペットボトルを部屋に置いておけば常温水も飲めますし、冷蔵庫で冷やして飲むこともできますね。ミネラル水や酸素水など種類も豊富なので、複数の種類を購入して料理にはミネラル水を、そのまま飲むのは酸素水を、というように飲み分けできるのも魅力的でしょう。

【ペットボトル水のデメリット】

  • お店で購入する場合は買いに行く手間がかかり、持ち帰るときも大変
  • ネットで購入する場合は、注文の手間がかかる
  • 保管場所に困る
  • お湯にしたい場合は過熱、冷水にしたい場合は冷蔵庫で冷やさなくてはいけない

お店で購入する場合もネットで購入する場合も、それぞれ手間がかかるようです。ペットボトル水を手間なく購入したい場合は、定期便を利用するといいですね。

毎日取り入れるなら高濃度酸素水とピュアウォーターがよい理由

ウォーターサーバーとペットボトルを比較して、ペットボトルを利用したいと思った方には「高濃度酸素水オキシゲナイザー」、または「アイザーピュアウォーター」をオススメします。

まず高濃度酸素水オキシゲナイザーは、その名の通り高濃度の酸素を充填させた酸素水です。不純物を99%取り除いたRO水(純水。ピュアウォーター)に150mg/Lの酸素を充填しています。酸素は呼吸で必ず摂取するので「酸素は不足しないので追加で取り入れる必要はない」と思われがちですが、実は現代人は酸素が不足している人が多いです。運動不足や姿勢の悪さ、過度なストレス、飲酒、喫煙、これらは酸素不足を引き起こす原因になります。

酸素が不足すると各細胞のエネルギーの量産が低下してしまい、疲れが取れにくくなったり、代謝が低下したり、集中力が散漫になったりと体や神経に悪影響を与えることがあります。これらを解消するためには、積極的に酸素を取り入れた方が良いのです。高濃度酸素水オキシゲナイザーには、水道水の約36倍の酸素が充填されています。高濃度の酸素をたっぷりと充填しているため、積極的に取り入れることで以下のような効果が期待できるのです。


【高濃度酸素水オキシゲナイザーで期待できる効果】

  • 筋肉の回復
  • 治癒力の向上
  • 免疫力の向上
  • 肩こり、冷え性改善
  • 肌荒れ改善
  • ダイエット効果
  • アンチエイジングなど

一方、アイザーピュアウォーターは不純物を99%取り除いたRO水(純水。ピュアウォーター)になります。硬度2mg/Lの超軟水なので、なめらかな口当たりで日本人の口に良く合います。純水は雑味がないのが特徴で、そのまま飲むのはもちろん料理にも使用可能。

また、ミネラルを含んでいないため、赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

CONCLUSION

ウォーターサーバーで水を取り入れるのも、ペットボトルで水を取り入れるのもそれぞれメリット・デメリットがあります。自分に合った方法を選んで積極的に水を摂取しましょう。ペットボトル水を選ぶなら、酸素を一緒に取り入れられる「高濃度酸素水オキシゲナイザー」や、赤ちゃんも安心して飲める「アイザーピュアウォーター」がオススメです。公式サイトよりお得な初回お試しセットや定期購入もできるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


日本の水道水は軟水で、蛇口をひねれば簡単に飲むことのできる水ですが、水道水をそのまま飲むにはカルキ臭が気になることも。また地域により、若干といえど水の成分に違いがあります。水道水のカルキ臭を防ぐために、浄水器やウォーターサーバーをご家庭に取り入れる方も多いでしょう。
水を飲むことは、人間だけではなく動物、植物にも生命の為には必要不可欠です。体の為に水分補給するなら、酸素が溶け込んでいる酸素水を飲むことは水分補給するだけではなく、それ以上のさまざまな効果が期待できるのです。酸素なくしては生きてはいけず、水なくしては命を維持できないのです。

健康のため、美容のため、生活の質を向上させるために水分補給に酸素水を取り入れてみましょう。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ