キャンペーン第1弾 2,500円以上購入者全員にオキシゲナイザーポーチプレゼント!

コラム

アイザーのピュアウォーターで安心安全なミルクを赤ちゃんに

アイザーのピュアウォーターで安心安全なミルクを赤ちゃんに

赤ちゃんのミルクづくりにおすすめのお水の選び方

赤ちゃんのミルクは成長のためにとても大切なものです。赤ちゃんが直接口にするものなので、粉ミルクを溶かす水は安全で安心できるものを選びたいですよね。しかし、世の中にはさまざまな水があり、どれが赤ちゃんにとって安全なものなのかわからないという方も多いのではないでしょうか?まずは、赤ちゃんのミルクづくりに最適なお水の選び方をチェックしてみましょう。

ピュアウォーターがおすすめ

母子手帳や育児雑誌には、水道水やミルク調製用の水などを使うように書かれています。一度沸騰させることで水道水でも安全にミルクを作ることができるのですが、それよりももっと安全とされているのがピュアウォーターです。

「水道水だと浄水器を使ってもちょっと心配」「ミネラルウォーターのようにキレイで安全なお水が使いたい」という方は、ぜひピュアウォーターを試してみてください。

安全な水かどうかをチェックしよう

高性能なろ過フィルターを使用することによって、ほぼすべての不純物を除去した水のことをピュアウォーターと呼びます。水道水はそのまま飲むことも可能とされていますが、大人とは違い胃腸の成長が途中であり、菌に耐性のない赤ちゃんはそのまま飲むことはできず、煮沸消毒が欠かせません。

しかし、ピュアウォーターは赤ちゃんもそのまま飲めるほどキレイなお水なので、煮沸消毒が不要。つまり、お湯を煮沸させてから冷ますというミルクづくりの工程を減らすことができるのです。生後6ヶ月以降になると、暑い日やお風呂上がりなどに湯冷ましを飲ませることもあるでしょう。ピュアウォーターは軟水なので、そのまま哺乳瓶やマグに注いで飲ませることができて便利です。

調乳にはミネラルが少ない軟水がおすすめ

ミネラルウォーターとピュアウォーターは一見見分けがつきませんが、ミネラルウォーターは赤ちゃんに不向きの水とされています。それはミネラルが豊富に含まれていて、赤ちゃんの胃腸では消化しきれず、負担になってしまうからです。
一方、ピュアウォーターはミネラル分のない超軟水であり、赤ちゃんの胃腸にも優しい水です。口当たりは滑らかで、年齢問わず飲みやすいのも特徴。赤ちゃんだけピュアウォーターにしても、家族全員ピュアウォーターにしても良いでしょう。

ミルクの作り方

ピュアウォーターを使用してミルクを作る場合、どのような手順で調乳すれば良いのでしょうか?
ポイントは哺乳瓶や乳首、キャップなどは消毒したものを使うようにすること。せっかくミルクが清潔で美味しいものであっても、哺乳瓶などのアイテムが雑菌だらけだと赤ちゃんの体調不良を招きかねません。

それを踏まえた上で、正しい手順で調乳していきましょう。

粉ミルクを哺乳瓶に入れる

まずはミルクの缶や袋に記載されている分量を確認します。できあがり量に合った分だけ粉ミルクを哺乳瓶に入れましょう。

できあがり量の半分量のお湯を注いで振る

できあがり量の半分まで70℃のお湯を注ぎます。粉ミルクが完全に溶けるまで軽く振りましょう。ピュアウォーターは煮沸消毒が必要ないため、沸騰する前のお湯でも大丈夫です。

ただし、調乳時に万が一菌が入ってしまった場合を考慮すると、70℃以上のお湯を使用することが大切だとされています。調理用温度計を用いるなどして、70℃未満のお湯にならないよう注意しましょう。

できあがり量になるまでお湯、またはお水を加える

粉ミルクの溶け残りがないか確認したら、できあがり量になるまで70℃のお湯や水を加えます。ピュアウォーターはそのまま飲める安全なお水なので、70℃以上のお湯にピュアウォーターを注ぐことで適温に近づけることが可能です。ぬるくなりすぎないよう、少しずつ加えてみてくださいね。
乳首やキャップを装着し、軽く振って全体を混ぜたら完成です。

手首にミルクを垂らすなどして適温か確認する

赤ちゃんのミルクは体温程度が良いとされています。ただし、赤ちゃんにも好みがあり、少しぬるめや少し熱めの方が飲みやすい場合もあります。飲み具合を見ながら調整してあげると良いでしょう。

ミルクが適温か測るために、乳首の先をつまむなどしてミルクを手首に数滴垂らします。ミルクが熱すぎたりぬるすぎたりしないかチェックしましょう。また、ミルクを垂らすのは、皮膚が薄く、ミルクの温度が感じられやすい手のひら側の手首です。

こだわりの濾過システム採用 99%不純物を取り除いたピュアウォーターのアイザーがおすすめ

ピュアウォーターは高性能ろ過システムによって不純物を取り除いた水であるため、どのようなろ過システムを採用しているのかが重要です。ピュアウォーターの中でもおすすめなのがアイザ―。その理由はもちろんろ過システムの性能の高さです。

アイザ―で採用している「ROシステム」とは

アイザ―では、不純物を限りなく0にするためにNASAでも採用している「ROシステム」を採用しています。ROシステムとは逆浸透膜システムのことを指し、0.0006ミクロン以下の物質しか通さない仕組みになっているのです。

一般的な浄水器のろ過システムでは0.5ミクロン前後の物質が除去されていますが、それ以上に細かな物質も除去できるのがROシステム。このROシステムを通すことで出来上がったアイザ―は、菌やウイルス、カビはしっかりと除去されている水であるため、生まれたばかりの赤ちゃんでも安心して飲めます。

飲みやすさも安全性も抜群

アイザ―は高性能なろ過システムを採用することで、99%の純度を誇るピュアウォーターとして知られています。さらに非加熱無菌パックなので、安全性は抜群。ボトルはスリムタイプになっているため、保管にも持ち運びにも便利です。

硬度は2mg/Lの超軟水であるため、口当たりなめらかな飲みやすい水になっています。6ヶ月以上の赤ちゃんの水分補給として、そのまま飲ませるのにもおすすめですよ。
また、賞味期限は3年。美味しさを長くキープできるため、災害用の備蓄にも最適です。今は赤ちゃんの調乳用に使い、余ったら料理や大人の飲み物に使うこともできるため、買いだめしていても損をしません。飲みやすさも安全性も抜群なアイザ―をぜひ試してみてくださいね。

CONCLUSION

小さな赤ちゃんには特に安全なものだけを与えたい。ミルクづくりに欠かせない水にも安全性を追求したいところです。アイザ―はNASAも採用する高性能なROシステムによってろ過しているため、安全性がとても高いのが特徴となっています。赤ちゃんのミルクづくりはもちろん、家族の飲料水としてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

高性能ろ過システムであるROシステムを採用し、99%の純度を可能としたアイザ―。口当たりなめらかな超軟水となっているため、赤ちゃんからお年寄りまで、家族みんなで飲むことができます。アイザ―は、飲みやすさも安全性も大切にしたい方におすすめのピュアウォーターです。

商品一覧ページを見てみる

ページトップへ