夏場の熱中症対策! 効果的な水分補給の方法とは?

夏場の熱中症対策! 効果的な水分補給の方法とは?

夏場の熱中症対策! 効果的な水分補給の方法とは?

夏場に起こりやすい熱中症は、誰にでも起こり得る恐ろしい症状です。
熱中症予防のために大切なことと言えば、水分補給ですよね。

しかし、ただ単に水分をとっていても熱中症は予防することができません。
では、熱中症予防のための水分補給はどう行うのが効果的なのでしょうか?

今回は、夏場に注意したい熱中症と、その効果的な予防方法についてお話します。


夏場に熱中症が起こる理由

熱中症は、体内の水分量が急激に減少することで起こります。
急激に汗をかいたりすることで体内の水分・塩分が奪われ、けいれんやめまいなどの症状を引き起こしてしまうのです。
人間の体は約60%以上が水分で構成されており、生きていくためになくてはならない血液もほとんどが水分によってつくられています。

また、人間は無意識の内に生命活動に必要な筋肉を動かしています。筋肉を動かすためには、塩分が必要不可欠。
体内の水分が不足して血液に影響を及ぼすと、体中に運ばれるはずだった酸素や塩分などの栄養素が滞り、健康的な活動に支障をきたすだけでなく 、ひどい場合には生命の危機に陥ってしまう可能性もあるのです。


熱中症を予防する水分補給の方法とは?

人間の汗や尿には、ナトリウム(塩分)が含まれます。
汗をかいて体内の塩分量が低下すると、血液や体液の濃度を保つために体内に留めておける水分量も減少します。
そのため、気温の上昇にともない汗を多くかいているような状態や、屋外でスポーツを行う際などの汗をかきやすい状況にある場合、純粋な水を飲んだだけでは体内の塩分が体外へ排出されてしまう可能性があるのです。そのため熱中症対策には、塩分や糖分が適度に含まれた飲料を補給することが好ましいといえるでしょう。

熱中症は、気温が上昇する5月頃から夏場にかけて起こりやすくなります。
のどのかわきを感じたときには、すでに体内の水分量が1%近く減少している状態だと言われています。
できれば、のどがかわいたと感じる前にこまめに水分補給を行うことが大切です。
蒸し暑い屋内での活動や長時間のスポーツを行う際には、少なくとも1時間に1度程度は小休止をかねて水分補給を行いましょう。

酸素水は熱中症に効果的?

酸素水は熱中症に効果的?

大量に汗をかいたにも関わらず活動に必要な塩分や糖分が補給されないままだと、適切な血液の濃度を保つことが難しくなります。

血液の濃度が高まってしまうと、脳や筋肉に酸素を運ぶための機能が低下して酸素不足に陥ります。
酸素不足に陥ると、頭がぼんやりとして気分が悪くなったり、脳に酸素をより多くとりこもうと頻繁にあくびをかいたりするように。

そんなときにオススメな飲み物が酸素水です。酸素水には、一般的なミネラルウォーターの約30倍程度の酸素が含まれているため、 身体に必要な酸素と水分を同時に摂取することができます。
疲れやすい人や、効果的に熱中症対策をしたい人は活用してみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか。これからの季節に気を付けたい熱中症と、熱中症の予防に効果的な水分補給の方法をご紹介しました。
特に、小さな子どもとご高齢の方は熱中症にかかりやすいと言われています。
身近に小さな小どもやご高齢の方がいる場合は注意してあげるようにしてくださいね。

コラム